2011年06月22日

八木山エリア 「松ヶ丘1号線」 通行止め続く

★★★




東日本大震災の影響で、八木山エリア内・その周辺で「通行止め」が

続いている道路は大きく5箇所あります。


「青葉城址ルート」
「松ヶ丘1号線」
「緑ヶ丘4丁目5号線」 
「恵和町7号線」
「長町恵通3号線」


です。



その1箇所の「松ヶ丘1号線」。



IMG_5814.jpg

<平成23年3月12日 撮影>



「松ヶ丘1号線」という呼び方をしている方は、

あまりいないのではと思いますが、

「役所」が命名している通り名です。



この道は、青山・緑ヶ丘方面に抜ける本道でもあり、

動物公園方面から下ると、必ずといって良いほど

通過する道ではないかと思います。



IMG_1171.jpg




「甘辛弁当」さんの前の道路、

この道も「松ヶ丘1号線」になります。



ボーッとして通ってしまうと、

「通行止め」になっていることを忘れ、「あっ・・!」となって

しまう方、今でも多いのではないかと思います。



IMG_1166.jpg




現在でも「通行止め」が続いています。


この左側にあるアパートは、問題がないようですが、

「土のう」でブロックを押さえつけてありました。


IMG_1168.jpg

IMG_1169.jpg




このアパート側に押される可能性が高いための処置ですが、

この修復が、現状でもあまり進んでいないご様子です。

松ヶ丘住宅の一角のため「抜け道」が多いこともあってか、

「後回し」の雰囲気を醸し出しています。


アパートには問題はありません。

ここからの眺めは、上記写真の通り「絶景」なんですよね。



IMG_1165.jpg

IMG_1164.jpg




ご覧の通り、危険な箇所は一部になっていて、

普通の風景が広がっていますが、

車を通すことで、崩落の危険性を広げたくないための処置でも

あるのでしょう。



IMG_1163.jpg




一番酷い状態になっているのが、

一番上の写真の箇所で、現在はブルーシートに覆われています。



崩落・陥没防止の工事をする必要はあるのではと思いますが、

アスファルトを敷き詰めて「終了」という感じで

終われるものなのかは、素人取材班には不明です。



昔は「松が丘」、現在は「松ヶ丘」と漢字が変化したこの地域は、

青山方面からの宅地造成でビシッと形造られた住宅地です。


上から見ると、八木山エリアでもそう多くない「形が整った住宅」

なんですよね。


今回の震災では、比較的「道路隆起・陥没」もチラホラ見られましたが、

八木山小学校・幼稚園等も近く、平らに造成された立地ということもあり、

八木山エリアでも人気の立地場所の1つです。


バス路線の立地でもありますが、コンビニなどが遠いという弱点は

少しあるでしょうか。


現在では、いつもの松ヶ丘エリアが広がっています。





★★★


posted by 八木山取材班 at 18:07| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。