2010年09月27日

八木山の 薬局・花屋・クリーニング屋 「恵通薬局」

★★★




世の中は、少子高齢化社会、そして現在の不景気。


そのダメージを受けている「お店」などは多いですが、

「薬局」というジャンルも意外にそうなのをご存じでしょうか?



八木山にあるドラッグストア、

リンク協力頂いている「ダルマ薬局」さん、

そして「ツルハドラッグ」さんを見てもお分かりかと思いますが、

「薬」だけでは商売にならない現実があります。



そのため、日用品や化粧品などを多く置いています。


「売れるから日用品などを置いている」とも取れますが、

実際は「薬だけでは商売にならない」ということから、

この状態になっています。



高齢化だから「薬」は売れるのでは? と思うかも知れませんが、

高齢化の方の薬は、「薬局の薬」ではなく、

ほとんどが「病院の薬」なんです。



創業 昭和40年5月

八木山・青山エリアに「薬局」を開局したのが、


「恵通薬局」 さんです。


IMG_3292.jpg





「恵通薬局」


営業時間

9:30〜19:30

定休日 無休(年末年始除く)


<取り扱い>

薬・花屋・クリーニング店・化粧品・日用品


駐車場 4台


宮城県仙台市太白区青山2丁目9-7

電話 022-229-1054




取材許可を頂きました。

右の各カテゴリーに追加させて頂きます。

ありがとうございました。



「恵通薬局」は、「フラワーショップ恵通」という名称もあり、

さらには「クリーニング店」も営業中です。


薬局からスタートし、花屋、そしてクリーニング店と、

意欲的に営業していらっしゃいます。


サンマリ青山店の左隣、さらに「青山2丁目」のバス停の目の前です。



IMG_3296.jpg



70歳を超える店主に、快く取材を承諾して頂き、

色々な話をお伺いしました。



「町おこし」というテーマ1つとっても、

色々な考えを持っていらっしゃっており、

「町に、必ず必要な方」と言う第一印象でした。



この界隈の地域コミュニケーションはビシッとしており、

お客さんとのコミュニケーションもバッチリです。



通りすがるお客さんは、お店の前を通ると常に挨拶が交わされ、

そのたびに店主は手を挙げて答えていらっしゃいました。


これは、非常に大事な事、大切な事ですよね。


IMG_3302.jpg




ただ、商店街としての盛り上がりは「欠けている」現状にあるのも、

確かです。


この「恵通」さん店主のように、「元気な町」である必要があります。



少なからず「外からの盛り上げに期待」していたり、

「誰かがやるのを待っている」というような状態で、

本来、積極的に動かなくてはならない「商売」を、

「待ち」か「現状維持」で行っている商売人が、

少なからずいらっしゃるようです。



これは、取材をしても正直感じられる現実です。



IMG_3295.jpg



この「のれん」1つとっても、

お金はかかるモノではありますが、「華やか」に見えます。



この「のれん」だけで、「町が賑やかに見える」現状があります。


この暖簾についてはお伺いしませんでしたが、

おそらく「店」の営業努力だけで暖簾を出している訳ではない

ような気がしました。



今の若い方は、「商店」というものに中々入らないと思います。


入りたいと思っているけど、勇気が・・というような事も

あるかも知れませんね。



ただ、商店街の商店は、「商品より大切なモノ」が見つかる事も

多いです。


「コミュニケーション」だったり「人との出会い・つきあい」で

あったりと、大型ショップにはないものがあります。



この恵通さんの店主は、人生相談も乗ってくれるような、

気さくな良い方ですよ。


近々、取材班はまた行きます♪

そう思わせてくれる方でした♪



住みやすい街は、その周りの住人が作るモノでもあります。


その意識が必要ですよ♪



みなさん、

八木山の 薬局・花屋・クリーニング屋 「恵通薬局」さんに、ぜひ!!



IMG_3289.jpg



今回は、「恵通薬局」さんからお送りしました。




★★★

posted by 八木山取材班 at 19:07| 宮城 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 八木山の 買い物 (食品・雑貨・用品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
近辺の方々に お聞きになってみては いかがかと
恵通の ご主人の ”実話”を
Posted by 青山住人 at 2012年03月19日 22:58
現在では色々と伺っているので把握しているつもりでおります。
記事内容も含めて、その「実話」の裏付けを取りますので、
右上のメールにてお願い致します。
Posted by 八木山取材班 at 2012年03月20日 05:14
大変お騒がせ致しました
中傷誹謗を思わせるようなコメント取り消します
ただ”スゴイ方です ”ご主人は
               青山住人
Posted by at 2012年03月20日 22:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/163933030
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック