2011年10月12日

八木山橋 【渋滞】にご注意下さい

★★★




IMG_9501.jpg





一度お伝えしましたが、

9月中旬から11月末までの期間、

東日本大震災の影響で地盤沈下が起きた「八木山橋付近の道路修復」

を現在行っています。




100_0215.jpg




写真を見ての通り、中央分離帯にガードがあるために、

「24時間 片側交互通行」となっています。



先日取材班、帰りが「てっぺん付近」になった真夜中12時頃に

八木山橋を通過した時、

この八木山橋の上で、車両誘導の「棒振り」をしている警備員の方が

いまして、驚いてしまいました。


工事に警備員は「義務づけ」ですが、

仕事とはいえ「ご苦労様です!」と言いたくなってしまいました。

この季節、夜も寒くなってきますので、きつい仕事ですね。



100_0213.jpg





3月11日の震災。

その日の夜には通行止めになった八木山橋ルート。


誰しもというわけではないと思いますが、

「八木山橋が落ちたかも」と思った方も多かったと思います。


IMG_5968.jpg

<撮影:3月13日>



結果的には、橋付近の地盤が落ちるという状態には

なりましたが、段差の大きさが結構大きかったことが分かります。


車道はここまで大きくはありませんでしたが、

震災から2日後に立ち入った時、

車が通っていない八木山橋を初めて見た取材班は、

なにか新鮮さも感じていた気がします。



IMG_5969.jpg

<撮影:3月13日>



車道のど真ん中に立って、

撮影出来ることなんて、絶対出来ないことですので。



IMG_5973.jpg

<撮影:3月13日>



センターラインを沿うように、

上流側に道路が落ちたことが一目で分かる光景。


なんで綺麗にセンターラインを沿ったの?

と不思議にも思いましたが、

割れ目を当日に見た時は、結構深かった記憶があります。



IMG_5965.jpg

<撮影:3月13日>



バス停の「運休」を知らせる張り紙が、

八木山橋バス停に、2日後には張られていましたが、

交通局さん、仕事が早かったですね。





少しの間、不便ですが

「八木山橋付近 24時間 片側交互通行」 11月末まで。

周知お願い致します。




追記/

八木山エリアで、「バイク盗難/未遂」の報告がありました。


「多発傾向」にあるようです。


バイク・ロック等、盗難対策はしっかり行って下さい。


「パーツ取り」の危険もありますので、

しっかり対策を施して下さい。






★★★



posted by 八木山取材班 at 22:29| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日実家(名取のゆりが丘)に帰るのに通りましたが、かなり大規模に工事してましたね。

地震のせいで橋の前後に段差ができるのは、橋自体は地震でも壊れないように設計されている(橋を両端部で支えている台が頑丈に作られていて,橋桁自体もズレ落ちないよう対策がされている)のに対して、その周辺が弱いためです。弱い部分は沈下したり横にずれたりしますが、橋自体はそのまま残るので段差が生じてしまうのです。

あと道路の真ん中にひび割れができてしまうのは、ほとんどの道路は一車線ずつ舗装をするので、つなぎ目(打ち継ぎ目と言ってます)があるからなんです。

以上、土木豆知識でした。
Posted by のりまる at 2011年10月16日 01:50
コメントありがとうございますm(_ _)m

なるほど(^^)/ 一車線ずつ舗装しているんですね。
そのために車線に沿っていたんですか。

震災の日は、この出来た段差をクルマで通過して帰って
きましたが、クルマの下を擦るか擦らないかという規模の
段差のズレでした。
歩道の段差のズレの方が大きかったです。

上下線の両方の修復をやるような感じに見えますね。
今は上流側ですが、そのうち下流側になるんでしょう。

Posted by 八木山取材班 at 2011年10月17日 01:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。