2016年05月27日

八木山香澄町 焼き肉「もくもく」 新情報

☆☆☆



P1180879.jpg



夜と昼の顔を持つ「八木山香澄町エリア」

地下鉄東西線の影響で、路線バスが減り、
明るい話題が今ひとつ出てこない状況が・・
あるでしょうか。

付近では東北放送前のローソンさんが撤退、
サンマリさんの跡地の入店予定が未だ無く、
少し寂しい状況がある気がします。

仙台城・石垣崩落の影響で、
昨年の春までは向山ルートの交通量も多かったですが、
天守台ルートの開通で、グッと減る状況もあるでしょう。

地下鉄の影響でも、東北工業大学が地下鉄方向に向かい
歩いている姿も多く見られることから、
八木山香澄町エリアに行かなくなった・・
という状況もあるような気がします。



P1180869.jpg

P1180866.jpg
2度クリック・拡大



でも、商売は黙って座っているだけ・・とはいかない。

ということで、取材班の優しい先輩でもある店長さん、
焼き肉「もくもく」さんから連絡を頂き、
新サービスのご紹介です。



P1150014.jpg



5月から、
仙台駅・長町駅の距離を目安に、前日までのご連絡で、
送迎サービスを開始しました。
【7000円以上の御飲食・2名〜5名様の条件付き】


代行運転やタクシーでご利用の方は、
交通がビシッと浮く形ですね♪

さらに、1軒目でもくもくさん・・
2軒目で同じエリアの「バー・エイト」さんで呑んで・・
の後でも、帰りは送っていただけるようです。
ただ、もくもくさんの営業時間内にして下さい(^_^;)

迎えにもきて頂けるので、
仙台駅界隈のお客さんを八木山に引っ張りたいですね♪


さらに5月〜6月は
金曜日・生ビールが終日350円サービスが復活しています♪



なお、6月までの期間
「八木山放送局を見た!」と申し出て下さい♪

10%オフのサービスを実施します♪

ぜひ♪




P1180862.jpg

P1180857.jpg
飲み放題

P1180858.jpg
通常


メニュー関連が、これまでの「税込み価格」から
「税抜き価格」に変更されているので、
これまでの常連客の方からすると、
8%値上がりしている感じがありますが、
商売にはこの消費税が厳しいので、ご了承下さい(>_<)



P1150013.jpg



まもなく梅雨がきて・・夏が来ます♪

学生さん向けのプラン等、商売人は色々と考えていますので、
出来れば仙台駅や長町付近に出ないで、
八木山で食べて呑んで・・をしていただければと思います♪



P1180872.jpg
BAR・エイト



久しぶりの現地取材で、色々と回ってきました。

上記写真の「エイト」さん、
営業時間が「夜20時から」に変更されており、
休日も「水曜日・日曜日」の2日間になっています。

右のカテゴリーページも変更しました。


後日掲載致しますが、
新しいお店も取材してきました。

お店の方の話を聞くと、
色々と地域の状況が分かるので、サイトとしても助かります。


地下鉄が開業して半年が経ちました。

八木山の状況は、
大きく変化をしているわけではありませんが、
皆さんの生活で、どのような変化が起きているでしょうか♪

八木山に訪れやすくなっている反面、
「仙台市中心部へ流出しやすくなっている」
という状況も、多く見えています。

地域の商売にとっては、
あまり良いことではないですが、
「地下鉄の終電で降りてくる利用者」は、
結構多いことは見てとれます。



☆☆☆



posted by 八木山取材班 at 20:18| 宮城 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

八木山少年野球クラブ 創部45周年 協賛・協力スポンサー

★★★



ご無沙汰しております・・。
更新が滞っておりますが、ご了承ください。

なお、「緊急災害等」で使用していた
「八木山放送局Net ツイッター」を、
日常使用していくことになりました。

当サイトの本線が滞ることが増えてしまったため、
連携まで至るかは未知数ですが、
徐々に増やしていきたいと考えております。

宜しくお願い致します。


P1180117.jpg



さて、タイトルです。

現在、プール・体育館の改装で不便な状態にある
「八木山小学校」の話題です。

昭和46年・1971年に開校した小学校ですが、
翌年47年5月
スポーツ少年団の「八木山少年野球クラブ」が結成されます。

当初は、AチームBチームなど、100人を超える部員がいた
時期もありましたが、
現在はその状態までは遠い状況にあります。

子供が少ない八木山エリア・・になっている現状の中、
今年、創部45周年に当たっています。



P1180135.jpg



この45年の間、色々なことが八木山エリアであった中、
創部1年目・・当時の10歳の子供は55歳になる計算です。

当時の校舎も変わり、
八木山エリアのお店も、時代と共に移り変わっていきました。

すべてが「世代交代」という現状にある現在です。



IMG.jpg



「礼に始まり 礼で終わる」

八木山少年野球クラブの初代監督・栗和田氏の言葉は、
野球クラブの関係者でなくとも、伝わっていた言葉です。


今年の春、クラブ関係者の方から依頼がありました。

45周年記念大会の開催にあたり、
八木山エリアに限らず、
「協賛・協力」の企業が大勢存在していました。

お金がかかるんです・・大会というのは(^_^;)
学校の吹奏楽でも、なんでもそうですね。

この企業の方々にお礼がしたいという趣旨で、
当サイトでも、この企業を掲載させて頂きたいと思います。

春の依頼でしたが・・この時期になってしまったことを
お詫び申し上げます。

スキャナーにしようと思いましたが、
インターネットの検索にかからなくなるため、
文字掲載させて頂きます。


順不同

東北建設企画株式会社
スポ少中学軟式野球クラブ 太白スパークス
日本ユニシス株式会社
宮城県護国神社
熊野工業
動物公園前整骨院
名刺屋さん
富士交通トラベル
肘圧治療グループ
株式会社阿部和工務店
株式会社ジーエル
株式会社盛総合設計
株式会社建設新聞社
株式会社宗像石工事
ホットハウス
ホンダカーズ宮城中央 太白山田店
株式会社マルキ
海老沢精肉店
株式会社都市技術/都市不動産鑑定
ONEZEMI YAGIYAMA
ヘアメイク・ジャップ
八木山すずきクリニック
株式会社まるひろ
小国綾子著書「アメリカの少年野球こんなに日本と違ってた」
ツルハドラッグ 仙台緑ヶ丘店
有限会社目黒電化
養老乃瀧 八木山店
炭焼ホルモン もくもく
めざきクリニック
有限会社東北ケミカル工業
株式会社ガーデン二賀地
社会福祉法人八木山福祉会
八木山薬局
有限会社佐重商店
河北仙販八木山支店
分福寿司
らーめんあかぎや
ハウビングショップ田中
手打ちそば・むつみ屋
ECCジュニア八木山教室
ファミリーマート FC仙台八木山店
比内地鶏とりっこ
美ようしつ紫
コヤギベーカリー
紫崎歯科医院
アクト アンジュール
有限会社ふじ花えん
KUMON 八木山教室
ヘアメイクWill
有限会社タツデン
青い杜接骨はり灸院
池田ビリヤード
コープみやぎ生協 八木山店
理容ちば
あん摩・マッサージ 癒心房
半田屋米穀酒店
DANK
朝日新聞 ASA八木山
タカハシ運動具店
有限会社オリエントコーティング
株式会社昭和羽前建設工業
陸前総合開発株式会社
株式会社サイコー
仙台クローバー薬局
とんかつ大町 八木山店
八木山みんなの接骨院
よこたや
リーガル・ヘアーフェイス
洋菓子の店ポワール
ローソン 仙台大塒店
八木山カトリック幼稚園


ほか、スポ少野球クラブ・個人の方 多数

協賛・ご協力 大変ありがとうございました。




☆☆☆


posted by 八木山取材班 at 00:47| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

八木山エリアの電柱

★★★



IMG_9542.jpg

IMG_9562.jpg




今年2度目の「夏日」を記録した仙台市です。
「26.2℃」まで上昇し、
雲も無い「ピーカン」になりました(^.^)

ゴールデンウィークの交通規制、
仙台ハーフマラソンの交通規制、
仙台青葉まつりの交通規制、
そして今週末のG7における検問等、
色々な規制が目白押しの、最近の仙台市でございます。



IMG_9549.jpg

IMG_9553.jpg



今週金曜日・土曜日に行われるG7については、
動物公園付近が「混雑警戒」になっているため、
週末は「混みやすい」のかもしれませんが、
こればかりは予想付きません。

地下鉄が出来て、
混雑は緩和しやすくなっている八木山ですが、
今日のような晴れた日の地下鉄屋上「てっぺん広場」は、
人が多くいる状況です。


上記の写真・・

やはり、写真を撮るにはガラスが邪魔になるようで、
ガラスの少し手前に、ガラスの上を超えて眺められる
少し高い「展望の山」みたいなものを造ると、
観光客には喜ばれるかもしれませんね。



IMG_9566.jpg



地下連絡通路の建設により、
地下鉄前の道路アングルが色々と変化しています。

これがネックで、朝の渋滞も発生しやすくなっており、
「ん〜(>_<)」となっている方も多いと思います。

先日、道路アングルが変わりました。

入札不調があり、
地下鉄開業に間に合わなくなった地下連絡通路ですが、
予定では「来年の夏」までかかる予定です。

青葉通りも、地下鉄が完成しているのに「工事継続中」
だったりしていますが、
色々あって「完成まで間に合わなかった」というエリアも
少し見られます。
本来の予定は、地下鉄完成に間に合う予定だったようですが、
これも工事の難しさでしょう。



IMG_9624.jpg
芦の口エリア「ヨークベニマル」



今年の夏に完成予定の「ヨーク」さんも、
着々と工事が進行中です。

昔の建て方ですと、もっと時間がかかるはずの「建物」は、
技術の進歩で「早く建築出来る」状況です。

昭和の時代なら、今年完成出来るかな・・という感じですので、
昔と比べると早く完成出来るのだと思います。



IMG_9667.jpg



さて、更新が滞っているため・・
ストック記事を消化させて頂こうかな・・と思います(^^;)

皆さんの住む場所にもある「電柱」のお話し。

写真の電柱・・「電柱」と呼ぶ方もいれば
「電信柱」と呼ぶ方もいるでしよう。


実は、正確な呼び方があります(^^;)

「電柱」は、電力会社が家庭などに電気を送るため、
道路上に設置されているもので、
正式名称は「電力柱」です。

「電信柱」は、NTTなどの通信会社が、
電話回線や光ケーブルを各家庭に届けるために設置したものです。


道路上に設置されていますが、
道路は、仙台市などに管理されている「役所のもの」です。

市などに許可を取り、部分的に借りているのが
電柱であり電信柱・・という事になっていて、
いくら電力会社でも、
役所の許可なく勝手には設置できませんし、
私たち住民も同様です。

当然、電柱も電信柱も、東北電力やNTTが管理していますので、
「勝手に、広告の張り紙」などをしてはいけません。

お金を支払えば可能です。



IMG_9660.jpg


電柱と電信柱・・

見分け方としては、ポリバケツのような灰色の物体、
「変圧器(トランス)」が付いていると、
電気を送るものですので「電柱/電力柱」という事になります。

一般家庭で使用する100V・200Vより、
電力会社から送られる電気は高電圧で送電されており、
このままでは一般家庭で使用できないため、
各家庭に配電する直前に、電圧を下げることが必要です。

この電圧を下げるため設置されているのが
「変圧器(トランス)」です。

東日本大震災の停電の際、
この変圧器の開放作業をしていた光景を見ていた方も多いでしょう。
ユアテックさん等が触っていた柱が、
「電柱」という見方も出来ますね。

そして、もう1つの見方も出来ます。


IMG_9640.jpg



これで「電柱」か「電信柱」か分かりますか?

柱には「管理プレート」が張ってあります。

写真のプレートのものは「電力マーク」が付いているため、
「電柱」であることが分かります。



IMG_9673.jpg



これは、NTTであることが分かりますので、
「電信柱」という事になります。



IMG_9668.jpg



設置スペースが限られている都市部では、
「電柱」「電信柱」共用のものもあります。

この場合、1本の柱に電力会社と通信会社の管理プレートが
両方取り付けられており、このような柱を「共用柱」と呼びます。


この上記の写真でもう1つ。。

このプレートには「地域名」と「番号」が記載されています。
これを「電柱番号」と呼ぶことが多いですが、
あることで、私たちが活用できるようになっています。

それは、
「110番」や救急車・火災などでの「119番」通報において、
この電柱番号を知らせると、場所を特定してくれる・・
というシステムになっています。


地元地域で通報すると、
私たちも、ある程度の場所が分かるかと思いますが、
「知らない場所で通報」したときには、
「正確な情報を教えられない」という場面に遭遇することも
考えられます。

そんな時、等間隔で立っている「電柱」や「電信柱」の
管理プレートを読み上げれば良いわけです。

公衆電話の場合は、その公衆電話にも番号があるので、
場所が特定できます。


警察や消防は、電柱・電信柱の「管理プレート番号」で、
その場所を割り出してくれます。


場所によって、電気や電話線が地中に入ってしまっている
「共同溝エリア」の場合、電柱がありませんが、
飲料水の「自動販売機」にも必ず「管理番号」が記載されているので、
「自動販売機からも場所が特定できる」ようになっています。



IMG_9668.jpg



さてこの電信柱・・

「地域名」が記載されているのですが・・
「NTT 松ヶ丘」と記載されています。

実は、当事務所がある「本町1丁目」の供用柱です。

本町の大半は「松ヶ丘」と記載されていますが、
これはなぜでしょう(^^;)

しかも「松が丘」ではなく「松ヶ丘」という漢字です。

NTTの場合は下から読むことになっており、
上の写真の場合は、「左16右19 松が丘」という風に読む
ようになっているそうです。

電力会社プレートでは「動物公園線」となっています。



IMG_9661.jpg



これは現在のNTT・・
昔の国の機関であった「電電公社」時代に設置された
「電信柱」のプレートです。

電電公社のロゴを思い出せる方はすごいと思いますが、
昭和45年と記載されています。

古い電信柱は、このように設置年数が記載されていますが、
最近のものは記載がありません(^^;)


これも本町1丁目の電信柱なのですが、
「松ヶ丘線」と記載されています。


電柱・電信柱にも「ストーリー」が隠されているようで、
「本町なのに松ヶ丘」という記載。

松ヶ丘という漢字も「旧名称の漢字」となっていて、
現在は「松が丘」です。

本町エリアに「松ヶ丘」という意味合いは、
おそらくですが「松が丘にNTT交換所」が現在もあり、
「松が丘を起点に広がる、当時造成していた八木山団地」
として、内面的には進んでいたのでは・・
と読み取ることも出来ます。



IMG_9640.jpg



ちなみに、電力の「八木山新道線」という記載・・
これは「八木山緑町エリア ミニストップ前」の電柱です。

「八木山新道」という立ち位置なのですね(^.^)



IMG_9573.JPG



これは、地下鉄駅のすぐ近くの「供用柱」です。

東北電力では「動物公園線」として、
地下鉄界隈など全てでこの記載になっています。

ちょっと切れてしまっていますが、
NTTでは「右2左6 21 松ヶ丘」という記載です。

この近辺では、交換所もあるために
NTTさん電信柱は、「松ヶ丘で統一」されているようですね。


知らない土地も含めて、電柱や電信柱には、
「色々と読み取ることが出来るプレート」
があったりします。

特に地域名で、ロマンがあったりします。

お散歩がてら、電信柱や電柱を見て、
歩く楽しみを増やして頂ければ幸いです♪



IMG_9673.jpg

★★★
posted by 八木山取材班 at 23:10| 宮城 | Comment(1) | TrackBack(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

2016 八木山・ゴールデンウィーク 来園者数

★★★



【取材班K】

DSC_0089.jpg
5月3日


ゴールデンウィークの情報が届きました。

8日に届いていたのですが、
更新が遅れてしまいました・・。


毎年、混雑する集中日というものは変化するもので、
特に天気の関係もありますが、
今年は「5月3日」に集中しました。

2016年・八木山動物公園の来園者は、

・5月3日 16,800人(晴)
・  4日 4,800人(雨/晴)
・  5日 12,700人(曇・晴)

合計 約34,400人


だったようです。

ちなみに
2015年は 33,600人 2014年は 27,700人でした。

震災の年は、3日間合計 38,406人 でしたので、
最近は来園者が減っている傾向にありました。

天気の関係があるので、一概には言えませんが、
震災の年は3日間が晴天でした。

今年の来園者は、
昨年と変わらない・・と見えるかも知れませんが、
昨年は3日間が晴天になっており、
天気に恵まれなかった今年と比べると、
「大幅増」と言える状態です。

特に5月3日、約17000人の来園者数は、
およそ10年ぶりで、
平成18年【2006年】5月4日
18,057人の来園者がありました。

この来園者は、
平成15年以降のデータから見て、最高来園者数になり、
ここ10年で、
1日の来園者数「15000人の壁」が存在していました。

この壁が越えられないでいる状況がありました。


過去のデータ記事は、こちら


15000人も来園者が来ると
車だけだったとすると「八木山・大パニック」ですが、
「地下鉄効果」というものは明らかに見えたのでしょう。

3日〜5日の地下鉄による来園者は、
「割引チケット」の配布状況から、
「約1万1千人」とされていて、
「約3万3千人」の今年の来園者の1/3を
地下鉄から来たお客様が占めていた・・
と言うことになるでしょうか。


ちなみに昨年まであった「シャトルバス」の利用者は、
ラストになった昨年2015年、
「往路・復路 合計17,200人」となっていて、
単純に半分を片道とすると「8,600人」です。

シャトルバス運行本数の約3割は、
八木山南小からのもので、
仙台駅方面からの乗客が全体の7〜8割と推定すると、
仙台駅方面からのシャトルバス「約6千〜7千人」
と推測できます。

シャトル「6500人」・地下鉄「11000人」
となり、利用者の差は大きく出たことになるでしょうか。



DSC_0108.jpg
5月3日



これまで、西公園まで渋滞が発生することは、
写真には撮れていませんでしたが、何度もありました。

今回の3日は、
動物公園駐車場の「右折レーンの規制をしなかった」事と、
「天守台るーぷる仙台の車線規制」の2点であろうと思います。

どちらかと言えば
「右折レーン規制」が原因であろうと思いますが、
来年からは、この規制が厳密に行われるはずです。



DSC_0120.jpg
片平通り



混雑した5月3日。

向山ルートも混雑していたのですが、
仙台市中心部などは思ったほどの混雑はありませんでした。

駐車場は満車になっているところが多数でしたが、
今年は「5月3日に多くの方が、遠方の観光に出た」
という部分があるのではないかと思います。



DSC_0157.jpg
5月3日



地下鉄が開業して、1年目の今年。

注目すべきは「5月3日 16,800人」
という10年ぶりの大幅増となったこと。

これは、地下鉄効果である事は間違いありません。
車とシャトルバスだけでは、
渋滞は大変なことになります。

10年前・・
平成18年【2006年】5月4日・18,057人
何が起きた・・
という部分もありますが、
残念ながらこの年、当サイトも存在していませんが、
取材班も仙台には居ませんでした・・。

この大変な状態だった時、どうなっていたのか不明ですが、
想像を絶します・・。


そういった意味も含めると、
これまでは「1日・15000人が大混雑ペース」だったものから、
いつかは「2万人」に達する事もあり得るのかも知れません。

ただ「現状では、地下鉄は1/3の利用者」
となっているので、
「車を使用している 2/3の来園者」を、
いかに減らしていけるか・・
ということだと思います。

そうしないことには、
駐車スペースが限られている八木山では、
2万に達することは事実上、不可能といえます。




★★★


posted by 八木山取材班 at 01:05| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

八木山から歩ける城 仙台城址/青葉城址の模型

★★★


【仙台市博物館】

2度クリック拡大


P1180637.jpg

P1180638.jpg




八木山は、仙台城の裏にあたる場所。

伊達政宗が生きていた時代は、「ただの山」です。

ひょっとすると、
「埋蔵金」が埋められているような・・
神秘の山かも知れませんが(^_^;)

知っているようで、知らないことも多い
当時の仙台城址の風景。

伊達政宗が、現在の地・・仙台に城を築城しなければ、
伊達62万石の石高を得なければ、
現在の私たちは、八木山に住むこともなかったでしょう。

現在の地に城を造ったことで、
仙台城下町が生まれ、今に至る仙台市の輝きがあります。

城の場所は、榴ヶ岡や石巻などが候補にあったといいます。



P1180641.jpg

P1180643.jpg



西公園方向からの風景です。

戦争で消失した「大手門」と、現在もある「脇櫓」です。

「脇櫓」は少し前まで「隅櫓」とも呼んでいましたが、
最近では「脇櫓」と記載される事が大半となり・・、
「隅櫓」の名称はどこへ??と、
取材班らの、最近感じる七不思議です。


現在と比べると、「こうなっていたのか」と感じるので、
面白いですね。
マップとは違うので、面白いです。



P1180642.jpg



現在の「博物館」の場所が「三の丸」
萩ホール付近が「二の丸」です。

脇櫓から仙台城址方向へ上がる際、
右側が空き地のようになっていますが、
当時は「中島池」という水辺でした。

この水辺は、僅かに「二の丸」方向へ渡っています。

フィギアスケートの発祥と言われ、
現在もある「五色沼」は当時からあります。


大手門の付近は、名残も見えながらも、
現在の道路アングルと違うことが分かるでしょう。




P1180649.jpg

P1180645.jpg



萩ホール側・・二の丸エリアはこの通り。

水辺も多くあったことも分かります。




P1180647.jpg

P1180648.jpg




脇櫓から本丸方向へ。

現在ある道路のアングルは、昔とどう違うか・・
観察してみると面白いでしょう。




P1180650.jpg

P1180651.jpg




仙台城には、天守がありません。

しかし、天守相当の三層櫓が4棟もあり、
中心部には御殿がありました。

現在、るーぷる仙台バス停がある「鳥居」がある場所にも、
三層櫓が2棟ありました。

本丸東側は断崖絶壁で、まさに天然の要害でした。

地震で倒壊したと言われる「本丸・崖造屋」があり、
清水寺の本堂のような造りとなっていました。

一度、これを復刻・・という話があったように思いますが、
いずれ・・何10年か何100年かあとに・・
この仙台城のすべての風景を、
復刻させる日が来るのではないかと、
そんな風にも思います。




★★★



posted by 八木山取材班 at 02:36| 宮城 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする