2012年09月04日

八木山交番だより 9月号 

★★★


交番だより9月号.jpg
クリック拡大




毎度お馴染み、
「八木山交番だより」9月号です。

八木山本町エリアで、空き巣が発生したようです。

空き巣があるような街にしたくないですね。
警戒感丸出しで、近所を歩く・・
そんな風な八木山にならないと良いです。

震災の時にも、
火事場泥棒のような被害が八木山にも出ましたが、
「見知らぬ人」や「車・バイク」がウロウロしていると、
意外に分かるものです。

近所の人たちの連携も、
空き巣被害などがあると必要になってきますね。


「秋の交通安全運動」が、
9/21〜9/30まで行われるそうです。

人身事故が、15件も発生していますので、
交通事故には十分注意してください。



IMG_2916.jpg



間もなく、震災から1年半が経とうとしています。

八木山エリアでは突出した被害が出た「緑ヶ丘」地区。

掲示板にも書いて頂きましたが、
緑ヶ丘の住人の方が、心労・ストレスなどがあると思いますが、
亡くなられている方が増えているそうです。


IMG_2918.jpg


住宅の解体作業が進んではいますが、
当初の予定よりも3ヶ月ほど遅れていると聞きます。
ひょっとすると、もっとなのかも知れません。

住宅の外観だけを見ると、大丈夫と思えても、
内部では相当のダメージがある・・
という家屋も少なくありません。

家が若干傾いた、部屋に亀裂が入って外が見える、
1階の戸が閉まらない、ベランダが落ちた等、
被害は、仙台市内の全域に及んでいます。

家を建ててから30年以上は軽く経過している・・
そんな家屋も多いので、
一概に地盤などのせいだけでもないですが、
震災がなければ「出費する必要がなかったお金」は、
どんなお宅にもあったと思います。


IMG_2922.jpg

IMG_2929.jpg



地滑り対策工事も進んでいますが、
あの震災の被害は、まだまだ終わりません。


IMG_2959.jpg


緑ヶ丘と言っても、
被害が大きかったのは「傾斜地」で、
緑ヶ丘の全てに被害があった訳ではありません。

商店通りなどは、傾斜地ほど大きな被害は出ていません。

一括りにしてしまうと、
「緑ヶ丘地区への風評被害」も出て来てしまうので、
改めて記載させて頂きます。


IMG_2933.jpg


どんな場所でもそうですが、
「丘陵地帯の八木山エリア」は、山ですので、
登り下りの山なり地形がほとんどです。

元々の八木山の地形を見ると、
水平・平らな場所は「ほとんどない」と言って
良いでしょう。

そこに「真っ直ぐな場所」がある場所がある地域は、
ある程度、切ったり盛ったりしています。

切って真っ直ぐになっている場所以外は、
盛って真っ直ぐになっているということです。


IMG_2933.jpg


緑ヶ丘のある住宅地の道路で、
現状を見る限り「砂利で応急処置」されていますが、
地下水の関係で、
今日のような久し振りに降った「雨模様」の時は、
地盤自体が緩んできます。


水不足が深刻になりそうなので、
今日の夕方から降り始めた「雨」で喜ぶ方も多いと思う反面、
地盤の関係で緊張する人だっていると思います。


すべての方が、安心する訳ではない・・・

そういうことも、知って頂ければ幸いです。



IMG_2935.jpg






★★★


posted by 八木山取材班 at 20:55| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 八木山の 交番 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。