2013年08月11日

「お盆」企画 「復興と開発」 貴重写真

★★★


8月7日を皮切りに、
真夏日が連続するようになりました仙台市です。

今日も32℃を越えています。
昨日は「35.6℃」と「今季初の猛暑日」を記録。

仙台市の観測史上1位は、
37.2℃を記録した2007年8月15日です。

今日は8月11日。

八木山エリアでは、
「八木山本町2丁目 松風公園にて 夏祭り」があります。

そして、
東日本大震災から2年5ヶ月の月命日になります。

がれきが片づいた被災地では、
現状では次のステップが決まらないと進むことが出来ないため、
ほとんど状況が変わっていません。

このお盆前ということもあり、
「戦争時代」の事がテレビでもピックアップされています。

仙台空襲が起こった昭和20年。

何もなかった状況からは信じられないほどの情景が、
現在は広がっていますね。

復興は、出来ます。

その流れからという訳ではないですが、
今日は1つの企画を記事にしたいと思います。


お盆休みに入ったことで、
先週まで長期離脱のお休みを頂きましたが、
さらに明日から「お盆休暇」を頂きたいと思います。

その前に、
お盆企画として「貴重写真」をご紹介致しましょう。

八木山エリア、そして仙台市に里帰りした皆さんも多いことでしょう。

「家族団らんのお供に」、
ぜひ会話の中に組み込んで頂ければ幸いです。


IMG_0003-1.jpg


太平洋戦争末期の1945年・昭和20年・7月10日。
アメリカ軍によって行われた仙台市中心部への「仙台空襲」

死亡者千人以上。約40%の人が家を焼失。
仙台市中心部は焼け野原になりました。

昭和21年,廃墟と化した都心部において
仙台市は「戦災復興土地区画整理事業」を施行、
近代都市として発展することが可能な都市基盤整備に
着手しました。

上記写真は、あるルートから提供頂いた原版写真
戦災復興事業の頃の写真です。

向こう側に見えるのが「県庁」、
その横線が「定禅寺通り」になるでしょうか。



【下記写真全て 著作権写真】

IMG_0005.jpg


高度経済成長が急加速していた昭和50年代。

仙台駅から見た「昭和53年・青葉通り」です。

今や無き「仙台ホテル」や「ダックシティ丸光」
なども見ることが出来ます。

映画館では「スターウォーズ」が公開されていた頃のようです。


IMG_0006.jpg


同じ昭和53年の仙台駅です。

ペデストリアンデッキが未完成の状態ですね。
このアングルからの写真は珍しいでしょう。

この頃「エスパル」はありますが、
「ホテルメトロポリタン仙台」はありません。
〈1988年・昭和63年開業〉

この状態は、30代以下の若い方には新鮮でしょう。

パスプールもなく、今と違う道路アングルも新鮮でしょうか。


IMG_0008.jpg


ペデストリアンデッキの工事状況も含め、
駅前の状況、当時の状況を知る方には懐かしいでしょうか。

これらの写真は昭和53年ですが、
実はペデストリアンデッキに関しては
「昭和52年12月に完成」となっており、
完成後に「次々に延長されている」ということなんですね。

この写真も「延長している状況」ということになります。

次々に延びていっていることは、
若い方にもイメージが付くだろうと思います。


IMG_0007.jpg



そして昭和53年の一番町通り。

これは、
現在の三越付近からフォーラス方向ですね。

右には「長崎屋」も見えます。

上記の「フォーラス」については、昔は「ジャスコ」ですね。
さらに昔は「仙台日活劇場」です。

イオングループのファッションビル「フォーラス」は、
1984年・昭和59年に開業しています。

あのビルがイオン系ということを、
若い方は案外知らないで買い物しているかも知れませんね。

写真については、
現在と大きく違うのは「車が通行していた一番町商店街」
ということ。

現在の歩行者天国になっているのは、この写真の一年後。

1979年・昭和54年に歩行者専用道路化して、
現在のようなカラー舗装などを施して買い物公園となりました。


八木山南51.9-3.jpg



そして「八木山南エリア」です。
大盤振る舞いです(^_^)v

最近、
八木山南エリアの昔の写真が発掘されることが多いですね(^_^;)

どこの写真か、わかりますか?

