2014年06月04日

八木山エリア 熊出没注意

★★★



本日早朝、朝鮮学校付近にてクマが出たそうです。

震災関連の目的だったため、
あまり活用する事はないのですが、
当サイトでも「八木山放送局ツイッター」を使用しました。

八木山小学校でも一斉下校をかけたようです。


P1080126.jpg



八木山エリアは、ご存じの通り、
「地下鉄東西線・八木山動物公園駅から竜ノ口渓谷側」
については、緑に囲まれているエリアです。

保護地区でもあり、風致地区でもあり、
自然が守られているエリアです。

今日、クマの目撃情報があったのも、このエリア内です。


P1080133.jpg


所々ではありますが、
「出没注意」の看板もあります。

見方を変えると「出た事があるエリア」という
証拠でもありますね。


万が一、クマさんに出くわしてしまったら・・

1 そっと立ち去る
遠くにいるクマなら心配ないです。

2 騒がない
大声をあげたり、石や棒等を投げつけることは、
クマを興奮させるだけ・・。まず、落ち着きましょう。

3 そっとさがる
クマとの距離を保つことで、お互いの興奮を静める効果が
あるそうです。慌てて逃げ出したりせず、
「クマに背中を見せず」、向き合ったまま、
ゆっくりと後退しましょう。

4 子グマにであったら
子グマは、絶対に近づいてはいけません。
近くに必ず母グマがいます。
母グマは子グマに危害を加える可能性のあるものに攻撃を仕掛けます。


万が一、攻撃態勢に入られた場合・・

1 抵抗しない
腹這いになり、両手で首の後ろをガードします。
リュックなどを背負っていれば、
背中は守られ,一番大事な頭部や首部が守られます。

「クマの攻撃は最初の一撃で終わる」事が多いそうです。
その後人間から逃げていくそうです。

2 クマ撃退スプレーを使用する
アウトドアショップなどで、
「トウガラシの主成分であるカプサイシン」を噴出させる
「クマ撃退用スプレー」が販売されています。
有効射程距離は4〜5m、噴射時間は4〜5秒。
クマが有効な射程距離に入ってくるのを待って
顔面に命中させることが必要です。

自分の5メートル内に、
クマを入れる度胸も必要です・・

なので、スプレーを過信せず・・
まずクマに会わないことが大事です。



P1080130.jpg



今回の青葉山に通じる道は、
それなりに「人通りが多い道路」です。

目撃情報がすぐに出た事を考えると、
人がしっかりいる地域ともいえます。


金剛沢市有林などに入る際は、
「クマ鈴」や「ラジオ」などを大きく鳴らすなど、
対応が必要です。

以前「取材班が行く」シリーズの1回目、
青葉山峠道のルートなどは、
「大声でカラオケを唄いながら歩く」
という方もいるほどです。

やっている事は「正解」なんですね。


P1080123.jpg



クマの活動時間帯は,朝夕・薄暮時です。
この時間帯を避けて行動した方がよいです。

霧や風のある気象状況、「沢沿い」は、
クマも注意力が散漫になるので、
注意して行動した方がよいそうです。


もし、クマが出没し、見た場合は、
警察110番で大丈夫です。


P1080116.jpg



今回のクマの目撃は、
地下鉄東西線工事の場所から1キロも無い位置でした。


今に始まった訳ではないですが、
少し「クマ関連」が多い気がしますね。

その要因はまだわかっていないそうですが、
森林環境の変化や、狩猟者の減少もあるようですね。

昔は山仕事をしている方が多かったため、
「クマに、人が警戒心を与える」という事がされてきたそうです。

それは、今では少し違う状況になってしまったかも知れませんね。


皆さんも、ご注意下さい。


P1080117.jpg

P1080115.jpg



今回、クマの目撃情報に通じる道路、
八木山市民センターの脇にある「県道25号線」
については、開通しています。

昔と比べると「傾斜角度が増した」感じがしますね。
雪の日にはキツイかもしれません。

このあたりまで、クマさん登場は無いと思いますが、
「慌てず」が肝心ですね。


本格的の夏になる前に、「取材班が行く」シリーズ第4回の
取材をやる予定でいましたが・・
もっと武装した方が良さそうです(^_^;)




★★★


posted by 八木山取材班 at 20:13| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰しております.

青葉山のクマさんはお腹がすいているようで,仙台市ネットで掲載されている他に,目撃情報多いです.

青葉山の勤務先では,クマ目撃情報が毎日のように届いています.

第4弾は当方の(元)同僚のように,カラオケ装備でも持っていくことをおススメします.

それは差し置いて,妙に微笑ましいネタなのですが,
青葉山の有名なカラスさん達が進化しているようです.

ご存知の通り,道路に木の実を置いて車のタイヤに割ってもらう...それを食べる...ってやつです.

ここ数年,道路に木の実を置くカラスが特に増えてきました.

場所は,青葉城趾T字路〜工学部の直線と,宮教大〜ゴルフ場手前のY字路(すぐ上ればゴルフ場)です.

多分,取材でいつも通る道と思うので,お時間あればウォッチィングしてみて下さい.

それでは,今後も楽しみに拝見いたします.
Posted by えらいねこ at 2014年06月05日 23:42
えらいねこ様、ご無沙汰しております。

カラス、そうなんですね(^_^;)
気づきませんでした。。 見てみようと思います♪

クマさんは普通に生活しているだけで、
襲ってこないのであれば仲良くしたいのですが(^_^;)
住宅団地まで登場する事はないと思いますが、
そうなってくるとクマの命も危ないので、
上手く立ち回っていてもらいたいという勝手な願いです・・。


Posted by 八木山取材班 at 2014年06月06日 20:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。