2010年01月12日

昭和の八木山 航空写真 パート2

★★★



数日前のブログで、国土交通省が公開している

昭和50年度と59年度の航空写真を紹介しましたが、

国交省管轄の中で、ご存じの「国土地理院」があります。



その国土地理院のホームページの中で公開している航空写真で、

アーカイブ空中写真という

ページがあります。


ここから、全国の、1950年前後の戦後付近から現在までの

空中写真が観覧できます。


この写真は、権利があるので写真を貼り付けることが出来ませんが、

ぜひご覧になって下さい。

結構、楽しいですよ♪


私も八木山付近を観覧してみましたが、現在の八木山動物公園に

存在した、「八木山球場」の空中写真を初めて見ました。

ちょっと感動です。


1960年付近を見てみると、八木山は何もありません・・。


そして1968年になると、宅地造成が本格化してきたのが

完全に見て取れます。 白黒ですが・・。

この1968年・昭和43年の写真が、結構面白いです。

写真の範囲は限られていますが、見応えがあります。


八木山球場から、1965年に開園した八木山動物公園へと

移り変わっている感じも、見て取れます。


1964年に開学している「東北工業大学」がハッキリ

分かります。


八木山小学校、中学校が、建設準備中のようです。


八木山は、向山エリアから宅地造成されていますので、

その様子も見て取れます。


八木山南エリアは、この時期はありませんね。

山のまま、木のままです・・。

八木山では、この八木山南の開発が一番遅かった区域です。

1971年の写真を見ても、開発されていません。


八木山エリアローカルな名前ですが、

「恐竜山」が残っています。 今もありますが。


なぜか、この恐竜山は造成されなかったようです。

よく見ると、現在と「道のカーブ具合」が違うようですね。


そして、八木山エリアの南側、

「金剛沢エリア」「西多賀エリア」が、すでに宅地造成されて

いることが分かります。


緑が丘のエリアも、色々後に問題になりましたが、

造成の真っ最中のようです。



私もこの写真で分かったのですが、

現在の八木山動物園や八木山市民センターがある大通りは、

地下鉄東西線の駅にもなる、「八木山のメイン通り」ですが、

動物公園が出来たあたりまで、メイン通りではなかったんですね。

今のメイン道路は「新しく造られた道」です。


当時のメイン道路は、市民センターの上にある、

「コープ野村」「ライオンズマンション」の間の道路のようです。

動物公園駐車場があるところですね。


そして、そこから八木山南方面へ下りていき、

現在の恐竜山の脇を通る「八木山本町2丁目」の道路を通り、

現在もある三神峯公園、旧286号線に抜けているようです。


この道が本線道路だったんですね(^_^;)



現在の向山ルート、青葉城ルート(当時、車通行は不可)は、

昔からあります。


航空写真、恐るべしですね(^^)/


これだから記録ものは、大切なんですよねぇ。




★★★





八木山球場があった時代、


posted by 八木山取材班 at 21:43| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 太白区八木山界隈 今昔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。