2017年01月14日

八木山エリア付近の「どんと祭」

☆☆☆



P1200008.jpg
鈎取八幡神社



今日は「どんと祭」でしたね。

宮城県で広まるこの祭り・・
実は「全国的な祭り」と思っている・・
宮城県出身者の若い方も多いそうです。

特に、仙台から離れた事がない方などは、
そう思っていても不思議では無いですが(^_^;)


実は「どんと祭」、全国的に有名な行事ですが、
「宮城県のローカル名称」です。

毎年1月14日、
神社の境内で、正月に飾っていた「正月飾り」関係、
昨年買った「お守り」などを、お焚きあげします。

御神火にあたることで、
一年の無病息災・家内安全を祈願する祭り・・
それが「どんと祭」ですね。

県内最大規模のものは、仙台「大崎八幡宮」の
松焚祭(まつたきまつり)が有名です。

これは300年の歴史があるそうで、
平均で約10万人の人出、
国道48号と接続道路は交通規制されるほど大規模です。

「裸参り」もあり、これも特に有名ですね。


以前はもっと多かったようですが、減ってきており、
その理由が、ハッピーマンデー制度導入で、
「成人の日がズレた」ためです。

「どんと祭の14日」の次の日・・15日は、
「成人の日」で休みだったんです。

1月15日が成人の日の祝日では無くなってしまったので、
大崎八幡宮への参拝客は減ってきたそうです。



P1190980.jpg

P1190987.jpg
鈎取八幡神社




八木山エリア付近では、
向山エリア「愛宕神社」が有名ですが、
他に「八木山神社」でもお焚きあげしています。

完全に八木山の中で焚きあげしているのは、
「八木山神社のみ」になります。


八木山エリアで知られているのか、どうなのか・・
お隣の鈎取エリアに「鈎取八幡神社」があります。

実は「鈎取八幡神社」は
あの「大崎八幡宮」からの分祀と言われているそうですね。
※山田鈎取まち物語より

大崎八幡宮の神様が、鈎取八幡神社にも鎮座することになり、
どちらが本物で、どちらが偽物などということはなく、
双方に同じ神が鎮座していることになります。

大崎八幡は、1607年に山形県米沢市の
成島八幡宮と合祀し、伊達政宗によって仙台に移され、
鈎取八幡神社も、そのころに建造されたようです。



P1190994.jpg

P1200002.jpg

P1190998.jpg




鈎取八幡神社の境内には、
平成7年3月に植樹された「子福桜」の白い桜が、
現在にかけて咲いています。

コブクザクラと呼び、
春と、秋〜冬の二季咲き品種の桜です。

花言葉は、【純潔】だそうです。




P1200004.jpg



一年の無病息災を祈る「どんと祭」に、
関係のない「家庭ごみ」を持ち込む「お馬鹿さん」が
絶えないそうですが、
神社は、大変苦労しているそうです。

家庭ごみを、どさくさしないようにしてください(>_<)



夜も遅くなっていき、
雪がガンガン降ってきた八木山エリアです。

気温も今期の最低気温を更新しており、夜11時半現在・・
「マイナス5.4℃ / 路面温度マイナス4度」
となっています。

明日の朝、
間違いなく積雪と「凍結」があります。


徒歩の方、そして朝に運転する方は、
必ず注意してください。



★★★


posted by 八木山取材班 at 23:54| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。