2011年07月16日

「郡山折立線」 2011.7.14 の現況

★★★




八木山南エリア・鈎取エリアを走る

都市計画道路「郡山折立線」。



IMG_7488.jpg




震災の影響で緊急ストップした現状がありましたが、

そう大きくは動いていません。

「工程表」がどうなっているのか、取材班が

ちょっと把握していない現状がありまして・・。



IMG_7494.jpg




現在、「鈎取寺〜こうしゅじ〜」さんの「墓の移動」は

大半が完了しているようです。

取材班の親戚がこちらなもので、供養等もしっかり行った上で、

移動になりました。



IMG_7495.jpg





八木山動物公園方面から降りてくる車両は、

現在までは、今までのセブンイレブン前の交差点を曲がる

車両が大半ですが、

この道が完全に出来上がると、車両の大半はこちらに流れる

可能性が大きいでしょう。


「グリーンベルト」と呼ばれていますが、

両脇の植栽等は本格的に行われていません。


「見晴らし」という面を考えると、

このままの方が気持ちいい感じもしますね。


何となく「ショッピングセンター」関連の

大手商業施設が出来る可能性もありますね。

「この感じの立地」には、

至る所に出店されている場所を多く見ます。


その土地の「オリジナル性」には欠けますが、

この付近にもし出来るとすると、

八木山エリア付近の顧客の大半が流れてくる可能性は

大いに高いです。


見方を変えれば「求めている」住民も多いのでは

ないかと思います。


八木山エリアでこういうものが出来る可能性が高い立地は、

おそらくこの付近でしょう。



IMG_7490.jpg





次回記事は、「被災地」です。

今日の記事は、次回の前フリのようになってしまいますが、

「未来の発展」見据える「まちづくり」が、

今の八木山では考えることが出来ますが、

津波被害を受けた地域は、

「発展」を考える現状は、まだ出来ません。

「戻す」という意味合いが強いでしょう。


外部の全くその土地に関わりがない人からは、

「全く新しい街に」という発想が必ず出ます。


でも、それをこれまで住んでいた方がどう思うかです。



もし、私たちの住む街が何もなくなってしまったら・・



そう想像した時、私たちは今後をどう考えるでしょうか。





★★★



posted by 八木山取材班 at 22:40| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。