2013年08月21日

八木山動物公園 夜開園 明日からスタート 「22日〜24日」

★★★


IMG_3853.jpg



いよいよ、恒例となった八木山動物公園・夜イベントが、
明日からスタートします。

震災前に付けられていたキャッチコピーを、
当サイトは未だに使用していますが、

「八木山動物公園 〜よるも、どうぶつえん〜」

↑クリック
 

8月22日(木)〜8月24日(土)
(雨天中止・雨天での開園時間の変更あり)

夜21時までの開園(入園は20時15分まで)

年間パスポート使用可能

料金  一般400円・小・中学生100円 未就学児無料

【駐車場】
「八木山動物公園駐車場」
「八木山ベニーランド駐車場」 合計2箇所

*昼〜夜間営業時間帯まで
 動物公園駐車場400円/ベニーランド駐車場500円




P1020041.jpg



八木山動物公園で、
2007年・平成19年からスタートした
「八木山動物公園・夏の恒例イベント」。

皆さんもご存じの通り、
東日本大震災の2011年は「中止」になっていましたが、
昨年に復活し、震災以来2度目の「夜開園」です。


震災前の「平成21年まで」は、
「昼と夜、一度リセットして再入場」という方式でしたが、
平成22年から、
「昼・夜関係なく、1度の入場で、夜まで動物園」になりました。

閉園時間をそのまま午後9時まで延長方式になりましたので、
日中入園された方も、そのまま夜間開園に突入できます。


入園料も「1回分」でOKです。


IMG_3926.jpg



緑色などのライトアップに照らされながら、
「夜に、見ることが出来ない動物もいる」状態ではありますが、
雰囲気はバツグンの「八木山の夏・最後のイベント」です。


先日の記事で紹介した、
「スマトラトラの赤ちゃん」は、見ることが出来ません。

赤ちゃんの観覧時間は「9時30分〜11時30分」の
2時間に限られています。


夜開園、
この雰囲気を味わうだけでも良いですよね。
「ナイト・ジャングル・ウォーク」です(^^)/

「八木山の、夜の自然を味わう」というだけでも、
貴重なイベントです。

動物公園内は、造られた自然ではありますが、
普通の方はほとんど、
日中しか味わうことが出来ないのが「自然」だと思いますので、
「夜の、八木山の自然を味わう散歩」という気分でも、
起こし頂ければ、楽しみ方も倍増するのではないかと思います。



そして【毎年の注意事項】です。


・動物に向けて懐中電灯を使用しない。
・写真を撮る際には、フラッシュ等は使用しない。


ということです。

カメラのストロボ・フラッシュを光らせる方が「かなり多く」
「動物のために、フラッシュは禁止」です。

デジカメのフラッシュ設定を「発光禁止」の状態で
撮影するようにして下さい。


というよりも、動物までの距離に、
フラッシュの光は届かないので無意味なんですが・・。


夜間に関しては「光が少ないため、写真はブレやすい」状態に
なってしまいます。 これはプロでもそうです。

動物がビダッと静止している状態で、
さらに撮影している側もビダッと動かないで撮影できれば、
ブレないで撮ることが出来ます。


無理ならば、ビデオカメラを使いましょう(^^)/


IMG_3891.jpg



そして、もうひとつの注意事項が
「道路渋滞」です。

八木山住民の通勤帰りの方等は、
明日以降の3日間は混雑するので注意して下さい。




IMG_3857.jpg



混雑のピークは最終日・8月24日・土曜日だと思います。

動物公園駐車場へは、
「八木山南エリアからの、一方向からの進入」になるので、
恒例ではありますが、ズラッと渋滞が続きます。


この夜間に関しての、クルマを止める駐車場は、

「動物公園駐車場」
「八木山ベニーランド駐車場」

合計2箇所のみです。

*昼間の営業から、ずっと開放しています。
 昼〜夜まで 動物公園駐車場400円/ベニーランド駐車場500円


「臨時駐車場」や「路上駐車解除」は実施されていません。


IMG_3843.jpg



動物公園駐車場への渋滞は、
夕方6時を過ぎたあたりから始まります。

夕方7時を過ぎると、日赤病院付近まで続きます。


最終日の土曜日は、日中から来園する方も多いので、
「混雑が分散」するかも知れませんが、
「平日」は、写真のようになる可能性が「大」です。

写真は、昨年の平日写真です。

駐車場渋滞をしている間に、
「閉園時間」が迫ってしまいます。 焦りますよね(>_<)

夜21時までの開園で、
「入園は20時15分まで」になっていますので、
出来る限り、早い時間に来園するしかないです。


「暗くなって雰囲気を味わうことが出来るのは19時以降」です。

つまりは「2時間という限られた夢の時間」という訳です。


「動物公園駐車場」と「ベニーランド駐車場」が満車になると、
かなりキツイ状態になりますので、
この夜間イベントに関しては、
「市営バス・ミヤコーバス」のご利用をオススメします。

それか「東亜タクシー」さんなどを利用して頂いて、
裏道を使って来園した方が良いでしょう。

「八木山の東亜タクシーさん」は、
八木山の裏道プロ集団です(^^)/

バイクを持っている人は、明らかにバイクの方が良いでしょう。

八木山の方は、歩いていきましょう(^^)/


IMG_3888.jpg



恒例の夏イベント
八木山動物公園「よるも どうぶつえん」。


天気も大丈夫そうなので、ぜひ来園して下さいね(^_^)v



★★★


posted by 八木山取材班 at 21:53| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。