日赤病院方向を撮影した昭和51年9月の1枚です。
当時は、日赤病院はありません。

そういうこともあって、両脇がかなりモコモコと森林してますね。
ケヤキも育っていませんね(^_^;)

言葉だけの「にっせき」繋がりですが、
昔は「日石GS」がありましたね。


八木山南51.9-4.jpg


40年近く経過し、ようやく動き出した
グリーンベルトの界隈です。

同じく昭和51年です。

現在でも行き止まりになっている折立方向、
当時は「行こうとしていた」形跡が見えます。

予算の関係なのか、止まったんだな・・とわかる1枚です。

分かりにくいですが八木山南小学校が建設中です。


八木山南51.9.jpg


八木山南3丁目のバス停付近です。
同じく昭和51年です。

「Aコープ」が見えますね。

この界隈は土地区画整理によって「商店エリア」に
する予定で開拓されました。

ちょっと切れていますが、
左の電柱に「きく幼稚園 園児募集」という
チラシが貼ってあります。

これは八木山小学校の「心臓やぶりの坂」にあった
幼稚園の事ですね。 現在はありません。。。


八木山南51.9-2.jpg


今はありませんが「下水処理場」の貴重なカットです。

当時は仙台市の下水道は八木山南にきていませんでした。
動物公園付近の宅地造成エリアも同様だったはずです。

八木山南団地の集団汚水処理施設として建設されていました。
独立管理組合で処理していたそうですが、
何らかの不祥事もあったようです・・。


そして向こうには、「NTT住宅」が建設中ですね。



さて、どうだったでしょうか。

久し振りに「貴重写真企画」でした。


暑い日々が続いています。

熱中症・体調管理には十分気をつけて頂いて、
充実したお盆の時期をお過ごし下さい。



当サイトのお盆期間中は、お休み/不定期に致します。
ご了承下さい。


★★★
posted by 八木山取材班 at 15:37| 宮城 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
早速ありがとうございます。

昔の写真,いろんなところに眠っているもんですねー。

眠ったままのものもあれば,日の目を見ずに失われてしまう資料も・・・。

職場で廃棄されそうなものを見かけたら,できるだけ救いたいと思います。
Posted by のりまる at 2013年08月15日 01:08
南団地の分譲が始まって2,3年後ですね。
この頃地元の小学生だった私にはとても懐かしい風景です。

 写真のAコープも出来たばかりでした。それまで本町の生協を利用していた主婦たちにとって同店の開店は
とてもうれしい出来事だったでしょう。

 夏の夜にはミヤマクワガタやカブトムシが家の灯に飛び込んでくる、ヨタカの声の響きわたる山深い雰囲気がまだ残る地域でした。

 40m道路の上部の伐採の痕は、公共の道路延伸工事ではなく、業者が独断で進めていた宅地開発が途中で発覚し中断させられたとか、そんな噂話でした。

 下の施設は浄水施設ではなく下水処理場です。当時南団地は独立管理組合で下水処理をしていました。後年内部で不祥事がありそれをきっかけに自治体に移管されたとか、そんな話だったかと記憶しています。

貴重な写真を見せていただきありがとうございました。
Posted by おまめやま at 2013年08月18日 03:33
のりまる様、おまめやま様、コメントありがとうございます。

のりまる様、ご提供ありがとうございましたm(_ _)m
人目に触れることなく消えた資料は、
世の中にはもっと沢山あるのでしょうね・・(>_<)
救って頂いて大感謝です(^_^)v

おまめやま様、
別の取材班からも連絡を頂き「下水処理施設」の文章を
訂正させて頂きました。 ありがとうございました。

Aコープが出来た時、生協を利用していたという話は、
取材班も伺っていました。
いずれ、この件は記事にさせて頂きたいと思っていますが、
貴重な写真を、もっと発掘していきたいですね(^o^)

Posted by 八木山取材班 at 2013年08月18日 14:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/371727518
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック