2012年09月13日

八木山の総合病院 「日赤病院」

★★★



今日は・・・暑かったです。
9月13日です、9月も中旬だというのに、
「33.5℃」まで上がった仙台市です。
9月の観測史上のトップらしいですね。

取材班も、こんな時に「外ロケ」だったため、
「ゆでだこ」になってしまいました。

撮影したのが小学校だったのですが、
それなりの数の児童が、
軽い熱中症のような症状になりました。
少し休憩したら復活していましたので大丈夫です。

「昔、こんなに気分悪くなる子供、いたかな・・」
そう思ってしまいました。 
「朝の朝会」で、倒れるパターンはありましたが・・。

よく寝て、朝ご飯も食べているのでしょうか。。

スタッフと話していましたが、
取材班の子供の頃は、野球チームの練習をする時など、
「この練習が終わるまで、水を飲ませて貰えない」
というような感じでした。

これが良い悪いは別として、
それでも倒れる子供はいませんでした。

それに文句を言う親もいませんでしたし、
「普通のこと」でした。 

「昔より暑い」のかと思い、
過去の気象データを見てみましたが、
7.8月の気温は、頻繁に30℃越えを記録していました。
しかも、昔はエアコンさえありませんでしたし(^^;)
「暑さに慣れていない」「過保護」も
あるのかもしれませんね。


P1020211.jpg


この流れで、今日は「仙台赤十字病院」。
八木山にある、唯一の「総合病院」です。

先日、ビダッと健康診断関係を受けた取材班。
久し振りに入った「日赤病院」を見てきました。


昭和57年6月5日。
八木山で日赤病院が診療を開始した日です。

それまでは、現在の仙台市立病院向かい「福祉プラザ」の
場所に立地していました。

正式名称は「仙台赤十字病院」。

皆さんは「日赤病院」と呼ぶと思いますが、
「日本赤十字社」は聞いたことがあると思います。
現在の名誉総裁は、皇后美智子様です。

日本で赤十字活動を行う唯一の団体「認可法人」で、
世界各国にある団体です。

震災でも「募金」なども含めて、
「日本赤十字社」は聞き慣れているのではないでしょうか。

略称は「日赤」(にっせき)です。

この「日本赤十字社」が行う病院施設があります。
これが「赤十字病院」です。

そして、仙台の赤十字病院が、「仙台赤十字病院」。
石巻にもありますね、「石巻赤十字病院」です。

そのため私たちは、
本体の「日本赤十字社」名称を略して、
「日赤病院」と呼んでいるということになります。


P1020215.jpg


現在の1階の見取り図は、こうなってます。
昔と微妙に変わっているかも知れません。

システム的なものは、確実に変わっています。


P1020218.jpg


1階・正面ロビーから入った風景です。


P1020216.jpg


正面入り口方向をを見た、反対側の景色です。

久しく入っていない方、変わって見えますか?


P1020217.jpg


昔でいう「売店」は、かなりゴージャスになりました。

取材班も、だんだん歳をとっていく訳ですから、
今は大丈夫でも、後々は頻繁にお世話になることが
あるかも知れない「病院」という施設。

日赤病院という総合病院が八木山になければ、
もっと遠い場所に行かなくてはいけないんだナーと、
そう感じながら待っていました。

個人病院と比べると、どうしても「待ち時間」が長く、
これが・・まぁ、「ド暇」なんですよね。
弱点といえば、弱点です。


P1020219.jpg


駐車場は「指定対象者」は「1回100円」ですが、
大半の方は「1時間300円」です。
「お、高いな・・」と思うかも知れません。

日赤病院には「バス」で行く方、
歩いていく方が多いと思いますが、
こう見ると
「3年後の地下鉄東西線が、日赤病院まで延びてくれれば」
と思うでしょう。
ネックは「さかみちの途中」にあるため、
歩くのはキツイ・・ということです。

「動物公園駅」から日赤病院までは、
実は「1キロも離れていない」ので、
この距離を延長するのは、現実的ではないかも知れませんね。

日赤病院のために、地下鉄延長で、
何億もの金が動くということは・・ありませんね。

いくら地元の声があったとしても、
こればかりは難しいと思いますが、
ただ「日赤病院」ではなく「仙台市立病院」だったら・・
可能性はゼロではなかったのかもしれませんね。
地下鉄も市立病院も、仙台市ですので(^^;)


P1020224.jpg


仙台赤十字病院に、八木山の方々などが誘致する際、
色々な方のたくさんの署名がありました。
西多賀エリアなどにも及んでいます。

さらには「緑を残すこと」という条件もありました。

八木山に移転して30年。

この日赤病院ある緑は、今も変わらず残されています。


「病院」ですので、様々な病気で亡くなる方もいます。
逆に「助かった」という方も多いでしょう。

病気などをしなければ、
病院には縁のない方も多いと思いますが、
「存在してくれる安心感」としても、
八木山にあってくれる有り難さを、
改めて感じて頂ければ幸いです。


P1020223.jpg





★★★




posted by 八木山取材班 at 22:27| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 八木山の 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。

日赤、懐かしいです。
学生時代、バイクで事故ってムチウチになった時、通いました。
生まれたのも、日赤です。
その当時は五橋に有りました。
移転して30年ですか。
もうそろそろ建替えなのかな?

おかげさまで、父の手術も無事に終わり、その後も順調のようです。
(空きが有って、今週急に手術になりました。)
あと数週間かかると思いますが、無事退院できそうです。
Posted by ビール大好き at 2012年09月15日 09:32
コメントありがとうございます。

お父様、良かったですね。
日赤病院さんは、それぞれの方が色々な評価を
持っていると思いますが、
地元にあるという安心感は、確実に存在します。
急患も受けてくれますし。

建て替え・・確かにそんな時期かも知れませんが、
震災でのダメージは酷くなかったようですし、
宮城県沖地震の後に建築されているので、
まだ大丈夫でしょう(^^)/
Posted by 八木山取材班 at 2012年09月17日 16:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。