2012年06月13日

「八木山 震災後 あのとき」 シリーズ第24回 「壊されること」

★★★


P1010596.jpg


八木山緑町エリアに先月オープンした「ミニストップ」さん。

同時期に、八木山弥生町エリアに工事を開始していたのが、
先日もお伝えした焼肉店「ときわ亭 八木山店」さん。

P1010593.jpg


ビシッと「7月上旬オープン」という、幕が出ましたね。

どうやら「7月6日(金)オープン」を予定しているようです。

近くには、長町駅前店、西多賀店、西中田店など、
30店近くの店舗を運営するチェーン店です。

仙台「牛タン」と同じルーツの「仙台ホルモン」が
「ときわ亭」さんでは有名ですね。
地元の「仙台味噌」と「仙台醤油」のタレで作っています。

P1010595.jpg


新しいお店が出来るということは、
「雇用も生まれる」ということですね。

スタッフさん、募集しているそうですので、ぜひ!


******************************


さて、今週は震災から1年3ヶ月、県民防災の日と連続しています。

そして今日は、しばらく間を空けていた、
「震災後 あのとき」のシリーズ記事です。

「壊されること」


P1000638.jpg
石巻市・渡波エリア


東日本大震災では、地震により内陸部の住宅が被害を受け、
大津波により家屋が流され、
福島原発関連で、我が家に住むことが出来なくなるなど、
大きな被害をもたらしました。

そして、多くの人命、さらには動物、自然を失いました。

津波の被害を受けた沿岸部では、
当時の津波で、瞬間に壊された家屋などもあれば、
持ちこたえた建物や家屋もあります。

しかし、津波の直撃を受けた地域は壊滅、
例え当時に持ちこたえた建物でも、
時間が経過した後に「壊される」という現実があります。


IMG_1188.jpg


石巻漁港近くの道路で有名になった、
水産加工会社「木の屋石巻水産」さんの「巨大缶詰」。

この道路は「松林」が並ぶ道路でしたが、
当時の面影は消え失せています。

そしてこの缶詰も、被災者感情に配慮して、
今月末から解体されることになりました。

人それぞれ、思いや考えの違いはあるかと思いますが、
多くの「人の命」が失われた石巻市。

行方不明者数は約560人、死者は約3200人。
震災の犠牲者の約1/5が、石巻市という現実。


P1000638.jpg
石巻市・渡波エリア


震災が来る前、
特に活性化している訳でもなく、
どこのエリアにもある「高齢化」が進んでいた石巻市。

居住地が多かったエリアでは、
上記の石巻・渡波地区の写真のように壊滅的な現実がありました。
失った命も、多くあります。

上記写真は、震災から1年が経過した後のものですが、
震災直後は、もう少し家屋がありました。

時期が経って、解体され始めた情景です。


P1000636.jpg


「渡波海水浴場」としても栄えていたこのエリアは、
その昔は「砂浜が一杯に広がる場所」でしたが、
石巻港などの建設も関係していると思いますが、
砂浜が消え、現在では「消波ブロック」が広がる海岸に
変化していった現実があります。


IMG_0002.jpg
昭和50年前半 石巻・渡波地区


昭和50年代は、
このように砂浜が広がっていた町だった事が分かります。

震災後に、
初めて訪れた方々には分かりづらいと思いますが、
昔は、砂浜海岸でした。

被災したその土地には、人々の思い出が、沢山詰まっています。


P1000617.jpg


現在では、このような景色が広がる地域も、
震災前には、家屋が建ち並ぶ、普段と同じ生活がありました。

IMG_0001.jpg
渡波地区・昭和50年前半


上記2枚は、ほぼ同じ場所の光景です。

ここに見える建物は、
現在でも進んでいますが、ほぼ解体されます。

同時に、昔の面影が一切消え、
残るは、人の心の中と、写真などの記録だけになります。


津波で耐えた建物に関しては、
その後に壊される現実が待っていて、
壊される光景を目の前で見ていた方々が、
多くいた現実がありました。

もちろん、直視出来ない思いから、
壊される光景を見なかった方も多いでしょう。

「あきらめきれない思い」
「どこにぶつけて良いか分からない、悔しい思い」


壊された町には、
そこに思い出がある人しか、分からない気持ちがあります。



P1000741.jpg






posted by 八木山取材班 at 16:23| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。