2016年09月27日

秋の交通安全週間 八木山エリア 路上駐車事情

★★★



P1010406.jpg

P1010407.jpg



地下鉄が出来る前の、現在の地下鉄通り。

道路拡幅等もあり、
現在と比べると「こんなに狭かったか・・」
と思えますね。



P1010330.jpg



ゴールデンウィーク等の時期になると、
「渋滞スポット」になる八木山エリアですが、
一部で実施している「路上駐車解放」等はあるものの、
「キャパオーバー」になる八木山エリアで有名です。



P1050257.jpg



現在、全国でスタートしている秋の交通安全週間。
至る所で、パトカーや警察官の方々の姿を見るこの時期。

取締りも強化されているので、
「捕まった・・」と嘆く方も多いかと思います。

今日のタイトルは「路上駐車」です。



P1010328.jpg




昭和の時代から、
ゴールデンウィーク等で苦戦している
「住宅地の路上駐車」

駐車禁止ではない場所、それが住宅地だった場合でも、
車庫法では路上に昼間は12時間、
夜間は8時間以上の駐車を禁じています。

では、その時間内であれば
住宅地は駐車が出来る・・ということになるのでしょうか。

実は、この認識は「間違い」です。




F-_DCIM_114_PANA_P1140213.jpg



この写真、進行方向の左側に停車している車両がありますが、
これは違反かどうか、分かりますか?

実は、これは駐停車違反になります。

この道路の脇には「白線」があります。
「路側帯」です。

この路側帯の中は「歩道扱い」のため、
「路側帯が存在している道路」では、
特に住宅地になりますが、
壁から0.75メートルの距離を取って、
路側帯の白線が引かれています。


0.75メートルは、歩行者用のスペースです。

実は、路側帯がある道路に駐車する場合の法令では、
「壁から0.75メートル空けなくてはならない」
という決まりがあります。

教習所で習っていることではありますが・・。

簡単に言えば、住宅地に路側帯がある場合、
大半が壁から0.75メートルで白線が引かれているため、
「白線の中にクルマを駐めることが出来ない」事になっており、
駐める場合は「白線の中に入らず、左側の白線に沿って」
駐停車する必要があります。


ただし、大きい道路に多いですが、
白線の内側が0.75メートル以上ある場合は、
白線の中に入って0.75空ければ問題ありません。


さらに、
駐めた「車両の右側に3.5メートルのスペースが必要」です。

これが守られていない場合、
「問答無用の駐車違反」になります。


皆さんの住むエリアに路側帯があった場合、
路側帯の0.75メートル、
普通車両で、5ナンバー規定の約1.7メートル、
さらに車両の右側に3.5メートル必要ですので、
合計で5.95メートル分のスペースを使う事になります。

法規上で言えば、
普通車の5ナンバー、軽自動車であれば6メーターを切るので、
6メートル道路であれば駐車は可能です。

ただし3ナンバーの幅が広い車は、
6メートルを超えるので、
「6メートル道路は駐車禁止」ということになります。

例えば、現行のトヨタクラウンの場合、
3ナンバー・幅が1.8メートルあり、
合計で6.05メートルとなり、
6メートル幅の道路では、
現行クラウンは駐車禁止となります。

ちなみに、
八木山本町エリア等の路側帯ありの住宅道路は、
「6メートル幅」の道路となっており、
松が丘の住宅道路は5メートル道路、
バス通りの松が丘道路は、
8メートル幅の道路となっています。


自宅前の道路等、道路幅が知りたい場合は、
「せんだいくらしのマップ」
に記載されていますのでご覧ください。




P1000039.jpg

P1010389.jpg



八木山でも、路側帯がある道路は多いです。

これらの路側帯は、
壁から0.75メートルで引かれていることが大半なので、
この内側には一時の停車でも白線の中に入れないと思って
頂いて良いでしょう。

2枚目の写真は、0.75以上の路側帯になり、
停車の場合は、白線の少し内側に入っても大丈夫ですが、
この道路は駐車禁止エリアのため、
駐車してはいけません。

「人が通行するために、路側帯が存在しています。」



ans-215228954.jpg



ただし図のように、
0.75メートル以上空いてた場合、
1番は白線の中に入れますが、、
上の図の2番目・3番目は、0.75以上空いていても、
白線の中も入ってはダメですので、注意が必要です。



