2011年07月25日

八木山エリアの「お花屋」「お花教室」  おはな&だがし「おひさま」

★★★





先週からの連載・後半です。



「長嶺エリア」に、今年5月15日にオープンした

駄菓子のお店としてご紹介したお店「おひさま」。


「おひさま」には、もうひとつの顔が存在します。


それが、


「お花屋&お花教室 の おひさま」 です。


IMG_7621.jpg



お花・生け花&駄菓子屋 「おひさま」


営業時間

10:00〜19:00

定休日 毎週・日曜日 / 第4・月曜日


★花・生け花・お花教室・子供教室・ブーケ・フラワーアレンジ

★駄菓子屋

★冠婚葬祭等の花 取り扱い

★駄菓子の配達 承ります


〒982-0847
仙台市太白区長嶺15−5

問い合わせ電話 090−5593−9183<担当・八重嶋>





「おひさま」のお花教室、「3つのコース」が用意されています。


『生け花』『フラワーアレンジメント』『子供教室』です。



『生け花』は、

仙台を本拠地として伊達藩と深い関わりを持つ、

「本原遠州流」の生け花教室です。

江戸時代に本原遠州流と呼ばれ、江戸の下町に広く流布されており、

幕末に仙台・京都・四国に散り、流祖の門弟・仙台藩の松本一草氏が

藩の手厚い加護の元に奥州両国学所を設立、

「本原遠州流」の普及に努めたそうです。


伝統的な日本芸術である「生け花」を、

楽しみながら学ぶことができます。


「免許取得」「師範取得」も可能で、

はさみの使い方から花の切り方に至まで、

基礎からしっかりと学べるそうです。


月謝 3000円 *別途 花代

おけいこ日

木曜日 19:00〜 / 土曜日 13:00〜




『フラワーアレンジメント』は、

美しい花をたくさん集めてより美しくする手法ですね。

アレンジする人の気持ちが出るのも、

「フラワーアレンジの醍醐味」でしょうか。


季節の移り変わりを感じながら、

クリスマスやお正月などのイベントにも、

しっかり対応してくれるカリキュラムだそうです♪


「男性のための生け花&アレンジ」も用意してあるそうです。


月謝 3000円 *別途 花代

おけいこ日

土曜日 13:00〜




「子供教室」は、

キッズ向けのフラワー教室で、

農林水産省が奨めている「花育」を取り入れています。


「花育」は、「はなとなかよく」をテーマにした、

花を通じた楽しい体験と学びのプログラムです。

小さい頃から花に関する知識を習得して、

理解を深めて心を豊かにしようという活動です。



絵本の読み聞かせ、四季折々の伝統的な行事を入れたカリキュラム、

ご家族で参加して頂けるイベントなど「子供の五感」を大切にした

レッスンです。


花とのふれあいを通して、心に安らぎや両親と子供の会話も弾み、

家族の絆も深まりますね。


月謝 2000円 *別途 花代

おけいこ日

水曜日 15:00〜

土曜日 10:00〜





*上記以外のお稽古日や時間などは、

相談に応じて頂けますので、ご連絡下さい♪




IMG_7577.jpg




八木山エリアにも、習字などの「教室」は結構ありまして、

現状では紹介していませんでしたが、

一発目の「教室」が「お花」でしたね。



「おひさま」では、『冠婚葬祭等の花』の取り扱いも

ありますので、ぜひ!という感じです。


結婚式に欠かせない「花」は、

「ブーケ」がありますね。

花嫁さんは、ずっと持ち続けているものです。


そして「次に幸せになるように」と引き継がれる

「ブーケ・トス」。

「両親への花束」など、冠婚葬祭では「花」がたくさんです。

これらも、ご相談下さいね♪

色々と相談に乗ってくれますよ♪

特に女性で結婚する方、「ホテル等の結婚式」では

「花屋さんにお任せ」というパターンが大半ですのでね、

お花はこだわりたい! と思っている方はオススメですよ♪



IMG_7730.jpg

IMG_7852.jpg

<イメージ写真 *「おひさま」には関係ありません>



お店の方でも「お花」を販売していますので、

「おはな&だがし」のお店の「おひさま」です♪


前回の「駄菓子編」でもお伝えした通り、

「子供のふれあい」の多いお店ですので、

良い場所が出来ましたね。


IMG_7570.jpg




農林水産省が奨めている「花育」は、

取材班も知りませんでしたが、

「おー、いいね、こういうのは」と思いましたね。


小さい頃から花に関する知識を習得して、

理解を深めて心を豊かにしようというのは、

大変良いことじゃないですか♪


「花言葉」もあったり、何より「植物」も

生きていますので、「必ず、いつか枯れてしまう」という

事でも、色々と学べることが多いですよね。



IMG_7590.jpg

IMG_7559.jpg




前職で、幼稚園・保育園で働いていた方々ですので、

子供さんの接し方はプロですし、

取材中も「さすが」と思って見ていました。


駄菓子を食べたゴミを捨てるのも、

「プラ/燃えないゴミ」も、しっかり教えていましたね。

言うこと聞かない子供もいましたが(^_^;)


こういう事も「この場所の大きな存在意味」と思います。



そして「お花教室」も含めて、

このお店の方向性に掲げられている

『ほっと一息付ける、綺麗なお花と、懐かしい駄菓子に癒されて』


そんなお店を目指している「おひさま」です。


みなさん、ぜひ!!



IMG_7555.jpg




駄菓子のお店、そして、

お花屋&お花教室 の 「おひさま」からお送りしました。




★★★

posted by 八木山取材班 at 19:22| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 八木山の 施設/交通/教育機関等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/216661588
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック