2012年02月18日

八木山エリア 超・貴重写真 「八木山本町」

★★★



八木山エリア 2月18日 夜23時の状況

気温:−4.0℃  路面温度:−6.8℃  晴れ



本日、取材班は石巻市に行きましたが、

夜の気温は−6℃になっていて、かなり寒かったですね。


更新の時、その時の時間帯のものになりますが、

気温などを記載していこうかなと思います。




さて、八木山エリア 超・貴重写真シリーズ。

最近では3発目の「八木山本町」です。


小出し小出しの取材班です(^_^;)

提供して下さった方には大変感謝でございます。

この時期の写真は本当に貴重です。


さらにファインプレーなのは、

撮影時期がビダッと記載され保管されていることです。


現在のデジカメではデータも記録されているので分かりますが、

昔の写真はそうもいきません。

写真に日付を焼き付けて撮影する設定にしていないと、

分かりませんでしたね。 

右下に日付が付いている写真、昔はよく目にしていましたね。




八木山本町一丁目3番地より(.jpg

昭和42年11月 撮影

↑ 2度クリック 拡大





昭和42年の八木山本町1丁目の写真です。

4枚の写真をつなぎ合わせたパノラマ加工写真になります。

クリックして拡大してお楽しみ下さい。


元々は木がたくさんあった山。

凹凸のある立地を平らにして、その上に家が建っている現在ですが、

整地して間もない頃の時期の写真です。


今にしてみれば、想像しにくいかも知れませんが、

私たちの住む場所の、家が建つ前の「元々」は、こんな状況でした。


見晴らしも良いですね。


震災の津波被害を受けた地域が、

心苦しい限りですが、このような状態に戻ってしまっています。

こういう風景は、

家々が立地すると「絶対に戻らないもの」と思っていました。

昔の写真や映像を見ない限り、こういう風景を見るは出来ないはずが、

実際に「元々の風景」を見ることになった事は、何とも複雑です。




八木山本町一丁目より(1967_1.jpg




パノラマ合成の、1枚です。


日本初の水力発電、この時期は停止していますが、

現在でも発電している「三居沢発電所」からの電気が、

当時は、この八木山に来ていました。

パノラマ写真の1番左側に、その送電線が見えます。


全体的に見ても、電柱も一部にあるだけですね。


パッと見ると八木山にさえ見えない光景ですが、

何もないような場所は、こういうモノなんでしょうね。






★★★


posted by 八木山取材班 at 23:06| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/252994406
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック