2010年02月13日

八木山 「街の電器屋さん」 (有)目黒電化

★★★





私たちの暮らしで、欠かすことが出来ない家電製品。


昭和30年代以降には、いわゆる三種の神器に代表される

家電製品が登場して、各家電・電気メーカーは、

全国各地の電器店を支援しながら特約店契約を結ぶことで、

地域の電化に貢献して、電器店が繁盛した経緯があります。



私たちが電化製品を購入するにあたり、大きく2つの電器屋さんで

購入していると思います。


仙台市でも代表的な、ヨドバシカメラ、ケーズデンキなど、

複数のメーカーを取り扱い、なおかつ一括大量仕入れによって

大量に安く販売する「大型家電量販店」。



そして、地元に精通し、特定の電器・電機メーカーと関係が深い

販売店、「街の電器屋さん」と呼ばれる「系列電器店」が

あります。



ここで紹介するのは、「街の電器屋さん」です。



昨今、薄型テレビやHDDレコーダーなどの娯楽家電機器と言われる

製品が売れています。


その理由の1つに、

来年2011年7月24日に終了するアナログ放送。

コマーシャルでお馴染みですが、現在のアナログ放送は終了し、

テレビの右上に「アナログ」と記載されているテレビで見ている

世帯は、

「テレビを見ることが出来なくなってしまいます。」

ここで、チューナーか、地デジ対応テレビ等を購入する必要が

あるのですが、若い方も含め、気づく方も多いと思いのではと

感じる点があります。



ハードディスク・レコーダーや、液晶テレビ、プラズマテレビ、

すべての機能を把握できていますか?


液晶とプラズマの違い、分かりますか?


分厚くなった説明書、読んで理解が出来ますか?




若い方でも説明が出来ない方は多いと思います。


昔のVHSビデオが主流だった頃、

後ろの配線も、そう難しいものではありませんでした。

機能的にも、タイマーやGコードなどの使い方が分からない!

という方もいらっしゃいましたが、それでもそんなに難しいもの

ではありませんでした。


しかし、当時のタイマーやGコードで「無理!」と思っていた方は、

今の機械は「もっと無理!」と思うはずです。


DVDレコーダーが出た頃、

ディスクに記録したら「どのデッキでも見ることが出来る」と

思っていた方は多いと思います。


しかし、他のデッキで見ることは出来ず、

「ファイナライズ」という処理をしないと、

「人に貸してあげる」「見せてあげる」ことが出来ない事実。



デジタル機器の、「便利に見えて何かがあったら複雑」という事実。



そういう事を何も考えずに、今の最新機器を買ってしまうと、

後で嫌な思いをする事も多いのが「デジタル機器」なんです。



よく、

「子供が分かるから、安い方がいいわ♪」

なんて大型家電量販店で「録画機器」を購入したら、

「子供も分からない」という事例をよく耳にします。



「現在の説明書は、見ても分からない!」

という事実も、見え隠れします。

説明書は辞書ではないんです・・。



そこで、

今こそ必要なのが、系列電気店、

地元の「街の電器屋さん」だと思うのです。




以前「八木山のバイク屋さん」でも触れましたが、

地元に精通しているお店は「小回りが効き」「アフターケア」に

強いんです。




「大型電気量販店」には「真似が出来ない技」です。



さらに昨今、高齢化によって出かけることのない

高齢者宅、核家族の世帯も増え、

これらへの細かいケアが可能な「街の電器屋さん」が

必要だと思うのです。



前置きが長くなりましたが、

今回、取材に協力して頂いたのが、

福山雅治氏のCMで有名な{REGZA}でお馴染みの

「東芝」の系列電気店、


「有限会社 目黒電化」さんです。

IMG_3822.JPG

目黒電化 青山店 仙台市太白区青山2-3-3 電話 022-229-7431




IMG_3853.JPG

目黒電化 向山店 仙台市太白区向山2-3-18 電話 022-227-4108




「家電エコポイント申請ゴールドサポート販売店」




青山本店と向山店の2店を経営する目黒電化さんは、

正真正銘の「街の電器屋さん」そのものです。


IMG_3850.JPG



店内には、東芝製のテレビ「REGZA」はもちろん、

レコーダー、洗濯機、冷蔵庫、レンジ、電気釜、

これからの花粉症対策の空気清浄機、照明器具など

「引っ越し用家電製品」を例にとっても、何でも揃う状態。


もちろん、細かいものでも、

電球、乾電池、時計、小型ラジオなどの「小型系」も

展示されています。



向山店の店長、目黒さんにお話を聞きましたところ、

「改正消防法が交付により、

 2006年6月から、 すべての住宅に火災報知器の設置が

 義務付けられている。」



とのこと。


皆さんのお宅で、「火災報知器」 付いていますか?


しっかり目黒電化さんでも置いてありましたよ♪

「東芝製・火災警報機」


10年間電池が無交換で良いタイプです♪

6千円ちょいでしたけど、10年電池を替えなくてもいいなら、

お得です。 メーカー品ですし♪


様々なところで安い警報機もあるようですが、

2年で電池が無くなるというタイプも多いようなので、

こういうものは、やはり安心のメーカー品、東芝製。



そして、取材中に私も初めて聞いたのですが、

自宅にある消化器、使用期限、突破していませんか?


今年の4月1日から、消化器を処分するのに、

リサイクル料が発生するそうです(>_<)



今、目黒電化さんでは、

新しい消化器を購入すると、

「古い消化器 交換キャンペーン」を3/31まで行っている

そうです♪



皆さんのご自宅、消火器点検して見て下さい♪

普通の消化器の耐用年数は「8年」だそうです(>_<)

IMG_3848.JPG
クリックで拡大

上の写真の消化器、「白い粉が出ないタイプ」だそうです。

今は白粉を出さないんですね(^_^;)




今回の取材をさせて頂きながら、

目黒電化・向山店の店長さんと、地域について色々お話させて

頂きましたけど、私も含め事業をやっている方の思いは、

同じなんだなと感じました。



この「八木山放送局Net」で、地域活性化が出来るかと言えば、

微妙かもしれません。


でもこれはやってみないと分かりません。


何も変わらないかもしれない。


でも、やらないよりは、やった方がいい。


そういう思いで、これから色々やってみたいと思います。



今回の取材は、

「街の電器屋さん (有)目黒電化 」さんでした♪






★★★


posted by 八木山取材班 at 19:37| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 八木山の 電器屋さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/141032268
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック