2013年08月23日

八木山南エリアの空撮写真

★★★


P1040963.jpg



八木山動物公園の夜間開園、スタートしましたね。

昨日、取材班はピーク以降に帰宅したために
混雑状況が分かりませんでしたが、
8時過ぎの状況は、上の写真の通りです。

今日は、夕方以降に雨の予報が出ています。
来園予定の方は、雨具が必要かも知れませんね・・。


八木山南 空撮.jpg

↑ 2度クリック拡大


最近、登場回数が多い「八木山南エリア」です。

この空撮写真は「昭和42年」のものです。

赤いラインが引かれていますが、
大体で線引きされた「八木山南エリア」です。


宅地造成が始まる前までは、当然の「山」。

金剛沢炭鉱が全盛だった頃は「トロッコ」も
走っていました。


八木山南 空撮3.jpg



アップにした見ると、こういう感じです。

赤いラインの中に、1本道のようなものがありますが、
Aコープ前の道路のように見えますが、違います。

1ブロック、日赤病院側の道路になります。


下記の写真で、分かるかと思います。


八木山南 空撮 合成.jpg
昭和50年 上記
八木山南 空撮 合成2.jpg
昭和50年と昭和42年の合成



お分かりになりますか?

このような状態から造成されています。

さらに「セブンイレブン八木山南店」から
鈎取エリア方向に下る「坂道」。

下ると「三叉路」がありますが、
この三叉路から下は「昔からある道路」ですが、
セブンから三叉路までは「新しく造った道路」なんですね。

トロッコなどは、
セブンイレブンの「駐車場付近」を通過する道で
通過していたことが分かるでしょうか。


他に、盛り上がった場所だった部分も、
何となく、見ることが出来ますね。


八木山南 空撮4.jpg
三叉路付近


昭和42年の三叉路付近です。

三叉路から鈎取方向に行くと
すぐのS字付近で「小さい橋」がありますが、
金剛沢炭鉱があった頃から、あります。

「金剛沢橋」 と言い、
長さ14メートル、幅7.4メートルのコンクリート橋です。

「後田川」に架かる橋で、
昔は「金剛沢川」と呼ばれていました。

明治以降に「後田川」と呼び名が変わっているようです。

この「金剛沢橋」は、昭和37年3月に落成していて、
それまでは7メートルほどの木橋でした。

江戸末期、この道路を八木山南方面に突っ切った先に、
「鉱山」が発見されます。
これが「金剛沢鉱山」です。

金剛沢山林の御山守だった高山幸二郎氏が、
山の見回りの際に発見したと言われています。

この場所を試し堀りしたのが、文久2年<1862年>。
坂本龍馬が生きていた時代ですね。

国の認可が下り本格的に採掘を開始したのが明治31年です。
鉱山から採掘されたのが、「亜炭」や「埋木」です。

八木山エリアの炭鉱で採掘されたのも同様です。
金剛沢鉱山の周辺の「木材」も含めて、
これらを運搬した当初は「馬」でした。

その後、大正12年頃に敷設されたのが「トロッコ」です。


3号/~1-4.jpg
亞炭香報より



全長約3キロ、西多賀から金剛沢、
そして八木山南の三叉路に抜け、
Aコープの1ブロック上を通過して、
鉱山入り口まで向かうルートでした。

これが、今回掲載している写真で分かるでしょうか。

下りは5分で一気に下りることができ、
登りは30分かけて登るという苦しい労働です。

幅90センチ、長さ約2メートルのトロッコは、
1日平均4回の往復があったようで、
1回の積荷は約1トンだったそう。


3号/~1-3.jpg
亞炭香報より


鉱山の全盛期は、
昭和14年〜16年の時期と言われていますが、
馬〜トロッコと流れた時代は、
ついに「トラックの時代」へ突入します。

この金剛沢鉱山までのトラック道路が完成したのが、
「昭和19年」です。

当時の木製橋、
「金剛沢橋」の上を初めてトラックが通過したのも
昭和19年という事になります。


その後、この道路が主流で使用されるようになり、
金剛沢鉱山は昭和40年頃まで続きましたが、

八木山団地や八木山南団地の開発で、
「金剛沢鉱山」は自然消滅してしまいました。


八木山南 空撮.jpg

八木山南 空撮4.jpg
昭和42年・三叉路付近


この辺りの原型が出来たのは、
「昭和19年」ということになるでしょうね。


現在、サラーッと通過する道路には歴史があります。


八木山南 空撮2.jpg
昭和42年 八木山本町2 郵政研修所付近



八木山南エリアが、まだ宅地造成がされていなかった頃、
動物公園付近では「真っ最中」でした。

一部、原型が見えている部分がありますね。

「郵政研修所」の付近です。

上の部分は、
デイリー・アダチさんの道路の向かい側にある
住宅エリア付近です。


陸上からの写真も欲しいですが、
現在のところ、入手できていません・・。

今回ご紹介した空撮写真は、
お盆前にご紹介し、提供して頂いた貴重写真の一部でした。




★★★
posted by 八木山取材班 at 14:32| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/372757470
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック