2010年06月03日

八木山付近 都市計画道路 変更

★★★




seibi01.jpg

     仙台市都市計画道路図



先日公表された、仙台市の大幅な都市計画道路の変更。


先日こちらでも取り上げていた全区画70区画のうちの、

廃止判定となった計画道路は、

八木山エリア付近は、上記地図の「青いライン」です。




赤いラインは5年以内の完成予定の道路です。


ピンクは、継続される候補の道路です。





「鈎取茂庭線」「山田茂庭線」「山田線」が、

八木山エリア付近では、廃止判定となっています。




八木山エリアでは、「折立茂庭線」につなぐ計画道路は、

この段階で「郡山折立線」の1本だけということになります。




太白団地の道路から、茂庭に抜ける「山田茂庭線」道路は、

廃止判定となってしまったようです。




他の廃止判定の道路は、向山エリアもありました。



仙台市道「向山常盤丁線」と「向山富田線」です。




「向山常盤丁線」は、だいぶ前から計画に入っていた道路でした。


愛宕大橋付近から、ファミリーレストランの交差点を、

向山方面に入ってから、道路拡張も含めての計画道路です。


鹿落坂(ししおちざか)を下り、バス道路沿いに進むと、

信号機で右に曲がり「霊屋橋」になります。



そこを右に曲がらず、ストーレートに橋を架け、

西公園前に突き抜ける計画道路でした。



この道路沿いの店などは、計画道路となっている影響で、

様々な制限があった地域でした。




ついでに「土樋細横丁線」も青くしておきましたが、

「愛宕橋」を左折した後の、細い道路の「計画道路」です。




そして「向山富田線」です。


この道路は、かなり実現が困難だろうと思っていましたが、

その通りになった感じがあります。



向山入り口からバスなどで走ると、200メートルほど行った先に、

大きく右にカーブする地点があります。

ベニーランドの看板が出ているあたりです。





この地点を真っ直ぐ登ると、児童館・向山小学校へ向かいます。


この地点からの計画道路で、「青山エリア」「恵和町エリア」

「芦の口エリア」などを横切り、

旧286号線の「ダイソー」付近に抜けます。


さらに、286号線、富沢を抜け、南部道路に合流させる

計画道路でした。


これが「向山富田線」で、この道路が廃止案になりました。




この「向山富田線」は、仮に出来たら便利だろうとは思って

いましたが、住宅がある中を突っ切っていく道路は、

あまりに無謀というか、金がかかりすぎるだろうと

感じていました。




黒の道路は、現在の既存している道路、

赤が5年の間で完成する道路、確定道路です。



茶色で囲まれているエリアがありますが、

ここは「土地区画整理事業エリア」です。



八木山南エリア全域が区画整理エリアになっています。


ただ、これからどうこうするというわけではなく、

このエリアは区画整理事業が仕切っているエリアということです。


八木山南は区画整理事業が絡んで造られた地域ですので。




これまで何度も取り上げている「川内旗立線」は、

分かりましたか?


ベニーランド駐車場付近から、

現在の八木山橋方向のルートが、「2本に分岐する」はずです。


昔から言われる「八木山第2本道」ということになります。



広瀬通りの「西道路」付近に合流させるようですが、

どのようにするかは、ちょっと分かりません。




さらに、柳生からの太白大橋の道路、ザ・モール仙台長町の前の

都市計画道路「八木山柳生線」は、生きています。



この道路も実行は難しいのではと思っていましたが、


長町小学校付近で、286号線とぶつかっている道路は、

住宅地を突っ切って、向山の八木山交番付近、

八百屋さんの「八木高商店」さんの前に出るようにして、

現在の向山ルートを拡張しながら、東北工業大学の前まで拡張し、

ストレートに動物公園前に抜けるようです。



いわゆる、道路における「土地区画整理」が、

向山エリアの「香澄町界隈」の商店街付近を直撃する道路です。



既存している向山ルートの香澄町界隈の道路を、

無くすような感じのルートを取っています。



実現が難しい感じがしますが、

廃止判定にならなかった道路が、この「八木山柳生線」です。




色々興味を持って道路などを見ると、

都市計画道路というのも面白いのではと思います。



計画道路ですから、今後、マイホームを買うなどの時に、

市役所の計画関係のホームページを見ると、

いろいろためになります。


しかし、あくまで計画道路です。




★★★




posted by 八木山取材班 at 21:15| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です。

都市計画道路「向山富田線」の件を既に取り上げて
いただいていたことを、こちらで確認いたしました。
散々宅地開発が進んだ後に、青天の霹靂のような
道路計画(笑)。
住んでいる側にしたら、たまったもんではありません。
首都圏のように、まず鉄路や道路を引いてから、
宅地開発する図式にはならないものでしょうかねえ。
首都圏は、鉄道会社=デベロッパーだからこそ
成せる技なんですかねえ。

個人的な意見ですが、地下鉄南北線は、北は富谷、
南は愛島くらいまで延伸し、且つ初乗り運賃を170円
レベルまで下げた方が利用率も上がると思います。
いまの地下鉄は、東西線計画も含め、中途半端です!

Posted by 鈎取中 at 2013年02月05日 13:21
コメントありがとうございます。

中途半端ですね(^^;)
確か仙台の地下鉄初乗り料金は「日本一の値段の高さ」
だったはずですね。

乗車率が悪ければ「値段を上げる」という方法を取りますね。
悪循環のような気がしますが、
値段を下げても「乗る人は増えない」という考えなのでしょう。

仙台は車社会ですから、私も増えない気がします・・。

基本的に乗車率が上がらないと延伸はしませんが、
富谷や名取・岩沼は仙台市の外ですので、
仙台市交通局の管理より外に延ばすのは無理でしょうね(>_<)
Posted by 八木山取材班 at 2013年02月05日 18:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/152058240
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック