2010年09月22日

八木山に「展望台」は、いかが?

★★★




IMG_0148.jpg



この写真は、8月にオープンした仙台トラストシティ・ウエスティンホテルの

37階レストラン「一舞庵−いちむあん−」さんからの眺望です。

もっと撮りましたけどね、一枚だけ♪



仙台トラストシティさんは、「展望台」はなく、

「展望レストラン」が最上階37階にあり、そこから見るしかありません。



やはりと言うべきでしょうか、このような高層ビルが建ちますと、

その場所から見える眺望が、「今まで見る事が出来ないアングル」で

見る事が出来ます。


特に今まで一番高かった「SS30」のアンテナとほぼ同じ目線で

見る事ができ、

「SS30のアンテナって、こうなってたんだ・・。」

と新しい発見がありました。

「柵がある・・。人が歩けるようになっているな・・」

とかですね(^_^;)



このトラストシティが建設されないと、

「航空撮影では、いままで撮影できなかったアングル」を

見る事が出来ます。



仙台駅や駅東口方面など、かなりの絶景です。

視程が良ければ、仙台港まで簡単に見る事が出来ました。




正直、「眺望」というのは、案外「見慣れている」という状態だったり

するのではないでしょうか?

「予想が出来る」というのか。




ここで八木山エリアの話です。


このサイトで使用している「太平洋側」を写した夜景写真がありますが、

八木山エリアでは「太平洋側」を眺める事が出来ます。



ただ、「何にも遮ることなく眺望が見る事が出来るポイント」は、

案外ありません。



上のトラストシティからの写真では、

あえて「SS30」を映り込ませていますが、

このように「何かが邪魔をしている」展望場所が、八木山には多いです。



航空法などの関係もあったり、いろいろ難しい点も多いのですが、

先日のログでもあった「まちづくり研究会」などでも

「展望台」という話は出ています。



展望台を建てれば良いのでは?と言われる場所は、

現在の「八木山動物公園のビジターセンター付近」ですが、

マンションなどがあるため、絶景というわけではありません。



少なくとも、ビジターセンターからでは、

高さが少し足らない現状のようです。



高さにして、ビル5階くらいの高さから見る事が出来れば、

「展望台」として活躍できるのではと思います。



新たな「八木山の顔」としても、

起爆剤の1つになるのではという期待も出来ますね。




未確認ですが、TBC東北放送さんの現在のアナログアンテナ、

地デジが始まると、あのアンテナはどうなるのでしょう・・。



現状では無理ですが、

少し建て直して、「展望台」のように出来れば、

おそらく、仙台市内で一番の展望台になる気がします。


あの場所の海抜が138メートル、

東北放送さんのアンテナが129メートルあります。


足すと「267メートル」です。



「仙台トラストタワー」は、180メートルですから、

当然、TBC東北放送さんのアンテナの方が高いですね。



というような事を、「実現できるか、出来ないかは別にして」、

色々な案を出すのが「地域のまちづくり」で、

こういった話し合いが、八木山エリアでは行われています。



いろいろな案を持っている方、このサイトをご覧になって頂いている方でも

多いのではないかなと感じています。



色々決定してから「影で文句を言う方」がいたりしますが、

「文句を言うなら、参加して!」と

参加している方は感じています。



勝手に決めていると思う方もいるかも知れませんが、

「ちゃんとそういう場所を設けて、決めている」事を、

知って下さいね♪




★★★





posted by 八木山取材班 at 21:48| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。