2010年10月29日

八木山エリアは 住みやすいのか?

★★★



エリア地図.jpg


・水色:八木山エリア ・緑色:仙台市街地 ・赤色:長町/富沢エリア

・紫色:河原町エリア




八木山エリアにずっと住んでいる方は、

愛着などもあって「良いところ」と感じている方は多いと思います。


「住めば都」とは言ったモノですが、

どの街に住んでも、慣れれば普通に住めると思います。

もちろん、例外もあると思いますが。



今後、発展していく場所の代表的場所で、

「長町・富沢エリア」があります。


IMG_3483.jpg

地下鉄南北線・富沢駅周辺 都市計画道路「郡山折立線」




富沢駅周辺では、周辺開発が一気に進んでいる風景があります。

写真の都市計画道路「郡山折立線」、富沢駅界隈では

この通りの道路整備が進んでおり、

八木山南のグリーンベルト付近に繋がることになります。



太白区では、この界隈がかなり注目されている立地になっており、

「長町は高いけど、富沢なら・・」という点が

大きいのでしょう。



一方、長町エリアでも、「あすと長町」の開発。


先日「ゼビオ」さんが「ハコ」とスポーツジムなどの施設で

平成12年完成予定で進出する事になったようですね。




そして「仙台市中心街」。


「中心街離れ」が以前から加速している状況がありますが、

それでも「仙台の中心部」ですので、

「利用せざるを得ない場所」であることも確かだと思います。




「八木山エリア」は、どうでしょう。


取材班、個人的な考えではありますが、

地図を見ても分かると思いますが、

「山」という立地ではありますが、

「発展している、2つのエリアの真ん中にある」

という事実です。


同じく、とちらのエリアにも行きやすい場所で、

「河原町エリア」もありますね。


平地と山の違いはありますが、

「長町・富沢エリア」と「仙台市中心部」の

『どちらにも行きやすい立地にある街』が、

「八木山エリア」と「河原町」エリアということです。



八木山エリアに関しては、

ご存じの通り、長町エリア方面に、

大きい「都市計画道路」が少なくとも「2本」今後開通予定に

なっています。


中心部には、地下鉄東西線です。



これをどう見るか、これから家を買おう、引っ越そうと思っている、

あなた次第です♪



今月、平成12年をメドに、泉中央駅に隣接する

「イトーヨーカドー泉店 」さんが閉店するという

衝撃的なニュースが飛び込んできましたね。


1992年に開店したヨーカードーさんは、

現在、ピーク時の半分の売り上げだそうです。


仙台市中心部の次に発展していた「泉区中心部」ですが、

「地下鉄南北線」があっても、

この状態です。



個人消費の低迷と、他社郊外店との競争激化とのことですが、

「つぶし合い」という言葉がピッタリ。


「仙台市民」は最初の盛り上がりはドカンと来るのですが、

持続しないんですよね・・。


目移りしやすいというのか、飽きやすいというのか・・。





★★★




posted by 八木山取材班 at 21:08| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はやっぱり住みやすいと思う人間ですが、住みやすいかどうかは個人によるのでしょうね。

現在の職場に、仙台生まれで仙台育ちの同僚がおりますが、彼に私が八木山に住んでいたと教えた時、「えぇ?あんな寒いところでよく暮らしていたね?」と言われました。

まー誰に何と言われようとも、八木山が私には一番暮らしやすい街です(笑)
Posted by 元八木山人 at 2010年10月30日 15:49
「郷土愛」というような言葉がありますが、
住み慣れてしまうと回りが思うほど
短所のように感じてはいないモノですよね。

買い物などは、少し不便な部分もありますが、
「地域の団結力」や「安全面」など、
目には見えない部分など、他のエリアにはない
魅力もあると思います。


よく「マンションを買う」「一軒家を買う」という
パターンがあると思いますが、
一軒家に住み慣れた人は、マンションを買うという事は
「理解できない」と考えている人も多いですよね?

そういうものと同じような感覚で、
「よく寒い八木山で・・」
という感じになるのでしょうね(^_^;)

Posted by 八木山取材班 at 2010年10月30日 17:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。