2011年05月26日

仙台市 八木山からの 「蜃気楼」のように見える景色

★★★





映像や写真を撮影していると、

知らず知らずに「何かが映り込んでいた」という事があります。


それは、時に・・「怖いモノ」だとしても(^_^;)


今回は、取材班がこのサイトで使用するための写真で、

後から「ある事に気づいた」写真をご紹介します。





IMG_1973.jpg




八木山エリアからは、ご存じ「太平洋側」が一望出来ます。



宮城県の立地は「牡鹿半島から、陸側にグイッと凹んでいる」ような

形になっているため、八木山エリアから見える太平洋は、

「水平線からの海の面積が、北側のほうが広く見えて」、

「南側の海の面積は、だんだん狭くなって見える」

という風景が広がっています。



そして昨年の春頃に、

「名取市」「岩沼市」側を撮影した写真です。


「仙台空港」から、やや南側ですので、

海側の大半は「岩沼市」です。


下の写真では「日本製紙・岩沼工場」が見えますね。



IMG_1976.jpg

IMG_1977.jpg



<写真は、2度クリックすると拡大します>



この時は、「風景」を撮影していただけです。

上の写真に「横の水色のライン」を引きましたが、

「水平線」のラインです。


で、後から気づいたのが「矢印」の部分です。


うっすらと、水平線の上に「何かの煙突がある、工場」が見える事に

気づいた取材班です。


最初は「こんな大きな工場、あったかな・・?」と思いましたが、

近くに「仙台空港」もあるため、

よくよく考えると

「仙台空港の付近に、あんな大きな建物が許可されるか??」と

思いました。


ここまで大きいと「航空法」も絡んでくるでしょうから、

「夜間に赤い灯火」も必要だろうと思いました。


しかし夜間、その位置に赤い灯火を見ることは出来ません。



「もしかして、大きな作業船?」と思いましたが、

それもどうやら、違うようです。


しかも、視界の問題もありますが、

「見える時と見えない時がある」ことに気づきました。




そして、昨年の12月の年末、

「やたら見えた日」が到来したのです。



それが、下記の写真です。


IMG_0375.jpg




「日本製紙・岩沼工場」が写真の右側に見えますね。


そこから北側の、写真の左側。


位置的には「県南浄化センター」の付近かと思います。


写真では切れていますが、

その左側には仙台空港があります。



IMG_0371.jpg





「あ、蜃気楼か??」

と思ったのが、この時でしたね。


矢印の場所、「陸と海の境目」がここなんですね。



このあたりは「岩沼海浜緑地」などがあり、「鳥の海」なども含め、

今回の東日本大震災で、多大なる被害が出た海岸エリアです。


高台のような山があるように見えますが、

そんなものはありません。

これが仮にあったら、「津波をだいぶ防いだ」形になるでしょう。



IMG_0376.jpg





ただ、「蜃気楼」というものに、自信が無くなった写真が上です。


「煙突のようなモノの先端が、太陽光か何かに反射して光った」

んですね。

「蜃気楼って、光るの?」

というパターンです。



取材班、「蜃気楼」といものを見たことがないので、

これがそうなのかは分からない訳です(^_^;)

こんなにハッキリ見えるのかも不明です・・。


ただ、「立地的に、明らかにおかしい」のも事実なんですね。

この工場みたいな場所の立地は「海の位置」のはずなんですが・・。



地図で見ても、そういう場所は無いですし。。



「写真合成」を疑う方もいるかも知れませんが、

合成ではないですよ(^_^;)

そんなの、記事にしませんし。




IMG_0371-1.jpg




写真を、グッと寄ってみました。 画質は荒れてしまいますが。


これ、何でしょう??


作業船??  

いやいや、まわりには木々も見えるし、アンテナらしきモノも。。


陸にある、何かの工場??


やはり、蜃気楼??




蜃気楼は、富山湾などで見ることが出来ますが、

大気中の温度差(=密度差)によって光が屈折を起こし、

遠方の風景などが伸びたり反転した虚像が現れる現象と言われてます。


うーん。。。八木山から見える事って、あるのでしょうか・・。




情報、お待ちしておりますm(_ _)m






追記:


早速、観覧者の方から情報を頂きました。


煙突のようなモノは、相馬の松川浦付近にある

「相馬共同火力の新地火力発電所」、

アンテナのようなモノは「東北電力の原町火力発電所」とのことです!



実際写真も頂戴して、確認しましたら、

「形は同じ」でした。


情報ありがとうございますm(_ _)m


八木山のエリアから、場所によってそこまで見えるそうですね!

長年住んでいて、気づきませんでした取材班。。



位置関係を確認すると、

新地火力発電所は、「松川浦」付近にあります。



海の向こうに見えたのは、

ちょうど撮影位置から、

「岩沼市に見えた、この蜃気楼のような工場」のあたりから、

その海の向こう側に、「松川浦エリア」が存在するんですね。


亘理の山元町あたりで、仙台湾が弓なりになっていて、

海の向こうに陸地が見えることになるようです。



海に浮かぶように見えたのは、このためですね(^^)/

すっきりしました! 記事にしてみて良かったです(^^)/


みなさん、八木山エリアから「相馬市 松川浦エリア」まで

見えるようです♪

ただ、天候がビシッとした日、空気が澄んでいる日に限りますけど。。




情報、ありがとうございました!





★★★


posted by 八木山取材班 at 17:53| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。