2012年02月06日

八木山エリア・恵和町で火災/全焼 【火事・火の元に注意!】

★★★



昨日の23時50分頃でしょうか。

八木山エリアに響き渡った消防車・救急車・パトカーのサイレン。


取材班は防音部屋の編集室にいましたが、

トイレに行こうと扉を開けたところ、サイレンが聞こえました。

「なんだ?」と思い、

当サイトの右にリンクしている「杜の都防災Web」を見ると、

「2012年02月05日23時44分頃 

 太白区青山2丁目で火災との通報で消防車が出場しています。」

の文字。 実際は「恵和町」でしたが、最初は青山と出ていました。


クルマに乗り、現場近くに向かっていると、

ものすごい数の消防車が付近を網羅していました。


P1000541.jpg

P1000544.jpg




この付近の火災ですので、

もちろん「太白消防署 八木山出張所」も出場していました。

片平・太白等から20台近くのポンプ車などが来ていました。

もちろん地元消防団も来ていました。



IMG_3342-1.jpg



現場は、「サンマリ青山店」向かいの、

「アート美容室」「やきにくやさん」の店舗が入る建物の

2階から出火していました。

4店が入店可能なテナント兼アパートです。

「やきにくやさん」は看板があるだけで、

現在は営業していなかったと思います。



IMG_3342.jpg

P1000552.jpg




後ろのアパートに住む住民の方に話を伺いましたが、

「焦げ臭い匂いが部屋の中に広がっていたので、

 家の中を回っても何でもなかった。

 けれども、この臭いは何・・? と思い、

 外に出てみたら騒がしかったので、驚きました。

 誰も住んでいなかったはずだから、漏電かしら・・」と言います。



P1000545.jpg




かなりの数の消防の方が、

素早く消火活動を行っていたのが印象的でした。



P1000557.jpg

P1000550.jpg




今月1日の「八木山交番だより 2月号」にも掲載しましたが、

今年に入っただけで、

『八木山エリアで、すでに火災が2件発生している』

と記載していましたが、これで3件目です。



火元の原因を取材しないで帰ってきてしまいました。

火の出方を見る限りでは、漏電か何かだと思いますが、

原因は不明です。 無人の場所からの出火です。

現場には、仙台市ガス局の方も来ていました。


放火でない事を祈りたいですが、

今回の火災の理由はどうあれ、

火災が起きれば、あらゆるものを失ってしまいます。


来月に入ると火災予防週間があるはずですが、

取材班の記憶では、八木山エリアでこんなに短期間に

連続して火災が起きたことは無かったと思います。


何の意味があるか分かりませんが、

こう連続してくると、書かざる得ません。


「八木山エリアの方々、

 火の元には十分注意して下さい」




P1000564.jpg




現場では道路封鎖が行われており、

青山エリアの、あの急な狭い登り坂でも、

消防車が4、5台、坂道で停車していました。


20台近くも来るのか・・と思いましたが、

住宅密集地、そして店舗。

何かあったら火が燃え広がる可能性が高いですので、

ここまでの数が来てくれるのでしょう。


ポンプ車からは、ホースが「消火栓」に連結され、

そこから火災現場に引っ張られていましたが、

ここ最近に降った雪が無くなっていて良かったです。

積雪があったら「消火栓が雪に埋まっている」状態だったので、

消火に時間がかかったかも知れません。


積雪の記事を出した時にも書いていますが、

実際にこれらの写真を見て頂くと「消火栓」の重要性が分かりますね。

縦横無尽に道路上にある消防のホースは、

皆さんの住む場所にある、ポンプ車のホースと「消火栓」が繋がって、

消火する水が出ているんです。



「消火栓に雪があった時は、消火栓の回りも雪をかく」

と言うこと、八木山エリアで徹底してお願いします。

ポンプ車が放水する主軸の水は、道路の消火栓から出ています。


P1000554.jpg




当サイトを開設してから火災現場には初めて遭遇しました。

動画も撮影していますが、これは保管しておきます。


現場を見ながら改めて感じましたが、消防の方は「命がけ」です。

消火しながら何かに引火して爆発することだってあり得る事です。

さらに警察の方は、道路で誘導していますし、

救急車だって現場に来ていました。


この時期は寒く、路面も凍結してしまいますが、

消防が水を放水したことで「道路に水」が広がってしまい、

それが原因で道路が凍結する恐れがあります。

そうしている中でも道路が凍らないように、

凍結防止剤をしっかり道路に撒いているのも印象的でした。


警察の方に関しては、背中に「兵庫県警」と書かれていました。

東日本大震災の救援が、現在でも続いているという事なのでしょう。

95年の阪神大震災で、被害が甚大だった兵庫県の警察の方々が、

今は仙台市に来てくれているんですね。


もし人為的ミスで火災を起こしてしまった場合、

消防・警察の方々は仕事ではありますけど、

これだけの人数に迷惑がかかってしまう事なんですね。


今回の火災は夜間でしたが、

これが朝方のラッシュ時、交通量の多い昼間だったりすれば、

道路封鎖が起こることで、近隣住民の方々に迷惑がかかります。

もちろん、隣近所にも大迷惑がかかります。


火事は怖いです。


何度も書きますが「火の元には、十分以上に注意して下さい。」



P1000569.jpg





★★★


posted by 八木山取材班 at 02:37| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 八木山の事件・火災等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。