2011年12月19日

八木山本町エリア 「日本一 標高の高い地下鉄」

★★★





平成27年度に開通予定の地下鉄東西線の「動物公園駅<仮>」は、

現状では「日本一」の称号が付く予定になっています。


地下鉄としては、日本で一番標高がある場所に駅が出来る

ということです。


その場所は「八木山本町1丁目」という住所になります。


今年の震災では、

「八木山動物公園」「八木山ベニーランド」が

全国放送に出るなど、今まではローカル的に有名だった場所が、

一時的だとしても全国に名前が出た平成23年でした。



sendai_02.jpg

資料/社団法人 日本鉄道建設業協会



社団法人 日本鉄道建設業協会様の資料をお借りして

見て頂きますと、

この標高・位置関係で地下鉄が来る八木山エリアですが、

広報次第ではピックアップされそうな地域でもあります。



地下を走る地下鉄で八木山に登り、

陸上に上がれば見晴らしがよいという「妙なギャップ」を、

どのように活かしていけるか、

今後の広報で流れが変わる気がします。


ローカルから全国区へ、

そんな地域へ変わるかも知れません。




八木山本町一丁目より(1967_1.jpg





昨日ご紹介した昭和41年の八木山本町エリアの写真でも

お分かりの通り、

山だった場所が一気に宅地へと変化し、

45年以上が経ちます。



cto-75-28_c11_32.jpg

昭和50年 国土交通省



この航空写真だけを見てしまうと、

本町のエリアにおける宅地開発が完了した頃には、

緑地の割合より、宅地割合の方が圧倒的に多いことが分かります。


実際は、上の方に緑はたくさんあります。

そして、時々感じます。


緑・自然が多いといわれる八木山地域に、取材班も住んでいますが、

朝鮮学校・青葉山方向を含むエリアを、

「活用していない」現状が未だにあります。


このエリアは、本町エリアではなく、長町越路エリアになりますが、

ここを活用しないのは「どうなの?」と感じてしまいます。


人が入ってはいけないエリアではありません。


自然を保護しなくてはならない地域ではありますが、

人が入ってはいけない地域ではありません。


本町エリアと隣り合っている地域ですが、

マメに立ち入る地域ではありません。


地下鉄が来るとPRしつつ、

役所も含めて、目をつぶって良いものか、

「日本一」という称号を持つことで、

なんらかの動きをしても良い頃ではないかと思います。





★★★




posted by 八木山取材班 at 23:46| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。