2011年02月21日

八木山南エリア 着々と進行中♪ 「郡山折立線」

★★★







IMG_5637.jpg

<平成23年2月>



仙台市の都市計画道路「郡山折立線」。




ひより台・太白団地エリア側に架かる「ひより台の橋」も含め、

昭和40年代前半の宅地造成の波に乗って計画されていた

「都市計画道路」が、

40年以上を経過して実施された区画です。



この「計画」をアテにして「住宅」を購入した世帯は

かなり多い現実があります。


八木山エリアより、

太白団地側や、モノレール計画での茂庭台団地などの方が、

ダメージはあったと思います。



「予定は未定」という格言のようなものもありますが、

振り回されているのは「地域住民」だったりする訳です。






先日、仙台市議会議員の通信簿、議員の評価なるものが、

「議会ウオッチャー・仙台」   から発表されましたね。

  ↑ クリック



低評価の点数に対して予想通りだったのか、

「裏切られた」と思った方は意外に少なく、

議員報酬の1000万近い金額に驚いた人の方が多かったとか・・。



まぁ、確かに「議会ウオッチャー・仙台」というものが設立された段階で、

不信感が大いにあったので設立されたんでしょう。


「本会議だけの態度で評価される事に憤慨」している議員の方も多いそうですが、

学生さんが「学校内で不真面目でも、外に出ればマジメです。」っていう、

「先生に言っている言い訳」のような事を、いい大人がカマしてるんじゃねーよと、

そう感じてしまいます。


学校の先生からしてみれば「居眠り」などは、

ベスト3に入れて良いほど「腹立つ態度」ですしね、

社会人として、民間会社ならクビでしょう。




IMG_5636.jpg




「郡山折立線」に関しては、ご覧の通り工事は真っ最中。


こうしてみると、このあたりも「スカーン」と抜けた景色が

かなり広がっていますね。


現状で、国道286号線に連結させるための工事として

進捗していますが、

現在、鈎取寺(こうしゅじ)さんの方で、お墓の移動も進んでいるようです。


この道路の沿線上に位置していましたので、

お寺の方でも墓移動に関しての供養などでバタバタしているそうです。



IMG_5638.jpg




道幅も含め歩道も広いですね、さすがに。


「郡山エリア」と「折立エリア」を結ぶ都市計画道路ですので、

果たして「折立エリア」はいつになるのでしょう。



IMG_5639.jpg




逆サイドは、手つかずの状態です。



地下鉄よりも、道路が出来る事の方が歓迎と思っている人の方が

多いというデータもあります。


クルマ社会を脱していないのが仙台の特長でもありますし。



「高齢化世帯」が急増している八木山エリアに、

「その息子・娘たち」が「八木山で同居」する形が成立するということは、

人それぞれですが、ある意味「理想型」なんだと思います。


親孝行でもあるのでしょうし。


その理想型に近づく形に向かわせるならば、

やはり「必需品はクルマ」という事になるのだと思います。




この「郡山折立線」は、

いずれ「富沢エリアのグリーンベルト」と連結状態になりますが、

中央分離帯のグリーンベルトにはなるんでしょうかね・・?



現状では「グリーン」の面影か見えてきませんね。



引き続き、都市計画道路は取材していきますよ♪





★★★



posted by 八木山取材班 at 06:17| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 八木山の 施設/交通/教育機関等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。