2016年09月27日

秋の交通安全週間 八木山エリア 路上駐車事情

★★★



P1010406.jpg

P1010407.jpg



地下鉄が出来る前の、現在の地下鉄通り。

道路拡幅等もあり、
現在と比べると「こんなに狭かったか・・」
と思えますね。



P1010330.jpg



ゴールデンウィーク等の時期になると、
「渋滞スポット」になる八木山エリアですが、
一部で実施している「路上駐車解放」等はあるものの、
「キャパオーバー」になる八木山エリアで有名です。



P1050257.jpg



現在、全国でスタートしている秋の交通安全週間。
至る所で、パトカーや警察官の方々の姿を見るこの時期。

取締りも強化されているので、
「捕まった・・」と嘆く方も多いかと思います。

今日のタイトルは「路上駐車」です。



P1010328.jpg




昭和の時代から、
ゴールデンウィーク等で苦戦している
「住宅地の路上駐車」

駐車禁止ではない場所、それが住宅地だった場合でも、
車庫法では路上に昼間は12時間、
夜間は8時間以上の駐車を禁じています。

では、その時間内であれば
住宅地は駐車が出来る・・ということになるのでしょうか。

実は、この認識は「間違い」です。




F-_DCIM_114_PANA_P1140213.jpg



この写真、進行方向の左側に停車している車両がありますが、
これは違反かどうか、分かりますか?

実は、これは駐停車違反になります。

この道路の脇には「白線」があります。
「路側帯」です。

この路側帯の中は「歩道扱い」のため、
「路側帯が存在している道路」では、
特に住宅地になりますが、
壁から0.75メートルの距離を取って、
路側帯の白線が引かれています。


0.75メートルは、歩行者用のスペースです。

実は、路側帯がある道路に駐車する場合の法令では、
「壁から0.75メートル空けなくてはならない」
という決まりがあります。

教習所で習っていることではありますが・・。

簡単に言えば、住宅地に路側帯がある場合、
大半が壁から0.75メートルで白線が引かれているため、
「白線の中にクルマを駐めることが出来ない」事になっており、
駐める場合は「白線の中に入らず、左側の白線に沿って」
駐停車する必要があります。


ただし、大きい道路に多いですが、
白線の内側が0.75メートル以上ある場合は、
白線の中に入って0.75空ければ問題ありません。


さらに、
駐めた「車両の右側に3.5メートルのスペースが必要」です。

これが守られていない場合、
「問答無用の駐車違反」になります。


皆さんの住むエリアに路側帯があった場合、
路側帯の0.75メートル、
普通車両で、5ナンバー規定の約1.7メートル、
さらに車両の右側に3.5メートル必要ですので、
合計で5.95メートル分のスペースを使う事になります。

法規上で言えば、
普通車の5ナンバー、軽自動車であれば6メーターを切るので、
6メートル道路であれば駐車は可能です。

ただし3ナンバーの幅が広い車は、
6メートルを超えるので、
「6メートル道路は駐車禁止」ということになります。

例えば、現行のトヨタクラウンの場合、
3ナンバー・幅が1.8メートルあり、
合計で6.05メートルとなり、
6メートル幅の道路では、
現行クラウンは駐車禁止となります。

ちなみに、
八木山本町エリア等の路側帯ありの住宅道路は、
「6メートル幅」の道路となっており、
松が丘の住宅道路は5メートル道路、
バス通りの松が丘道路は、
8メートル幅の道路となっています。


自宅前の道路等、道路幅が知りたい場合は、
「せんだいくらしのマップ」
に記載されていますのでご覧ください。




P1000039.jpg

P1010389.jpg



八木山でも、路側帯がある道路は多いです。

これらの路側帯は、
壁から0.75メートルで引かれていることが大半なので、
この内側には一時の停車でも白線の中に入れないと思って
頂いて良いでしょう。

2枚目の写真は、0.75以上の路側帯になり、
停車の場合は、白線の少し内側に入っても大丈夫ですが、
この道路は駐車禁止エリアのため、
駐車してはいけません。

「人が通行するために、路側帯が存在しています。」



ans-215228954.jpg



ただし図のように、
0.75メートル以上空いてた場合、
1番は白線の中に入れますが、、
上の図の2番目・3番目は、0.75以上空いていても、
白線の中も入ってはダメですので、注意が必要です。



では「路側帯がない道路」はどうでしょうか。



P1010393.jpg



八木山の桜木町の写真です。

桜木町のエリアは、標識にも記載されていますが
「全エリアが駐車禁止エリア」になっています。

ただ、これが駐車禁止エリアではない場合、
この道路には駐車可能です。

歩道にはダメですが、
車道ギリギリに駐めても大丈夫です。

右側にも3.5メートルの空間があります。



P1010328.jpg



この写真だと、違反車両が多いですが、
路側帯がない住宅エリアの場合、
「壁にギリギリ沿って、右に3.5メートル空けられれば可能」
という道路です。

路側帯が無ければ、
左側に0.75メートル空ける必要が無い」
ので、
右に3.5メートルの空間を空けられれば、
駐車することは可能です。

ただ、
「駐車場入り口から3メートル以内」
「消火栓から5m以内」
など、駐車OKエリアでも
「法令違反区画」がある
ので、
上記写真は、駐車違反車両があります。。


普通車の場合、車の幅は「1.7〜1.8メートル」
で決まっています。

大体の住宅道路は5〜6メートル幅が多いですが、
路側帯が無い場合、
ギリギリで壁に寄って駐車すれば、
6メートル道路であれば、
車両の右側に3.5メートルあけることは可能です。



F-_DCIM_114_PANA_P1140171.jpg

F-_DCIM_114_PANA_P1140037.jpg



路側帯の話をしたので、
ワケが分からなくなるかもしれませんが、
上記写真のように路側帯はあるけど・・
みたいな道路を見たとしても、
大体は「駐車禁止の標識」が存在しています。


今回、主に住宅地エリアの場合で書きましたが、
教習所で習っていることではありますが、
忘れている方も多いでしょう。



F-_DCIM_114_PANA_P1140497.jpg



以前記載したことがありますが、
道路幅等は「消防車」が入れる事を前提に
決められていることが多いです。

緊急で何かがあった場合、
そこに違法駐車・迷惑駐車があった場合、
弊害になります。



P1010389.jpg




駐車違反でたまに見かける「盲点事例」をもう1つ。

日本の道路は「左通行」です。
それはセンターラインのない住宅地でも適用されています。

たまに「進行方向の逆方向」で駐車している車がありますね。
これも問答無用の「駐車違反」です。

何故かというと、上記の記載にマッチしています。

路側帯がある・無しに関わらず、
「駐車した車両の右側に3.5メートルの空間を空ける」
と記載しました。

「逆駐車」した場合、車両の右側に3.5メートルも
空いていませんね。 
逆駐車した場合は、壁になっているはずですので。

ですので「駐車違反」になります。

逆駐車という法令はありませんが、
進行方向と逆に駐車するという事例は、
八木山ではゴールデンウィークでたまに見られるでしょうか。



F-_DCIM_114_PANA_P1140517.jpg



最後に、みなさんも少し疑問に思っているかも・・
しれない道路事情。

昨年末に開通した
「長町八木山線」「郡山折立線」

暫定開通していますが、
道路としては「未完成」です。

それを意味するかのように、
道路のところどころに「ポール」などが立っており、
八木山南の「郡山折立線」などは、
「工事している箇所が無いのに、
 せっかくの2車線道路が1車線になっている」
という区画がありますね。

なんでよ・・と思いますね(^^;)

あれには理由があるそうで、
「石井模型さんから286号」までの区間で、
全く交差点が存在しなければ、
2車線で通行できるようなのです。

ただ現在、住宅地などから本道に出入りする道が、
かなり存在していますね。
右折しなくてはならない箇所も数か所あります。

そうなると、事故防止のスピードの関係もあると思いますが、、
2車線になっていると信号機が必要なようで、
そのために1車線区間にして右折レーンを設置して
回避している現状があるそうです。


交通量の様子も見ていると思いますが、
286号と合流している道路のため、
1車線でつくる訳にもいかなかったでしょうし、
1車線で暫定開通させている・・
という認識で、たまに2車線になっているからラッキー・・
という感覚でいた方が良い道路ということですね。

信号機設置も、色々と年間の設置台数が決まっています。



C-_Users_user_Desktop_S__49979400.jpg


★★★



★★★
posted by 八木山取材班 at 05:46| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

八木山のマンホール

★★★


雨が降りっぱなしの仙台市・・
昨年は5連休というシルバーウイークがありましたが、
今年の連休は雨の連続・・
太陽が恋しいという状態が続いています。

数週間前、仙台市中心部が冠水という状態になりましたが、
仙台市は昔ながらの下水道を使用しており、
「汚水と雨水を一つの下水道管で流す合流式下水道」
を採用しているのが原因のひとつでした。


八木山は勿論ですが、中心部以外の下水管が通るエリアは、
「汚水と雨水を別々の管で集める分流式」が
主流になっています。

つまり「菅が2本、それぞれ別々」に流れていて、
雨水菅は川に流れ、下水は浄化センターに流れ着きます。

仙台市中心部だけが「合流式下水道」になっていて、
菅がひとつになっており、
雨水も汚水も浄化センターに流れ着くことになります。

しかし、数週間前の冠水などが起きた場合、
オーバーフローになり、堰を超えた下水雨水は、
薄められた状態で河川に放流されます。

つまり・・仙台中心部で冠水していた水は・・
雨水だけではなかったと言えるでしょうか。


大昔、汚水・・当時のトイレは「肥溜め」時代があり、
現在でも田舎には残っていますが、トイレはくみ取り式で、
農地の肥料としてリサイクルされていた時代があります。

そういう時代に問題になったのが、伝染病です。

そして明治・大正・昭和と時代が流れ、
汚水の処理は「流す」ことを目的に、
仙台市中心部は下水道の整備が進んでいきました。

その頃の「合流式の下水道」の名残が、
現在でも残っているという事になります。

さらに昭和30年代から、
今まで河川等に流していた汚水処理とトイレ水洗化を目的に、
新しい下水道の整備が始まりました。
これが「現在の主流・分流式のはじまり」になります。

仙台市中心部で、
これから「菅をひとつ増やして、分流式に切り替える」
となれば、費用は勿論、
建物等がギチギチになっている中心部で工事をするには、
かなり困難であることが分かるでしょう。



P1190372.jpg



前置きが長くなりましたが、ここからがタイトルです。

皆さんの住んでいるエリアの道路・・
至る所にある「マンホール」

このマンホールには「色々と種類がある」こと、
ご存知でしょうか。

少し見ていたいきたい思います。


八木山エリアは「分流式」下水道で、
地下には2つの菅が通っています。



P1190378.jpg



これが、「雨水菅」のマンホールです。
動物公園通りに、特に多く存在しています。

マンホールがなぜ「円」なのか・・
それは、円の中に直径より長い線を引くことができないため、
よほどのことがない限り、
蓋が中に落ちることがないためです。

他に、マンホールが四角いとへりが欠けてしまうのに対し、
丸だと丈夫であるため、
さらに転がして運べるなど、多くの利点があります。



P1190381.jpg




八木山エリアの大道路で「冠水しやすい場所の王道」が
「ココス前の八木山橋・向山方向」です。

これはマンホールに関係はありませんが、
道路構造が凹んでいることに関係しており、
それに対して許容量を超えた雨が降ってしまうと
排水が全く追いつかなくなり、冠水しやすいポイントです。

動物公園方向・東北工大前の左カーブも、
冠水ポイントになるでしょうか。



P1190364.jpg



これは「汚水マンホール」です。

特に住宅地の狭い道路に多く存在しています。

ちなみに下水道は仙台市の管理、
仙台市建設局の管理です。

水道は、仙台市水道局です。


八木山エリアですと、
大きな道路には下水マンホールが無いことが多く、
狭い道路の方に多くある特徴があります。

こういうところで「地下のルート」が
分かるような気がします。


八木山動物公園付近の本町エリアなどは、
昭和50年代から「下水工事」が始まっており、
それまでのトイレは「くみ取り式」でした。
「ぼっとん」と呼ぶことも多いでしょうか(^^;)

最近では「バキュームカー」を見なくなりましたが、
昭和時代は多く走っていました。

田舎などで、現在でもくみ取り式が多いのは、
道路下などに「下水管が通っていない」ためです。


5年前の震災・・生活環境には良い下水道も、
水が絶たれた状態で苦戦したのが「トイレ」でした。

くみ取り式だった時代ならば、
あれほど苦労はしていなかったと思いますが、
下水処理になった現在の盲点がありました。

風呂や、トイレ、洗濯、炊事など、
私たちが毎日たくさんの使用している汚れた水・・
それが「汚水」です。

下水道の汚水は、
浄化センターで水をきれいにして放流されています。




P1190365.jpg

P1190369.jpg



これは「伸縮菅」です。

水道管が、地中の温度の変化などによって
破損することが無いように造られた「伸縮菅」
がある場所のマンホールです。

恐らく「地震」にも必要不可欠と思います。

仙台市水道局の「水道管の伸縮菅」です。


P1190373.jpg



「減圧弁」です。

圧力を一定に保つための弁があります。

仙台市水道局と刻印されていますので、
水道菅の減圧弁です。




P1190379.jpg



「空気弁」です。

管の中に空気がたまると水圧が低下するので、
空気抜きをして圧力を調整するための弁があり、
空気を抜くために設けられるのが空気弁です。

管の圧力が高まった際に、
マンホールの蓋が吹き飛ぶ事故を防ぐ目的もあります。

青色になっているので、
ちょっとお洒落なマンホールですね。

水道管の空気弁です。




P1190386.jpg

P1190389.jpg



「色々な形」があるのもマンホールの特徴。

蝶番が付いている四角のマンホールです。

「空気弁」のマンホールです。



P1190367.jpg

P1190375.jpg



「仕切り弁」です。

水道管が破裂した・・そんな事態になると修理しなくてはなりません。
修理する時、仕切り弁を閉めて水を止め、修理をします。

その名の如く、仕切るための弁があるマンホールです。

この仕切弁が無いと、
遠くの浄水場などでを水を遮断しないといけません。
そうなれば大規模断水となってしまうので、
一部エリアの断水で止めるため、仕切弁が設けられています。



P1190374.jpg



マンホール「ソフト」

これがよく分かりませんね(^^;)

実は、これも「仕切弁」です。

大口径の「仕切弁」は「仕切弁」と記載されていますが、
小口径管の場合「ソフトシール弁」を使うようになっており、
これを省略して「ソフト弁」・・
「ソフト」と表記されているマンホールも多くあります。



P1190390.jpg

P1190377.jpg



これはお馴染み「消火栓」のマンホールです。

火災の時に使用するので、
消火栓の下に、車を停めてはいけません。

雪が降った時は、この消火栓の雪かきもお願いします♪



P1190380.jpg



「電」のマンホール。

仙台市内は、昔に存在した「仙台市電」のルートを中心に、
ライフラインが地下に埋められている「共同溝」が
存在しています。

電柱などが無いので、景観が良い利点があります。

八木山エリアには地下に電気ライフラインはありませんが、
「電」のマンホールは、東北電力のもの。

埋設されている電力ケーブルの維持管理用。
道路下にも電気は通っています。

「通信」となっているマンホールもありますが、
埋設通信ケーブルの維持管理用になります。



P1190385.jpg



「電防」マンホール。

電気防食の略で、
埋設された配管などに電流を流し、
腐食を防いで安全性を保つ方法が電気防食です。

「仙木」と書かれており、
「仙台土木」かと思いますが、詳細不明です・・。

よって、水道管・下水管・・
どちらへの電気防食なのか分かりませんでした(^^;)




P1190372.jpg




さて、如何だったでしょうか。


バイクに乗る方にとっては、
「コーナーの最中にマンホール」
という箇所も随分と多く、
雨が降った時は「マンホールのせいで滑る」
といった事故も多くあります。

なんでカーブにマンホール設置した!?
と思うところもありますね・・。


ここに記載した以外にも、
かなりの数のマンホールがあり、
今回の記事では存在していませんが、
「仙台市ガス局」のガスマンホールもあります。

さらに、地域によって色々なデザインがあり、
マンホールを見るのが好きなな方もいるでしょう。


地下がどうなっているのか・・
という部分を想像する楽しみもありますし、
あまり下を向いて歩くのも危ないですが、
「様々な地域に旅行した時」など、
マンホールを見ると地域デザインもあるため、
楽しむことが出来るのもマンホールです。


八木山は仙台市のですので、
「八木山オリジナルマンホール」は難しいかもしれませんが、
同じ仙台市の施設である「八木山動物公園」付近だけ、
「動物公園のマンホール」があると、
面白いかもしれませんね。

1個だけ作るには、金型の関係で莫大な金額になるので、
「同じデザインで数多く設置」出来れば、
現実味はあるでしょうか(^^;)



★★★

posted by 八木山取材班 at 05:01| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

八木山エリア 大雨での注意

★★★



随分とご無沙汰しております。

右の掲示板にありますが、
最新記事を見ることが出来ない事態になったようでございます。

過去ログでは見ることが出来ますが、
トップページに記事が反映されなかったようでございます。

これは以前、広告を極力除くような表示を模索したことで、
悪影響が出てしまいました。

本来、このシーサーブログをスマートフォンで観覧した場合、
ブログ会社様の方の都合で、
「広告の多いスマホ用タイプでしか表示できない」
ようになってしまいます。

裏技ではありますが、その部分を細工し、
スマホでもパソコン用サイトで観覧できるようにしました。

しかし今回、その部分の不都合が出ていたようで
修復させて頂きました。 ご迷惑おかけ致しました。



P1190253.jpg



さて・・残暑は残っていますが、
気が付けば夏が終わってしまいました。



P1190355.jpg
岩手県岩泉町


毎年のことではありますが、
当サイトが滞りやすい繁忙期に突入しています。

それに輪をかけて
この時期「台風の季節」となっているのは、
皆様もご存じの通りかと思いますが、
この関係もあって被災地に行っておりました。


昨年は福島県・茨城・栃木の方で被害がありましたが、
普通以上の大雨に見舞われた場合、
どうしても被害が出てしまいます。

最近でも、仙台市中心部で冠水被害がありました。
特に仙台市内中心部は排水能力が低いので、
短い時間に一気に降ると、冠水しやすい弱点があります。



P1190356.jpg



岩手の災害は、「水辺」と「山」が原因で
被害が拡大したエリアが非常に多い現実がありました。

人的被害が出た場所以外を見ると、
至る所の道路が破壊されており、
川が氾濫したのが大きな原因ではありますが、
他に「山からの土砂崩れ」もかなりありました。


八木山エリアでも、この「山に関わる危険」は、
隣り合わせになっている現状もあります。

先月末の「東北初上陸」と言われた台風が、
岩手に上陸したことで、岩手に大きな被害が出ましたが、
これが仙台市付近に上陸した場合、
おそらく八木山も無事ではなかったであろうと予想できます。



P1180638.jpg
仙台城付近



仙台市内は、広瀬川・名取川を中心に、
それに関わる沢なども多くあることから、
被害が出た場合の「覚悟」と「イメージ」は、
持っていた方がよい地域でしょう。


八木山から外に出るとき、
お気づきの方も多いと思いますが、
「必ず橋を渡る」現実があります。

近いところでは八木山橋ですが、
ここは水が溢れる危険性はありません。

しかし、広瀬川を渡る
「大橋」「霊屋橋」「愛宕大橋」「愛宕橋」などを中心に、
氾濫すると、仙台市中心部方向・・
その先に行けない立地になっています。

名取方向では「名取川」があるので、
川が氾濫、橋が倒壊してしまうと、
その先の生活が大変なことになってしまうのは、
想像できるのではないでしょうか。



P1150910.jpg
広瀬川



その大変な生活が、
今もまだ岩手北三陸・沿岸地域では続いています。


そして、そんな事態は八木山エリアはもちろん、
仙台市でも起こる可能性はある・・
というイメージは、持っておいた方が良いでしょう。



最後に、八木山エリアのお知らせ

・9月18日(日) 13時30分〜16時
 萩の郷福寿苑 秋祭り

「Tae-chu」ミニライブ
「山田牧場」 ミニ動物園

出店
「フォンテーヌ」「ポワール」「よこたや」「ハピカム」
「スマートエンジェル」「仙台ローズガーデン」「一寿園」等

・9月24日(土) 八木山本町公園まつり 16時〜


が開催されます。  ぜひ♪



★★★
posted by 八木山取材班 at 03:24| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。