2011年10月03日

八木山の 司法書士/社会保険労務士  「草野司法労務総合事務所」

★★★




皆さんは、

「司法書士」とはご存じですか?

「行政書士」は??
「社会保険労務士」は?
「弁護士」?
「代議士」?

このお仕事の方に、お世話になったことがありますか?
最後に「〜士」という「士」の文字が入っています。

つまりは「人」です。

例えば「司法書士」。

日本だけではないですが、
国や自治体を相手にした「手続き」をしようとした時に、
「書類・書類」「手続き」「手続き」の嵐になります(^_^;)

私たちの依頼を受けて、法律に関する手続き等、
審査請求手続き等、私たちの代理で行ってくれる人、
これが「司法書士」の仕事です。

「司法に関するものを、
代理して書いて手続きしてくれる人」です。

裁判所・検察庁・法務局に提出する書類、様々ありますが、
民事訴訟法の訴状・答弁書・準備書面・控訴状、
支払督促手続申立書など、
依頼者に代わって作成・手続きをして頂けます。


今年の震災で、
不動産に関わる手続きをしなくてはならない方も
多いのではと思います。

相続放棄も含め、素人の私たちが「どんな手続きが必要か」、
「どこに出さなくてはならないのか」、
分からなかったりしますよね?

本来は、
「私たちも知っていなくてはならないもの」でもありますが、
そうも行かない私たちの日常生活です。

正直、何事もない生活をしていたら、
今までお付き合いのない方々ではないかと、
「何かあった時に、絶対に必要」の職業なんです。

それは「私たちが、法律全てを分からないから」です。

何かあった時に、「法律の上に乗って生活する日本」では、
生活が出来なくなる危険性だってあるからです。

取材班がタマに記載する
「知らないと損をすることが多い、日本という国」も、
その1つです。

知っていたら「国から受給されるはずのお金」を
知らなかった故に、貰わないで過ごしていたという
パターンもあるわけです。

恐らく今回の震災関連で、
そういったものを必要とした方々も多いのではないでしょうか。


そしてこれらの件に関する、
八木山放送局Net「初カテゴリー」のご紹介です。


司法書士・社会保険労務士

「草野司法労務総合事務所」 さんです。




IMG_9470.jpg




「草野司法労務総合事務所」


相談時間:いつでも


不動産登記・商業登記・法律相談・裁判関係・労働保険・

社会保険・高圧ガス・自動車レース公認審判員等

〒982-0802
仙台市太白区八木山東一丁目19番11-2号
TEL 022-243-0630
FAX 022-743-3252



「草野司法労務総合事務所」様より取材許可を頂きました。
右のカテゴリーに追加致します。 ありがとうございました。



取材班が会社を起ち上げた時、
草野さんではないですが「行政書士/司法書士」の方に
お世話になりました。

「会社登記」というものですね。

会社設立に関する「登記の仕方」は、自分でも調べて知識は
あったのですが、
単純に言えば、「手続きがメンドーくさ〜い」訳です(>_<)

会社設立は、1時間くらいで終わるような手続きでもないですし、
数週間かかるんです。

知識も完全ではないので余計に面倒と感じ、
色々考えると「出口の見えないトンネルの中にいる」感覚も
リアルに出てきます。

それ以上に「会社設立」の準備がバタバタするので、
「法律関係に、手を回す時間がもったいない」とも
感じてしまいます。


会社設立で、国などに支払わなくてはならない費用は
20万ほどかかるのですが、それ以外に「法人印」とか
色々かかる中で、さらに「行政書士/司法書士」に依頼した
「手続きに関する費用」を支払います。

すべてコミコミで30万くらいになるでしょうか。

そして、めでたく「会社設立」になります。

設立に関しては、しこたま「書類の嵐」になっていまして、
「定款」といって、
会社のルール書のようなものを作成しなくては
ならなかったり、法務局に申請したりと、まぁ色々あるんです。

これを自分で手続きを行おうとすると、
自信を持って「フラフラ」になります。

こういう手続きを代行して行ってくれる方が、
「行政書士/司法書士」の方々です。



IMG_9476.jpg




震災関連でも「助け船」になっている機関、

日本司法支援センター「法テラス」



「借金」「離婚」「相続」・・・さまざまな法的トラブルを
抱えてしまった時に、
「だれに相談すればいいの?」「どんな解決方法があるの?」と、
わからない事の問題解決への「道案内」をする機関が、
「法テラス」です。


総合法律支援法に基づき、平成18年4月10日に設立された、
法務省所管の公的な法人、
それが、日本司法支援センター、愛称・法テラス。

「草野司法労務総合事務所」は、
この「法テラス」に登録されている司法書士さんです。



IMG_9461.jpg





草野さんは「東北大学法学部」を卒業されていて、
司法書士の資格を取る前に、
「社会保険労務士」の資格を取っていらっしゃったそうです。


今の「草野司法労務総合事務所」は、
平成14年6月、八木山・大塒エリアで
根付いていらっしゃいましたが、
2015年に八木山東エリアに移転しております。


「社会保険労務士」とは、
会社を経営して行く上での
労務管理・社会保険に関する相談・指導を
行う事を職業とする為の資格です。


会社企業が特に必要としますね、社会保険労務士は。
人事労務と社会保険のプロフェッショナルです。


私たちは、普段の生活をしていると、
「失業」「労働災害」「出産による休職」「老後の生活」
など人々を脅かす要因は数多くありますね。


今回の大震災でもそうです。

八木山エリアの高齢化に関することも、その一つです。

日本は、それに関わる法律が敷かれていて、
・労働者を保護する「労働基準法」
・失業者を救う「雇用保険法」
・健康を害した人の生活を守る「健康保険法」
・老齢者の退職後を保障する「国民年金法・厚生年金法」
等があります。


これらの法律に定められている通りに国へ請求すれば、
国から生活保障が受けられます。

しかし私たちは、この社会保障制度に対して、
どれだけの正確な知識をもっているのでしょうか。

こういうモノに対する相談・手続き等を行ってくれるプロが、
「社会保険労務士」です。



IMG_9469.jpg





しっかりですね、八木山エリアにも
「司法」に関する相談や手続き代行をしてくれる方が、
ビシッと在中しているわけですね(^^)/



「司法書士」という職業は、
「サービス業」と草野さんはおっしゃいます。

人間は「不安」という壁が前に立ちはだかると、
どうしていいのか分からなくなります。

誰かに相談したくなります。

一杯一杯になれば、「自殺願望」を抱く人もいます。

若い頃の恋愛1つにしても、
友達に相談するという事をした経験がある方も多いでしょう。

若さ故の未熟から、
「どうして良いか分からない」という状態で
友達に相談するんだと思います。


でも恋愛は、
誰しも経験している、するだろう経験の1つですので、
「当て外れ」だとしても「経験から相談に乗る」事が出来ます。

相談された側は、
真剣に親身になって相談に乗った経験がある方、
多いのではないでしょうか?

相談した方は、相談したことによって、
「出口の見えないトンネル」の先に「光が見える」事があるでしょう。


しかしこれが法律のことになると、
やはり「分からないモノは分からない」ため、
簡単には素人が相談に乗ることが出来ません。


私たちが友達・恋愛関係などで経験したように、
「法律関連の相談に乗ってくれる重要な人材」が、
司法書士/社会保険労務士です。


「悩む前に相談」とはよくいったものですが、
パニックするくらいなら、相談して下さい。

親身になって相談に乗ってくれます。



その相談役になってくれるサービス業、
司法書士/社会保険労務士「草野司法労務総合事務所」が
八木山にあります。



今回は、司法書士/社会保険労務士「草野司法労務総合事務所」から
お送りしました。





★★★
posted by 八木山取材班 at 18:26| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 八木山の 施設/交通/教育機関等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック