2010年03月08日

八木山の 伊藤動物病院

★★★





皆さんのお宅では、犬や猫など、ペットを飼っていますか?



過去の統計になりますが、

平成18年度のペットの総数は、約2,454万頭だそうです。



これは、日本の14才未満の子どもの総数よりも多い数です。



子供の数よりも多いペットが飼育されているということに

なります。



現在、男女とも4割近くが何らかの動物を飼っていて、

年齢別にみると、40代と50代で飼育率が高く、

住宅形態では、一戸建て住宅で飼育率が高いそうです。

ペットの種類は犬が最も多く、次に多いのは猫。



ペットを飼う理由は「家族が動物好きだから」が最も多く、

「気持ちがやわらぐ」などの割合が近年高まっているようです。


また、ペットを家族の一員とみなす傾向も高まっています。



商売的にも、少子化の減少もあって、

子ども用品売り場を、ペットグッズ売り場に切り替えたところが

かなりあるようです。



商売の判断としては正しいでしょうが、

社会的なねじれがあるように思えます。



しかし一方で、捨てられ、処分されていくペットも多く存在し、

犬と猫合わせて40万頭近くが処分されているそうです。

ただこれは統計ですので、知られていない部分も含めると、

もっといるのではと思います。





ペットは、家族の一員。


そうなれば、どうしても必要な施設が「動物病院」です。



八木山エリアにも、いくつかの動物病院がありますが、

その中で、八木山取材班がリンク願いに行った動物病院が、


八木山本町にある 「伊藤動物病院」 です。


IMG_3911.JPG




休診日などは、リンクからのホームページをご覧下さい。




この伊藤動物病院さんは、設備が充実しています。


●レントゲン設備  ●超音波診断装置  ●内視鏡

●各種血液検査  ●各種生体モニター ●レーザー治療器



動物病院さんの中には、レントゲン設備がない病院さんも

ありますので、確認して下さい。



もちろん、設備があるから良い病院ということではないですが、

人間が診療する病院も含めて、設備はあった方が良いことが多い

です。


骨折なのかヒビなのか、打撲なのか捻挫なのか、

患者側の立場になればレントゲン写真で確認したいという気持ちが

当然あります。


私たち人間も、足が痛かったらレントゲンを撮るわけですから。



ホームページには、設備はもちろん、

案内、院長、スタッフさんの顔写真付きで掲載されるなど、

あらゆる情報が掲載されています。




ペットを飼うということは、いつか来る別れも覚悟しなくては

いけないですね。



10年近く前に、実家の犬が亡くなりましたが、

その時にお世話になったのは伊藤動物病院でした。



驚いたのは、ペットの名前など、当時のことを院長先生が覚えて

いたことでした。



診療して頂くのは、機械ではなく先生という「人」な訳で、

ペットに何かあった時に、

「助けて」という相手は、機械ではなく先生です。




初めてペット病院に受診するときは、どこに行ったらよいかと

感じるでしょうが、

八木山エリアには「伊藤動物病院」さんがあります。



現在、みやぎ生協八木山店が移転してしまった跡地、

八木山商店街の一角にあります。




★★★




posted by 八木山取材班 at 19:17| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 八木山の 動物病院/ペット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。