2010年05月26日

八木山エリアの 郡山折立線

★★★




IMG_1932.jpg

  「八木山エリア 郡山折立線」 撮影:株式会社東北記録映画社







八木山エリアの「郡山折立線」工事が着々と進んでいます。



暫定的ですが、富沢駅付近が昨年開通しています。


長町モールの前の通り、都市計画道路の「八木山柳生線」に

繋がっています。


昨日の大雨で、富沢駅の下の新しい道路が、

かなり冠水していて、改善が必要ではないかと思います。



さらに、自転車を使用する方が多い地域のため、

この「郡山折立線」が一部開通したことで、

「歩道橋の上を自転車を押して渡らなくてはならなくなった」という

クレームに近い意見もあるようです。



渋滞対策だと思いますが、

富沢駅の下の位置に限って、

人が渡れないようにした道路構造になっています。




難しいですね、まちづくりというのも。




誰でも感じると思うのですが、「区画整理」なんてのをやるのなら、

なんで「何もない最初から、この道路を構想に入れなかったの?」

という声も多く聞きます。



道路などは難しいモノで、

その当時の予算の関係もありますから、「元々あった道を使おう」

「それなら予算内で収まる」という状態で、

砂利だった道をアスファルト舗装して使っている道路も

たくさんあります。



結果、発展する町にしようとした時に、余計に金がかかってしまう

という、悪循環になっている場所も多いのが現実でしょう。



八木山エリアに関しては、ほとんどのエリアが、

「何もないところから形づくられた町」ですので、

「なんでこうしたの?」という場所があるところは、

最初の計画段階での見込み違いという状態が露呈する地域でも

あります。



ただ、例外の場所も当然あります。



向山エリア、向山入り口から、向山高校を通り過ぎると、

左にカーブします。 高層マンションがある地点です。


この向山ルートは、木がワサワサとあった場所を、

スコップなどを使って「人海戦術」で造りあげた道路です。


この向山ルートの、動物公園までの道は、

山の峰を沿って、けもの道を拡張しながら造ってきた道路なんです。



ただ、向山高校を過ぎた左カーブの地点は、

「山を削って作り上げた箇所」だそうです。


あの地点で曲げないと、登った後に下らなくてはならなくなった

道になってしまうためでしょう。



そう考えると、「山の峰」に沿って、けもの道を拡張しながら

造った道が「向山ルート」ということですから、

けもの道が違ったルートになっていたとしたら、

向山入り口からのカーブなどは、今のようになっていなかった

道路と言うことです。




話は「郡山折立線」に戻しますと、

現在、結構良い眺めの風景が広がっています。


IMG_1931.jpg



昔の八木山エリアは「こういう風景が広がっていた」という

断片を見ることが出来るポイントだと思います。



この先は、「鉤取寺」があります。

「こうしゅじ」と読みますが、パッと見「かぎとりでら」と

見えるので、間違ってそう読んでいる方も多いようです。


「鈎取」という時に似ています。


どうやら、鉤取寺の「鉤」が本来の字で、鈎取の「鈎」の字が

俗字ということですね。



この場所に移る前の鉤取寺は、

現在の仙台西高等学校の処に存在していたと伝えられているそうで、

仙台西高校の建設中に、石碑やお堂の基礎跡等が発掘されたそうです。



1636年の開山ということですから、ものすごい昔で驚きです。



この郡山折立線を建設するにあたり、ここのお墓の移動という

ことが決定しています。


IMG_1933.jpg




正直、上記で記したとおり、山を崩して八木山南エリアを

構想していた段階で、この道は造ると決まっていたようなのですが、

「ここじゃなければダメだったの?」と、

お墓を移動してまで造るとなると感じてしまいます。




八木山住宅は、高層建築が制限された立地で、

ある程度眺めは確保されると思います。


他のエリアと違い、「コンクリート砂漠」のような町には

出来ない場所です。



この道は、走っていると気持ちいいです。



開通すると、南インター方向を利用する際は、

明らかな「本道」になりますね。


ただ、昔のように朝の通勤時間帯に、

渋滞する可能性も思い切り秘めているので、

動物公園付近の道路、「川内旗立線」をどうにかする必要が

あると思います。



ずっと2車線の道路が、動物園付近から

1車線になり、明らかに目詰まりが起きますので・・。



この道路が出来ると、現在でも使用されている本道、

鈎取ルートの道路は、なかなか使用されない状態になりますね。




★★★



posted by 八木山取材班 at 23:57| 宮城 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
子供が西高に通学しているので早く開通しないかな〜と思って工事の様子を見ています。

市営バスが今八木山南6丁目で折り返ししていますが、もう1ブロック下まで行くと通学には便利になるようですね。
Posted by ぴちゅん at 2010年05月27日 14:27
どうも、はじめまして。
24年前に八木山に住んでいた者です。
現在は関東に住んでおります。

少年時代に過ごした印象深い八木山が懐かしく、
3日に1度はこちらを拝見させて、
当時の風景や生活観をダブらせ楽しませてもらっては、
時間の流れも感じさせて頂いております。

この道、石井模型さんの前に広がっていた道ですね?
20年以上も経ってるのに、未だ完成していなかったと
は正直、驚きました・・・
様々な立場の方やお金の問題もあるでしょうが、まさ
か自分が成人してもまだ工事が続くとは、当時のあの
道で遊んでた頃の自分には想像もつきませんでした。

地図で確認して判断した限り、まだあの辺りはそんな
に変わらない風景のようですね。

八木山南と言えば、養護施設内から上野山へ抜ける道
の獣道が印象に残ってます。
これもまだ健在なのでしょうか?

本当、このブログを読んでいると懐かしさが込み上げ、
無性に八木山に行ってみたくなります。
これからも、生のそして現在の八木山の情報を楽しま
せて頂きます。
頑張って下さい!!
Posted by 元八木山人 at 2010年05月27日 16:19
ぴちゅん様、コメントありがとうございます。

仙台市営バスは、下のブロックまでは路線に入らず、
宮城交通さんがカバーしていますね。

この郡山折立線が完成した時、市営バスさんも加わる可能性が
高いですよね。 
「地下鉄」が完成した時に、「八木山南エリア付近〜動物公園駅」
を結ぶ「便数」は、必ず増えるはずです。

予算の関係でしょうけど、地下鉄も南エリアまで延ばせなかった
のかという声を、他のエリアからもよく聞きます。

Posted by 八木山取材班 at 2010年05月27日 16:55
元八木山人 様、コメントありがとうございます。

24年前と申しますと、取材班と年齢が近いかも知れませんね。

今回のテーマは、石井模型さんの前の道路です。

養護施設「萩の郷」と「ひより台」の橋も、着工が決定し、
5年以内には、ようやく完成するはずです。

地下鉄が八木山動物園前まで来ることで、
界隈の「道路網」も、この5年でかなり動くことになります。

獣道も、健在ですよ♪
ここも、後のテーマとするために「ストック」しています♪

小学校などにも、リンク許可の申請を出しており、
昔と違い「危険で入らせないようにしている」等の
話も聞きますので、地域安全のために考慮して記事にする
ようにしています。

元八木山人さんのように、「昔に八木山にいた」という方が
拝見して頂いていると、とても嬉しくなります。

色々情報を集めながら、楽しんで頂けるように頑張ります♪

Posted by 八木山取材班 at 2010年05月27日 17:14
コメントの連投すいません。

そうですか、例の獣道まだ健在だったんですね!

ところで養護施設内から上野山へ抜ける道・・・ではなく、
御堂平へ抜ける道でしたね、すいません(汗

>養護施設「萩の郷」と「ひより台」の橋も、着工が決定し、
>5年以内には、ようやく完成するはずです。

この日より台の橋とはどの辺りでしょうか?
ちょっと位置的にピンとこなくて気になってしまったので、
宜しければお教え下さると嬉しいです。
Posted by 元八木山人 at 2010年06月01日 16:10
コメントありがとうございます♪

八木山住人は、まわり全体で「ひより台」と呼んでしまっている
現状があったので(^_^;)

地図で見ると分かりやすいですが、
「萩の郷」の脇の道を、ほぼストレートに橋を架けるようです。
萩の郷の先は「谷」になっているので、
まっすぐ行った先の「旗立」へ向かう約1キロの橋です。

上野山緑地の「ため池」付近の、手前で着地するようです。

286号線から、ひより台/太白団地へ向かう道路と連結させる
ようですね。

ここまで長引いたのは、動物公園から、
向山ルートと青葉城趾ルートが「片側1車線」、
その手前の八木山南付近は「片側2車線」なので、
「渋滞する」という懸念がずっとあったようです。

「地下鉄東西線」の開通に合わせ、駅に向かう道路が1本増える
ので、ようやく着工という事になったのだと思います。


Posted by 八木山取材班 at 2010年06月01日 18:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。