2010年11月25日

八木山の地域病院  循環器・内科・小児科 「めざきクリニック」

★★★




このサイトを運営していくと、

「取材しにくい」ジャンルが実際にあります。


それは、「お忙しい」という理由です。


そしてインターネットに縁がない場所に関しては、

「お断りされる」事が多い実情もあります。

それでも2.3回、足を運ばせて頂いて、

了解を頂く場所も多いです。



このサイトで、多くを掲載した方が良いと思っているジャンルに

「病院」があります。


実際、あまり増えていない現状がありますが、

「ホームページ」を出されている病院が無く、

リンクが出来ないので取材しなくてはならず、

その取材先が、「多忙で出来ない」という事も多いのです・・。


飲食店などの客商売ですと、お客がいる時に入れないですし。。



リンクさせて頂いている

循環器・内科・小児科 の「めざきクリニック」 さんが

ありますが、当初の記事であまりにもアッサリさせてしまったので、

改めてご紹介します。


循環器・内科・小児科

「めざきクリニック」 さんです。


↑ ホームページへ飛びます。


IMG_3944.JPG





「めざきクリニック」

循環器科・内科一般・小児科


午前 9:00〜12:00  午後 15:00〜19:00

休診日 木・土曜の午後・日曜・祝日


設立 平成20年10月1日

〒982−0801
仙台市太白区八木山本町1−12−1

Tel:022−229−1118
fax:022−229−1119



先日、取材班は「季節風・新型のインフルエンザ注射」で

お世話になってきました。



この「めざきクリニック」さんは、正直いつも混んでいます。


やはり理由がありまして、

地域ならではの「口コミで広まった」という病院です。


待合室の院内は、地域の病院の平均クラスの広さを持ちますが、

「温かい病院」なんですね。



待合室では「小児科」があることから、

子供を連れた「お母さん」方が多いのですが、

ちょうどこの時期は「新型インフルエンザ」の予防接種も

あることから、さらに混雑しています。


「お母さん同士」が、「井戸端会議」じゃないですけど、

この場でコミュニケーションしている光景が多く見られ、

「病院の待合室」の感じがしないのです。



この記事だけ見れば

「具合が悪い人からとっては、うるさいだけじゃない」と

思うでしょうが、

「これが、地域病院なのではないか」と思うのです。



取材班は、「ワンピース」のマンガを読んでいましたが(^_^;)



お母さん方がコミュニケーションを取るのも、

「この院内の、雰囲気の温かさ」が

確実に繁栄されている気がします。


「冷たい雰囲気」では、

具合が悪くて病院に来て、ドンドン悪くなる気分になっては

いけないですよね?



これは、院内にいる多くいる看護師さんの力も大きい気がしました。

「人が、院内をあたたかくする」というパターンです。



病院で「写真を撮れない」ので申し訳ないですが、

写真でも伝わりにくい「雰囲気の あたたかさ」を持つ病院です。




そして口コミで広がるのが、「院長の腕」なのでしょう。

「助けられた」という声が、あちこちで聞かれます。



循環器科が入っていますが、

おもに心臓病や血管の病気の専門科です。

高血圧、糖尿病、喫煙習慣、高脂血症などの

「循環器疾患のリスクの大きい人」は、

定期的に循環器科の診察と指導を受けると無難です。



循環器科は、「循環器内科」と「循環器外科」に分かれます。

循環器の疾患が疑われたら、まず「循環器内科」で総合診断を行います。 


診断の結果、薬物療法中心の治療や、

「カテーテル」を使った侵襲の小さな手術までなら循環器内科で治療します。


つまりここ「めざき内科クリニック」で行うことが出来ます。

カテーテルが可能です。


20年前なら循環器内科で診断し、外科で手術したようですが、

病変まではカテーテルで行う手術が発達して

内科での手術が増えているようです。


心臓のエコーも完備していて、

八木山付近では心臓エコーを持っている地域病院はあまりないはずです。


そこでやばいとなったら、

めざき院長が以前いた、心臓を得意とする「仙台厚生病院」などに

救急車で運び、治療・手術されることになります。


開胸手術や動脈瘤・静脈瘤の手術のような大きな手術は、

「循環器外科」で行うことになります。




その口コミは、「院長の人柄」もあるようですね。


でもこれは大切なことです。


患者側の私たちが、「色々なことを伝えにくい先生」なら

それこそ大変ですよね。


「人は、人でしか癒されない」という言葉もありますが、

お医者さんの言葉1つだけでも、安心できることもあります。




先生や看護師さんなどの、

「人で離れていく病院」は、実際に多くあります。


それは、病院に限らず「客商売」も同じ事ですね。



「客」「地域の人」は、結構シビアなんです。



それなのに「地域のせい」にして病院等を閉めるという

パターンも、実際多いようなんです。


まずは「人」なんです。

地域に根付くなら、なおさらです。



客商売している方は、大丈夫でしょうか?




「あたたかい病院」と文章で伝えていますが、

イメージしていただければ、

「この言葉だけで十分」ではないでしょうか。



めざきクリニックさんの事に関しては、

ホームページをご覧下さい。


サイトから「来院予約」も出来るようになっています。





IMG_3943.JPG




循環器・内科・小児科 「めざきクリニック」さんから、お送りしました。




★★★
posted by 八木山取材班 at 19:32| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 八木山の 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/170659522
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック