2016年01月25日

八木山エリア 雪情報

★★★



P1140982.jpg



1月25日月曜日の朝です・・

全国的に大雪ですが、
仙台市も「雪」になっています。

ライブカメラを見る限り、
「除雪」は行われているような感じですが、
八木山エリアの積雪「5センチ」です。



ライブ.jpg



朝6時40分ころの気温
気温−4.0℃ 路面温度−5.1℃
ですが、時間経過につれて気温は上がり調子です。

凍結の恐れは強いので、
慎重に運転してください。




名称未設定-2.jpg

名称未設定-3.jpg


【NTT東日本ライブカメラ】




仙台市を映す「NTT東日本ライブカメラ」です。
仙台駅前と定禅寺通りの風景です。

「BBっといー東北」
フラッシュなので、iPhone 等では見ることは出来ませんが、
このようなサイトもあります。



S__53919763.jpg



「仙台市 ライブカメラ」と検索すると、
アクセス数が多いのでしょう・・
八木山も含めて、道路部のライブカメラの
アクセスの多さも見て取れます(^_^;)

上記のNTTさんが1位ですね。

宮城のライブカメラは、
このくらいあるようです。クリック



仙台駅付近も雪は降ったようですので、
ご注意下さい。




★★★




posted by 八木山取材班 at 07:03| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

八木山エリア 大雪の「坂道マップ」

★★★



再び、雪が降っています・・。
今回の雪は全国的に広がっています。

暖冬暖冬と言われた日々は、どこへ、といった
ところでしょうか。


八木山エリア・午前4時の気温
気温:-3.7℃ 路面温度:-4.2℃
です。


C-_Users_user_Desktop_P1140900.jpg
先週の雪



今回は、気温が低いこともあり、
サラサラとした雪になっています。

まだ雪が残っている中での「被せてきている雪」です。

もう3年前になるでしょうか。
仙台市内であった「2週連続の30センチタイプの大雪」
が思い出されます。
累計で60センチになったという状況でした。


今回の雪・・
雪かきなどが完了していた場所は良いですが、
まだ日陰の部分は残っていたでしょうか。


地下鉄前の道路は、
「地下鉄側は日光が当たる」特徴があり、
住宅地側は「日陰」になるため、
歩道などには雪が残っていたはずです。

地下鉄利用者は、「地下鉄側を歩く」ようにした方が、
歩きやすいかと思います。



C-_Users_user_Desktop_P1140907.jpg




コメントにリクエストがありました。

この雪の季節の時期、
この記事も3年前になりますが、
「雪の日の 坂道マップ」を書いたことがあります。


当時は、
「長町八木山線」「郡山折立線」
が開通していませんでした。

現在で見ると・・・
「八木山エリアから、下のエリアに下る」際・・・
傾斜角が限りなく少ない状態で行き来できる道が、
「長町八木山線」「郡山折立線」の2本である、
という事が断言できると思います。




C-_Users_user_Desktop_S__49979400.jpg
長町八木山線

P1140514.jpg
郡山折立線



除雪も行き届く・・という部分も大きいですが、
この2本の道が登れない・・という場合になると、
他の道でも登れない・・
というほど傾斜角がゆるいです。

「郡山折立線」の方が少し緩いかな・・とも思いますが、
除雪が入っていなくとも、行き来しやすいです。



C-_Users_user_Desktop_P1140896.jpg



この季節になると、
「車高が高い」「4WD」というクルマが
恋しくなるものですね。

凍結すると雪が固まり・・ガタガタになる・・
狭い道に入ると、雪の段差がある・・

そんな状態なると、
クルマが壊れるんじゃないか・・という程、
ガタガタになります。

路面に「熱」「湯」等が出る道路になると、
八木山エリアも冬でも快適になりますが、
現実的には難しいでしょうか。

温泉エリアなどは、
その熱源をつかって道路の凍結や積雪を無くす・・
という手法があり、広まっていますが
そういう熱源があればずいぶん違いますね。

とはいえ・・
四六時中、冬の期間すべて雪がある地域ではないので、
贅沢な発想です。



C-_Users_user_Desktop_P1140904.jpg




今回の雪、日曜日で良かったですが、
それでも「サービス業」の方は、ご出勤のはずです。

サラサラ滑りやすい雪ですので、
スリップ・転倒などに十分注意して下さい。





★★★





posted by 八木山取材班 at 04:59| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

八木山エリア 除雪エリアマップ

★★★



仙台市のホームページには、
「除雪・凍結防止する道路」 (クリック)として
公開されているページがあります。

八木山エリア (クリック)



先日の大雪を見ると、
必ず、この道が除雪される・・・
という訳ではないようです。

さらに「指定された道路ではない」
という道路が除雪されていることもあるようです。

八木山以外の地域では、全く除雪されなかったという地区も
あったりと、今回の雪の除雪でも、クレームが付いた事例が
あるようです。


昭和から見ていけば、
開発・途上が見られない地域もあれば、
新しく造成され誕生した地域、人口が増えたエリアがあり、
さらに細かく見れば、昨年は存在していなかった店もあり、
様々進化する「地域の中」で、
細かく除雪するのは中々難しいことでしょうか。

除雪する方は、その地域の出身の方ではなく、
時に「地図を見ながら除雪している」という場合も多いです。

「消防団」のように、地域に根付いている地元の方であれば、
良いのかも知れませんが、そうも行きません。


仙台市で、除雪の文化が広がって35年が経過しています。


以前の記事になりますが、
「仙台市の除雪」について、書いたことがあります



C-_Users_user_Desktop_P1140928.jpg




1980年・記録的な大雪で、
仙台市・クリスマス大停電が起きた翌年・・
1981年から、
仙台市では民間の業者へ委託する除雪体制が確立され、
現在に至っているのが「仙台市の除雪」です。


増え続ける、変化し続ける地域に、
除雪車が対応していくのは、中々大変なようです。


そのため、仙台市では、
町内会やPTA、商工会等を対象に
「仙台雪道おたすけ隊」を募集していたり、
道路除雪に協力する団体を対象に、
「小型除雪機」購入の9割(30万上限)を補助する制度も
実施しているそうです。

これを、うまく広報出来ればよいと思いますが・・・
取材班も初めて知ったことでした(^_^;)


上記のリンクのマップ等に関しては、
「広げると巨大なマップがあるパンレット」にもなっており、
八木山市民センター等にも置いてありますので、
インターネットを見ない方などにも、
口コミして頂ければ幸いです。



★★★
posted by 八木山取材班 at 03:55| 宮城 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

八木山エリア 大雪ドキュメント

★★★



前回の記事の続きのようになりますが、
先日の雪の記事になります。


C-_Users_user_Desktop_P1140943.jpg



雨が降ったり、雪になったりと、
天候がころころと変わった今回の積雪でしたが、
仙台市気象台が発表したものよりも・・
多かった現状がありました。

雨で雪が溶けたりしたので、累積の積雪が変わりやすかった状況で、
八木山エリアは、最大値で「24センチ」ほどでした。

仙台市は14センチと出ていましたが、
八木山は10センチ多かった状況。

これは、八木山エリアでも最大値の積雪で、
松が丘・緑ヶ丘など、少し標高が変わると、
だいぶ積雪の値もずれていたはずです。



C-_Users_user_Desktop_P1140896.jpg
1月18日 午前8時頃




「事前に分かった雪が降る日」という事もあり、
通勤時間帯の混雑は、八木山エリアは「大きく出なかった」
という特徴がありました。

これはひとつに、「朝早くに出た」という部分で、
「車の交通量が分散した」という点でしょうか。

昔からあった「八木山エリアの光景」ですね。
八木山に限ったことではないですが・・。


それともうひとつ・・

地下鉄東西線が開業し、
「初の積雪」を迎えたのが1月18日となりました。

この利用状況がどうなるのか・・という部分でしたが、
目で見ている限りではありますが、
通常よりも明らかに多く見えました。

特に「帰宅時」の時間帯に、まわりの声を聞く限りでは、
かなりの人数が地下鉄から降りてきたという状況です。



C-_Users_user_Desktop_P1140904.jpg

C-_Users_user_Desktop_P1140906.jpg




徒歩で行かなくてはならないため、
歩道の除雪状況が厳しい部分もありますが、
以前からの記事でもある「路線バス」よりも確実に動いている
という地下鉄は、
人々の心には効果的に動いていたように見えます。

特に、朝のバスダイヤはかなり乱れてしまい、
バス待ちはひどいものだったようです。


コメントにも頂いていますが、今回の通勤時間帯で、
向山高校前のルートでトラックが立ち往生してしまい、
通行止めのような状況になりました。

これの影響で、車通勤の方以外に、
当然ですが、バスにも影響がでました。

乗り継ぎだとしても、
雪に強い地下鉄を選択した方が、こういう日は良いのでしょう。



C-_Users_user_Desktop_P1140897.jpg




取材班は、早朝ではありませんでしたが、
仙台市中心部へ向かいました。

八木山橋ルートを選択して行きましたが、
特に「天守台ルート」を使う方はかなり少ないという
状況でした。

そのため、車をとめて写真が撮影できたほどです。



C-_Users_user_Desktop_P1140907.jpg



雪に慣れた方でも、
天守台ルートだけは選択しない方が良いのは「王道」です。

下りは、あの傾斜角ですので、
「一度滑り始めると、止まらない」という恐怖があり、
取材班も数キロで下っていきました。

道路の轍は出来ますが、「凍結の危険」もあるため、
このルートは、通らない方が良いルートです。

さらに「風が強い」という今回の大雪であったため、
凍りかけている雪が、
上からバンバン落下してくるという特徴があり、
何度もクルマに直撃するという事がありました。


木に囲まれている天守台ルートのため、
「比較的、積雪の量を抑えられる道」ではありますが、
風が吹くと、こういう障害も出てくるようです。

正直、徒歩の方は「ヘルメットが必要」という程、
危険な道路になっていました。


一方で「登り」。

4輪駆動であれば、今回の積雪のタイプでは登れる状況でしたが、
「凍結」する時間帯であれば、
人間の心理で「登れなかったら、怖い」となりますので、
通る方も少ないでしょうか。


ちなみに、
昨日の夜は「ブラックアイスバーン」になり、
至る所で凍結になりました。


天守台ルートは、昨年の「石垣崩落からの復活」の際、
「スリップを抑制する舗装」を施してあると

なっていたので、実際に通ってみましたが、
確かに滑りにくい道路になっていました。

2輪駆動の車で夜に登ってみましたが、
問題ありませんでした。

ギザギザしている舗装になっていますので、
積もってしまった後では意味を成しませんが、
ある程度の凍結では効果があるようです。


ただ・・問題は「八木山橋の近辺」です。

あの部分の道路は何も施されていないので、
「かなりの方がスリップ地獄に陥る」
という状態。

現に、下りのバイクが滑って転び、
取材班のクルマに向かってきて間一髪・・がありました。


別の取材班が言っていましたが、
「ブラックアイスバーンの場所」は、
どこにあるのか分からないという特徴があるので、
「アイスバーンの場所が光るという技術」
はないものか・・と言っていました。

すべての部分が凍っているわけではないので、
中々厳しいのが「ブラックアイスバーン」です。



C-_Users_user_Desktop_P1140913.jpg




取材班も、2輪駆動のクルマでは、
天守台ルートは、まず選択しません。

まわりのクルマに迷惑をかけてはいけないですし、
車を壊したくもありません。

そう考えている方も多いようですので、
このルートの雪の日は、交通量が少ないです。



C-_Users_user_Desktop_P1140919.jpg



積雪の日、夜に「郡山折立線」を使ってみましたが、
新しい新道は、かなり余裕で走行できました。

除雪が入っていたという部分もありますが・・。

仙台市中心部方向からは「まわり道」になりますが、
「郡山折立線」「長町八木山線」の2本を使うのが、
ベストではないかと感じます。

傾斜角も抑えられているため、
この道で登ることが出来ないと・・
八木山のどの道を使っても登れない・・
と断言しても良いかも知れません。



C-_Users_user_Desktop_P1140928.jpg



最後に「除雪」です。

毎年のことですが、「除雪問題」で市役所にクレームを
入れる方も多いと聞きますが、
「除雪が入るだけ、マシ」ではないかと思えます。

もちろん、取材班も「こうしてくれたら・・」
と思うことも多いですが、
おそらく皆さんが思うことは、下記の部分でしょうか。



C-_Users_user_Desktop_P1140929.jpg



除雪が入ると、どうしても「側面に壁」が出来ます。

昨年の雪で、
取材班も無理矢理で突っ込んでみたら、
バンパーを壊す・・という事態になった程でした。

この壁が、今回の「湿った重い雪」だった場合、
雪をどけるだけでも、苦戦する・・
という事態になります。



C-_Users_user_Desktop_P1140935.jpg



しかも今回の雪は、除雪されると
「大きな岩」のような雪のかたまりになる・・という
部分もあったため、中々の苦戦がありました。

湿っていて、重い雪だったせいです。

今回の雪は、除雪車でも重かったようで、
重い雪をかき分けている最中で、
除雪車が前に進まない・・という状況も、
普通に見て取れました。


除雪車が入り、壁が出来ると、
ガレージから出られない・・という部分もあり、
こういう部分で「除雪がヘタ」「うまくやれ」
という声が多くなるのも分かります。

それなら除雪しない方がマシだと、
個人の身勝手なクレームを付ける方もいます。

ただ、除雪が入るだけでもマシではないかとも、
どうしても思えてしまいます。

トータルで見ると、
除雪が入らない場所の方が多い・・という現状があります。

除雪されない道は、かなり多いのもご存じでしょう。

仙台市中心部の細い道は絶対に入っていないですし、
平らな地域ほど、除雪されていないパターンもあります。

クルマで徒歩でも、除雪されていない道を走る苦戦は、
皆さんもご存じかと思います。


昨今では、昔は当たり前だった
「地域の中で、自分の家の前も雪かきしていない」という
部分も多くあり、社会現象にもなっています。

「一軒家に住んでいるのなら、当たり前の事」
である気もします。
雪かきがイヤなら、
マンションに住めば雪かきはしなくて良いですし。

もちろん、高齢化という部分なども大きいですが、
やはり除雪が入っただけでも、住宅地はマシな方である・・
と思えてならないのですが・・。


それでも・・
雪かきをした後に、除雪で壁を造られると・・
2度手間だ・・と思ってしまうのは、
全員が思うことではありますが、
除雪が入るだけでも、
地域としては有り難いことだと思うのです。


一般の方も、
車道に雪を投げるというマナー違反も、
徹底して頂きたいものではあります・・。




C-_Users_user_Desktop_P1140897.jpg

C-_Users_user_Desktop_P1140900.jpg
posted by 八木山取材班 at 06:19| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

八木山エリア 仙台市内・大雪注意 

★★★

追記

S__53338115.jpg

午前7時現在 
八木山エリアの積雪・9センチ


です。

2時間で5センチのペースで増加中」です。

東部仙台に、
「暴風雪警報」「大雪警報」「波浪警報」が発令中です。




名称未設定-2.jpg


八木山エリアの午前3時15分頃の気温
気温:-1.2℃  路面温度:-0.7℃

天気予報の通り、
「深夜・午前3時頃」から「みぞれ混じりの雪」が
降ってきています。



名称未設定-3.jpg


八木山エリアの午前4時20分頃の気温
気温:-1.8℃  路面温度:-1.4℃


名称未設定-4.jpg



八木山エリアの午前5時10分頃の気温
気温:-2.0℃  路面温度:-2.5℃

地味に時間が経つにつれて、気温が下がってきています。



P1140894.jpg



「早朝5時」の八木山の積雪
「サクッと計測」で「3センチ」です。



地面が濡れている状態の積雪ですので、
「一番下は凍結しているタイプの雪」の恐れがあります。

注意してください。



P1000599.jpg
2013年1月



八木山エリアでは、
八木山動物公園付近が一番標高が高く、
「八木山エリア内で1番の積雪がある」
という特徴があります。

数10メートルの標高差でも、なぜか積雪が違います。


積雪や凍結があった場合は、
八木山エリア内では「激坂は避ける」のが王道です。

何かあった時に、まわりにも迷惑をかけます。

坂道を登る際は、
4WDはやはり登りやすいという利点はありますが、
タイヤが減っていては意味はありません。

昨今ではハイブリッドカー「プリウス」が
至る所で走っていますが、
現在の新型以外「4WDが存在しない」という、
八木山エリアでは不利な状況があります。

そのため、プリウスで渋滞を招く・・
という事態も、積雪地域では多くあるように見えます。

運転慣れしている方は大丈夫だと思いますが、
「前輪駆動」のクルマが多い中、
上り坂での再発進の際、重心が後ろにいくため、
駆動がかかりにくい事で、
途中で止まると、厳しくなる事は多々あるはずです。

走りだしてしまえば平気な場合も多いですが・・。



P1000716.jpg
2013年



仙台市中心部へ向かう道路の場合、

・八木山橋ルート
・向山ルート

この2本が、雪が降ると、必ず渋滞します。
1時間以上かかることも普通にあります。

中心部への抜け道がないために、
「徒歩の方が早いのでは・・」
という場合も多いです。

地下鉄東西線が開通した今、
雪が降ると分かった場合、
さらに地下鉄もバスもない地域の職場の場合、
「仙台市中心部の、100円パークで車を一泊」させ、
地下鉄で行き、そこから職場へ・・

という方法を取るのも、今後のやり方かも知れません。

もちろん、車をパーク&ライドに、地下鉄で中心部へ・・
という王道も使えます。

雪が降った場合、地下鉄は強いです。
「路線バスは、八木山方向を断念して運休する」
という事も普通にあるので、
今後、どのようになるのか見物でしょうか。


今日の朝は、どこの道へ逃げても渋滞は避けられません。

「早く起きて家を出る」

これが一番苦労がないのは、昔と変わらないと思いますが、
注意して通勤・通学お願い致します。



P1030246.jpg
2013年


★★★
posted by 八木山取材班 at 04:34| 宮城 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする