2014年10月20日

八木山のケーキ屋さん 「ル・グレン 八木山店」

★★★



先月より、本業多忙につき更新がランダムに
なっておりました。。

現状でも、まだ落ち着いてはいないのですが、
生命線である取材等が出来ずにおりました。

他の取材班からもネタが届いており、
ようやく先日、ビシッと取材をまとめて実施しました(^_^;)

そして毎年恒例でありますが、
来月11月3日に実施される「八木山フェスタ2014」
が開催される事もあり、
一気にビシッと更新していきたいと思います。

さらにさらに、
シリーズ化しておりました「取材班が行くシリーズ」も
実行しました。

まだ枯れていない状態の茂みを突っ込んできました(^_^;)
これも更新していきますので、お待ち下さいませ。



IMG_0880.jpg



さて、タイトルにもある
八木山に住んでいて「知らなければ、もぐり(>_<)」
とされる代表的なお店・・

「ル・グレン 八木山店」さん。


実は、当サイトで初めて取材させて頂いたのは、
サイトを開設して2週間も経たない時期でした。

信用も何もない状態でスタートした2010年2月。

ベニーランドさん、動物公園さん、日赤病院さんなどの
巨大施設、昔ながらのお店から許可を頂き、
「八木山放送局を波に乗せよう」という考えでしたので、
「ル・グレン」さんには、当初から取材を申し込んだ経緯が
ありました。

今回、久し振りに店内取材をさせて頂きました。
当時と店長さんが変わっているため、
あらためて本部も含めて許可を頂きました。


八木山エリアの宅地造成が本格的になった昭和40年代。

先日のバス記事でも記載していますが、
八木山香澄町エリアや緑ヶ丘エリアを皮切りに、
昭和30年初頭からスタートした宅地造成。

現在の八木山エリアでは「最後の大型造成地」
となっているのが、土地区画整理事業にて実施された
昭和40年代後期の「八木山南エリア」です。

当時は砂漠のような状態でしたが、
見る見るうちに整備されていきました。


そしてこの八木山南エリアに、
「ル・グレン八木山店」がオープンしたのは、
「昭和57年10月2日」です。

「ル・グレン 八木山店」として、
現在の八木山南にオープンしており、
山形・仙台を中心に店舗を展開している
「株式会社シベール」の中では、
洋菓子店舗で一番歴史の長い店舗です。

本社は山形県山形市蔵王にあり、
最初は初代社長の熊谷氏が昭和41年、
個人事業でスタートした所から始まります。

有限会社化し、パンをスタートし、レストランを開店させ、
さらに株式会社化したのが昭和56年です。

そして昭和57年10月2日。

洋菓子店舗「ル・グレン」という名前で
初めて店舗を出店したのが「八木山店」です。

現在では各所に「シベール」の名前で展開されていますが、
一番歴史の長い八木山店だけ「ル・グレン」という
名前が残されています。


さらに平成21年4月に、
ランチ・ディナーの「ル・グレン ダイニング」を
併設してオープンしました。


「ル・グレン 八木山店」 
TEL.022-245-8801
営業時間 10:00〜19:00

ル・グレン ダイニング
TEL.022-797-3007
営業時間・定休日
11:00〜15:00(入店14:00迄)
17:00〜21:30(入店20:00迄)
毎週水曜定休




P1100178.jpg

P1100135.jpg




秋が深まってきた八木山エリア。
ケヤキが紅葉してきました。

そのケヤキに囲まれながら、
現在「ル・グレン」さんでは
「秋の収穫祭フェア」「シベールのハロウィン」
映画「ふしぎな岬の物語」とのコラボ商品『岬のラスク』
を9月1日より期間限定で発売中です。



P1100144.jpg

P1100140.jpg

P1100138.jpg
P1100139.jpg

P1100136.jpg




先日の18、19日の両日には、
「シベール 秋の感謝祭」が実施されておりました・・。

その日に取材に入っていたのですが、
終わってから更新という本末転倒な状態になってしまいました事を
お詫び申し上げます・・。


とはいえ「秋の恒例行事」ということもあり、
八木山住民の方は多く訪れたようですね。

お買い物したお客様には
「お皿かスプーン」が進呈されており、
「これ狙い!」の方も多かったのではないでしょうか(^_^;)


ハロウィン等のフェアは、まだビシッと開催中ですので、
ビダッとご来店頂ければ幸いです(^_^)v



P1100143.jpg

P1100145.jpg



「ル・グレン」さんと言えば「ケーキ屋さん」
というイメージが八木山では定着しています。

もちろん、パンやラスクも定着していますが、
洋菓子・ケーキがイメージの先頭を切っているかも知れません。

現在、店のレイアウトが変更されており、
正面から入ると左側にケーキが並んでいます。

右側にはラスク等のお菓子が中心となっています。



P1100146.jpg



人には好みというものがありますので、
モンブランが好き、王道のショートケーキが好き・・
など色々ありますね。

現在、秋の季節ケーキが多くあり、
今しか食べられないケーキも多くあります。

取材班は「ぶどうのタルト」を食べましたが、
取材班の好みで美味しかったですね♪
皮ごと食べられる種無しぶどう「シャインマスカット」
のタルト、美味しかったです(^_^)v

明らかな季節モノですので、
食べるなら今!です(^_^)v



P1100148.jpg



地元にケーキ屋さんがある幸せ


そんな言葉を書きたくなりますが、
お店も商売ですので、
もちろん企業努力があってこそ存続できるのですが、
「ル・グレン」さんを支えるのは、八木山の皆さんです。


季節を味わうために、毎シーズン、ル・グレンさんの
ケーキを楽しみに購入する方もいるでしょう。

それだけが楽しみで生活しています!
そういう方もいると思います。

甘いものを食べることは、
人を幸せな気分にさせる効果がありますよね。


八木山で30年以上続く「ル・グレン八木山店」さんは、
もはや私たちの「生活に溶け込んでいる」状態の方、
大勢いると思います。

ケーキなどでは、クリスマス等の季節のイベント、
誕生日等で利用する事が多いため、
ル・グレンさんが無くなると、生活バランスが崩れる気さえ、
取材班でも感じます。


度々、記事の中でも書いていますが、
商売ですので「お店は、そこにあって当たり前」
ではありません。

皆さんの利用があってこそです。


ビシッと利用、
甘いものを食べて幸せな生活を送って下さい♪


皆さん、ル・グレンさんに、ぜひ!



P1100150.jpg




★★★


posted by 八木山取材班 at 20:10| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 八木山の 飲食店/飲み処 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。