では「路側帯がない道路」はどうでしょうか。



P1010393.jpg



八木山の桜木町の写真です。

桜木町のエリアは、標識にも記載されていますが
「全エリアが駐車禁止エリア」になっています。

ただ、これが駐車禁止エリアではない場合、
この道路には駐車可能です。

歩道にはダメですが、
車道ギリギリに駐めても大丈夫です。

右側にも3.5メートルの空間があります。



P1010328.jpg



この写真だと、違反車両が多いですが、
路側帯がない住宅エリアの場合、
「壁にギリギリ沿って、右に3.5メートル空けられれば可能」
という道路です。

路側帯が無ければ、
左側に0.75メートル空ける必要が無い」
ので、
右に3.5メートルの空間を空けられれば、
駐車することは可能です。

ただ、
「駐車場入り口から3メートル以内」
「消火栓から5m以内」
など、駐車OKエリアでも
「法令違反区画」がある
ので、
上記写真は、駐車違反車両があります。。


普通車の場合、車の幅は「1.7〜1.8メートル」
で決まっています。

大体の住宅道路は5〜6メートル幅が多いですが、
路側帯が無い場合、
ギリギリで壁に寄って駐車すれば、
6メートル道路であれば、
車両の右側に3.5メートルあけることは可能です。



F-_DCIM_114_PANA_P1140171.jpg

F-_DCIM_114_PANA_P1140037.jpg



路側帯の話をしたので、
ワケが分からなくなるかもしれませんが、
上記写真のように路側帯はあるけど・・
みたいな道路を見たとしても、
大体は「駐車禁止の標識」が存在しています。


今回、主に住宅地エリアの場合で書きましたが、
教習所で習っていることではありますが、
忘れている方も多いでしょう。



F-_DCIM_114_PANA_P1140497.jpg



以前記載したことがありますが、
道路幅等は「消防車」が入れる事を前提に
決められていることが多いです。

緊急で何かがあった場合、
そこに違法駐車・迷惑駐車があった場合、
弊害になります。



P1010389.jpg




駐車違反でたまに見かける「盲点事例」をもう1つ。

日本の道路は「左通行」です。
それはセンターラインのない住宅地でも適用されています。

たまに「進行方向の逆方向」で駐車している車がありますね。
これも問答無用の「駐車違反」です。

何故かというと、上記の記載にマッチしています。

路側帯がある・無しに関わらず、
「駐車した車両の右側に3.5メートルの空間を空ける」
と記載しました。

「逆駐車」した場合、車両の右側に3.5メートルも
空いていませんね。 
逆駐車した場合は、壁になっているはずですので。

ですので「駐車違反」になります。

逆駐車という法令はありませんが、
進行方向と逆に駐車するという事例は、
八木山ではゴールデンウィークでたまに見られるでしょうか。



F-_DCIM_114_PANA_P1140517.jpg



最後に、みなさんも少し疑問に思っているかも・・
しれない道路事情。

昨年末に開通した
「長町八木山線」「郡山折立線」

暫定開通していますが、
道路としては「未完成」です。

それを意味するかのように、
道路のところどころに「ポール」などが立っており、
八木山南の「郡山折立線」などは、
「工事している箇所が無いのに、
 せっかくの2車線道路が1車線になっている」
という区画がありますね。

なんでよ・・と思いますね(^^;)

あれには理由があるそうで、
「石井模型さんから286号」までの区間で、
全く交差点が存在しなければ、
2車線で通行できるようなのです。

ただ現在、住宅地などから本道に出入りする道が、
かなり存在していますね。
右折しなくてはならない箇所も数か所あります。

そうなると、事故防止のスピードの関係もあると思いますが、、
2車線になっていると信号機が必要なようで、
そのために1車線区間にして右折レーンを設置して
回避している現状があるそうです。


交通量の様子も見ていると思いますが、
286号と合流している道路のため、
1車線でつくる訳にもいかなかったでしょうし、
1車線で暫定開通させている・・
という認識で、たまに2車線になっているからラッキー・・
という感覚でいた方が良い道路ということですね。

信号機設置も、色々と年間の設置台数が決まっています。



C-_Users_user_Desktop_S__49979400.jpg


★★★



★★★


posted by 八木山取材班 at 05:46| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。