2017年08月08日

八木山エリア 台風5号 アウターバンドに注意

☆☆☆


今年の仙台七夕は、晴れる日がない状態で終わりそうです。



G-_DCIM_120_PANA_P1200843.jpg




雲の中と言いますか、霧の中と言いますか・・。
ガスがかかる状態が、多く続いている八木山エリア。

写真では見えている霧ですが、
肉眼では視界10メートルといったところです。


そして、台風5号の接近により、
「アウターバンド現象」が発生しているようです。


名称未設定-1.jpg



台風の周りの湿った風がぶつかって、
積乱雲を発達させている状態が、宮城県にかかっています。

上記のレーダーの雨雲は、北西へ向かっています。


「外側降雨帯」とも言いますが、
台風の渦・・すなわちスパイラルバンドの、
さらに外側200キロ以上を「アウターバンド」と言い、
これが宮城県に集中的にかかっています。

雷も相当鳴り響いており、雨量もかなりのものです。

川沿い・水辺・などには、近づかないで下さい。

外出の際、細心の注意を払って下さい。

恐竜山付近・青葉山付近になど、
山・崖などが近い家屋は、土砂崩れに注意して下さい。





☆☆☆
posted by 八木山取材班 at 06:43| 宮城 ☁| Comment(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

八木山動物公園 夜開園2017 「ナイトズージアム」

★★★


P1090004.jpg
仙台花火大会 ベニーランド前の様子


仙台七夕が本日よりスタートします。

その前夜祭にあたる昨夜の花火大会
「音は鳴れど、濃霧で見えず」
上のベニーランド写真も、その状態でした。

各エリアでもそんな状態だったのではないでしょうか。
こればかりは、仕方が無いでしょうね・・。

様々な準備も完了し、業者さんなどが準備をし
「金」が動いている訳ですので、
簡単には中止も延期も出来なかったでしょう。


P1090008.jpg



八木山小で行われた盆踊り大会も、
雨を警戒して「体育館開催」になっていました。

天気悪そうだから、明日にしましょうか!
というように、イベントごとは簡単にできないのが
辛いところです。

家族旅行でも2泊3日くらいの予定を中止してしまうと、
宿泊などのキャンセル、予定の都合もありますので、
色々と不都合があるのと同じですね。



DSC_0895.jpg

DSC_0865.jpg




さて、今年もやってきます。
「八木山動物公園 夜開園」

今年は、「ナイトズージアム」というそうです。

「セルコホーム ズーパラダイス八木山」となっている
現在の八木山動物公園ですので、
名前が「ナイトズージアム」ということでしょうか。

当サイト調べでは「夜開園」という検索ワードになっていますので、
そのワードは使いたいと思います。



DSC_0811.jpg


平成29年8月17日(木曜日)〜 8月19日(土曜日)
3日間開園

閉園時間を午後9時まで延長
日中に入園された方も、そのまま夜間開園

入園は午後8時15分まで
(通常開園時間 午前9時〜午後4時45分)

通常の入園料金と同じ
一般:480円   
小・中学生:120円
未就学児:無料
※年間パスポート、どこでもパスポート使えます。

【駐車場】
「八木山動物公園駐車場」
「八木山動物公園駅駐車場」
「八木山ベニーランド駐車場」
合計3箇所
昼〜夜間営業時間帯まで
各駐車場 1日500円


写真など撮影の際の、
ライトやフラッシュ等は使用禁止



P1190313.jpg

P1190311.jpg



例年の渋滞予想ですが、
毎年「17時30分より、駐車場渋滞がスタート」します。

地下鉄東西線がありますので、
渋滞は無いと期待したいですが、
「地下鉄があっても大渋滞」します。

これは、ゴールデンウィークで経験済みで、
「来園者の底上げをする地下鉄」にはなりますが、
「クルマ利用の来園者は、やはりクルマを使う」
という予想は、やはり覆りませんでした。

八木山の駐車場台数には限りがあるので、
ボヤボヤしていると、閉園になるという状態になり、
イライラしてしまいます。

毎年見ていると、閉園ギリギリまで渋滞しているので、
それであれば地下鉄で来て頂くのが一番快適です。

仙台駅付近の、天井がある駐車場に駐車して、
地下鉄で来るのが良いのかと思います。


毎年のことですが、
混雑最大の日は「最終日の土曜日」です。

ただ今年は、
「広瀬川 灯籠流し 花火大会 8月20日(日)」の
日程と重なっていないため、
286号線付近の混雑は無いと思われます。



P1190320.jpg



毎年、夜開園のクルマの渋滞を見ていますが、
「気の毒になるほど、渋滞する」
という日が「3日間のうち、1日は確実にある」ことです。

天候によって、空く日もあります。

ただ、「雷がなるほどの天候は、即・中止」になります。
これは、以前あったことですので、
「大雨は、中止」です。


出来れば、ちょっとお金は多めにかかりますが、
交通手段は、
「仙台駅界隈 地下鉄駅沿線の駐車 地下鉄でGO」
が、最善の策だと思います。

八木山の駐車台数には限りがあります。
渋滞にハマると、閉園時間になります。




DSC_0832.jpg

DSC_0842.jpg




夜間開園に限ったことではありませんが、
動物公園などの
「生き物」を相手にしている施設の「楽しさ」は、
『その時その時で、動物のアクションが違う』
ということです。

撮れる写真が、毎年違うという特徴があります。
ある意味、ギャンブルです(^^;

去年は・・ここでこんなのが撮れたから♪
と思って、今年行ってみると、、、
対象の動物が、その場所にいなかったり、
動かなかったり・・そんなパターンが必ず出ます。


毎年書いていますが、子供たちにとっては、
「夏休み最後の、夜の大イベント」になる「夜開園」です。

子供たちの思い出に、デートに、
ぜひ八木山動物公園ご来園下さい♪



DSC_0782.jpg

DSC_0784.jpg

DSC_0949.jpg

DSC_0907.jpg

posted by 八木山取材班 at 08:48| 宮城 🌁| Comment(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

仙台市 梅雨明け 「仙台花火大会の八木山エリア」

☆☆☆


8月に入りました。
ご無沙汰しております。

仙台市が本日、梅雨明けしました。
東北全域と北陸全域だそうです。

平年より8日、昨年より4日遅く、
昨年は7月29日でした。



2017.7.jpg
2017年7月の天気


さて、今年の夏は・・どうなのでしょうか。

何となくですが「もう、夏は終わったかな・・」
と思っている取材班です(^_^;)

ここで、過去の「仙台市の7月の気温と天気」を見てみましょう。


2016.7.jpg
2016年7月の天気

2015.7.jpg
2015年7月の天気

2014.7.jpg
2014年7月の天気

2013.7.jpg
2013年7月の天気



このデータですと、おおざっぱに記載されていますが、
「曇り」となっている日も、雨が降っています。

雨が降った日でも、
曇っている時間が長いと曇りと表示されています。


気温の方では、
近年では2015年・・2年前の7月は暑かったですね。


では、8月の過去の天気と気温を見てみましょう。



2016.8.jpg
2016年8月の天気

2015.8.jpg
2015年8月の天気

2014.8.jpg
2014年8月の天気

2013.8.jpg
2013年8月の天気



仙台市では「お盆が過ぎると、夏は終わる」
というような風習があります。

しかしながら、
お盆が過ぎても30℃を越える日も多く、
予想が付きにくいですね。


今年の7月は、例年と比べると
30℃を越える真夏日になる日が少ない傾向にあります。

8月は、果たして。。。



P1190208.jpg

P1190187.jpg

P1190199.jpg



さて、夏と言えば花火・・
「仙台花火大会」は8月5日土曜日です。

写真にあるとおり、八木山ではベニーランド付近からも
見ることが出来ますが、
高い位置に打ち上がった花火のみ・・といったところ。

低く上がった花火は、厳しいです(^_^;)

八木山エリアは、
「大々的に見える場所は、ほとんどない」
というのが現状です。

というのも、仙台花火大会は萩ホール付近で打ち上がるので、
「八木山からは、裏側になってしまう」のです。

山々が邪魔して、見ることが出来ない立地なのです。

付近でよく見えるのは「仙台城址」になるでしょうか。



P1190173.jpg

P1190172.jpg




この影響で、八木山付近はだいぶ渋滞してしまいます。

原因は、仙台城址方向、向山方向へ向かう方の交通量が、
一気に増加してしまうからです。

ですので、
「花火大会の日の午後19時以降は、
 動物公園付近に行かない方がよい」
というのが現状です。

特に、仙台城址方向が大渋滞を起こしています。


P1200841.jpg

P1200840.jpg



そしてさらに、「動物公園駅駐車場」については、
昨年は「最大2時間30分の出庫渋滞」が発生しています。


この部分にも注意していただき、
出来れば「クルマでの行動は避けた方がよい」
というのが推測です。



P1200839.jpg



この駐車場は、「八木山動物公園駅駐車場」で、
あくまで「パーク&ライド」としての、
「定期駐車場」をメインとしており、
現在、約500台収容の中で「300台が定期満車状態」です。

「200台しか、普通駐車用として空いていない状態」です。

パッと見は、空いているように見えていても、
定期券購入されている方優先で300台が確保されているため、
ガラガラに見えても駐車は出来ないのです。

そのあたりを、誤解無きよう、注意して下さい。
そういう目的の駐車場です。


そしてそして、この同じ日、8月5日
八木山小学校 校庭において、
「第43回 八木山地区夏祭り盆おどり大会」
が開催されます。

「午後16時〜20時30分」
※雨天の場合は体育館・上校庭実施

これまで、
八木山小学校の体育館・プールの改装があったため、
八木山小で実施できていませんでしたが、
今年から復活です。

仙台花火大会と、八木山盆踊り・・・
どちらを取るか・・・と、迷いどころになりますか(^_^;)

なぜこの日!? という意見もあるかと思いますが、
ちなみに、八木山小からは、仙台花火は見ることはできません(^_^;)

もし、八木山以外の方が八木山に訪れる時があるならば、
この日は「八木山小」に立ち寄ってみて下さい♪



☆☆☆

posted by 八木山取材班 at 23:29| 宮城 ☀| Comment(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

【特別番外企画】ミシュランガイド宮城 太白区「ピッツェリア ダ・ブリオ」

★★★


早いもので、7月も中旬。
2017年も半分が終わりました。

今年の夏は暑くなりそうですね。
少なくとも冷夏ではないはずです。



G-_DCIM_107_PANA_P1070352.jpg

P1200787.jpg




昨日、「ミシュランガイド」の宮城版が発売されました。

特別版として東北初。
宮城県全域の飲食店やホテル、旅館が対象で、
合計351軒が掲載されています。

覆面調査員による調査が2年前から実施されていたようで、
宮城県では二つ星が1軒、一つ星が11軒。
いわゆる「星」は、「お高いお店」がほとんどで、
庶民には少し縁遠い部分もありました。

そこで、星に次ぐ「ビブグルマン」という評価があり、
コストパフォーマンスが高く、
良質な料理を提供する飲食店・レストラン
(3,500円以下で食事ができるおすすめレストラン)
が37軒掲載されました。

その下が「調査員おすすめのお店」として、
227軒掲載されています。


P1200783.jpg



ここで注目したいのが「ビブグルマン」

仙台市内では約20軒あり、
そのうち太白区では「5軒」です。

残念ながら、八木山エリアには該当なしでした。

・とんかつ 和泉[とんかつ]長町 7-18-33
・穣庵(じょうあん)[蕎麦]秋保町大滝 8-1
・南國堂(なんごくどう)[インド料理]太白区八本松 1-1-50
・ドットーレ(Dottore)[ピッツェリア]秋保町湯元字釜土 1
・ピッツェリア ダ・ブリオ[ピッツェリア]白区山田上ノ台町 1-9

太白区では、この5軒です。


当サイトでも色々とお店の紹介はしておりましたが、
「覆面調査」は当サイトもしております(^^;
しかしながらウチは「掲載できるかどうか」ですが、
ミシュランさんの覆面は「味や雰囲気など」です。

人には必ず好みがありますので、
ミシュランさんがすべてではありませんが、
「楽しむ」という目線で、
こういう企画はドンドンして欲しいものですね。


当サイトでは、「人の好み」があるので、
食べログのような評価は出来ませんが、
ただひとつ断言できるのは、
飲食店というジャンルは
「お客さんは、美味しいお店なら、どんな遠くても必ず行く」
「味が美味しければ、立地は関係ない」
と言えます。

長年続けるには、店の雰囲気などは必修とは思いますが、
生命線なのはやはり味だと思うのです。



G-_DCIM_107_PANA_P1070414.jpg

G-_DCIM_107_PANA_P1070404.jpg

[ここに地図が表示されます]





2014年10月14日にオープンしたピザのお店
ピッツェリア ダ・ブリオ(Pizzeria da Brio)

仙台市太白区山田上ノ台町 1-9
TEL:022-243-2180

ランチ  11:30-14:30(14:00LO)
ディナー 17:30-21:00(20:30LO)
★火曜定休★★駐車場あり★




P1200772.jpg

P1200778.jpg



こちらの「ピッツェリア ダ・ブリオ」さんが、
今回のミシュランガイド宮城・ビブグルマンに選定されました。

ここは、以前、「取材班が行く 金剛沢治山の森 鈎取山入り口編」
の中で立ち寄った1店のお店でした。

この縁もあり「番外企画」として
話題の部分に便乗し、記事にさせて頂きました。




G-_DCIM_107_PANA_P1070393.jpg

G-_DCIM_107_PANA_P1070396.jpg

P1200791.jpg

P1200792.jpg



現在のメニューはこちら。
ランチもあります。以前取材班が訪れた時もランチでした。




G-_DCIM_107_PANA_P1070417.jpg



今回、八木山話題ではないのですが、
店主がオープン時に「店の立地選び」をした際、
八木山香澄町もロックオンしたそうです。

色々と物色し、この山田上ノ台町にしたそう。
マッチしていれば「八木山にあったかもしれないお店」
だったんですね。


仙台市中心部から離れていますが
「イオン」さんというショッピングエリアがあり、
「隠れ好立地」ともいえ、
今後の展望はかなり良い方向へ向くのではないでしょうか。


住宅地エリアは「静かに過ごしたい」と思う方は多いですが、
商売している方からの目線では、
発展・地域人口が増えてもらいたいと思う、
いわゆる「ギャップ」が少なからず存在します。
現在の八木山で難しいのが、この「ギャップ感」です。



G-_DCIM_107_PANA_P1070421.jpg

P1200770.jpg

G-_DCIM_107_PANA_P1070382.jpg



店内は「イタリー」の雰囲気でしょうか。

以前、この店舗は「ケーキ屋さん」で長年使用されていたことは、
八木山エリアの住民でも有名でしょう。
店舗名は忘れてしまいましたが・・。



G-_DCIM_107_PANA_P1070364.jpg


店舗に入って目に入るのが「窯」です。

ピザ屋さんとしては、珍しくないとのことですが、
取材班は「ピザはデリバリー」のような生活感だったため、
窯を見るだけでワクワクします。



G-_DCIM_107_PANA_P1070367.jpg

G-_DCIM_107_PANA_P1070366.jpg




500度だそうですが、
それが1分も経たない時間で、生地が焼きあがります。



G-_DCIM_107_PANA_P1070353.jpg

G-_DCIM_107_PANA_P1070358.jpg



この過程を見るだけでも、
良いものを見ている気がします。

飲食店は、食べるだけではない・・
という感じです。

店主は、有名なお店で働き、海外でも修行した方です。
こういう部分は、来店して聞いてみてください♪



G-_DCIM_107_PANA_P1070362.jpg

P1200775.jpg

P1200777.jpg




そして、出来上がりです。

女性が一人で食べるには大きいサイズかもしれませんね。
生地も厚く、男性としてはベストサイズ。

この生地が美味しいですよね。 モッチリとした。

「チン」して出来上がるピザを多く食べる方からすると、
このギャップにも驚くはずです。

これが「ホントのピザです」と、ピザの方から言われているようです。



G-_DCIM_107_PANA_P1070390.jpg



店主の方からすると、
「ピザは、生活の中であまりベーシックではないんでしょうかね」
という感じの事を仰られていました。

確かに、ラーメン・そばなどの麺類よりは、
日本人としては身近ではないかもしれませんが、
無性に食べたくなる時があるのは確かです。

「炭酸飲料」みたいな存在なのかもしれませんが、
好きな人には本当に好きなのが「ピザ」という方も
多いと思いますので、
こういう「ミシュラン本」などで、
ピザがもっと身近な存在になればよいですね。



G-_DCIM_107_PANA_P1070376.jpg

G-_DCIM_107_PANA_P1070372.jpg




取材班は、「ミシュランガイド」を初めて見ました。
「ビブグルマン」という言葉や設定も初めて目にしました。

覆面調査員というミシュラン側の方も来店して、
実際に食べていったそうですが、
名乗って食べに来ることは無いようですね。

後でわかると、店主の方も
「ミシュランは、仙台市中心部だけの話かと・・」
思っていたそうです。

遠方立地までは来ないのだろうと。

昨年から、飲食店の方・・知らずに来ていたというパターンは
実際にあったようですよ。


今回の取材、ちょっと流行に乗ってみたということで、
混雑してからでは取材が出来ないと判断し、
発売前に取材させて頂き、発売後である今回、
掲載させて頂きました。




P1200785.jpg



何度も書きますが「人には好み」がありますので、
食べての感想はそれぞれだと思いますが、
「食べ物に興味を持つ」
という部分においても、特に若い方には
今後の人生でも必要な事かと思います。

食べることを趣味にしている方も多いですよね。


このガイドで、この本に載っていない店でも、
「お店で食べる」ということを、
時々でも良いのでやって頂けたらなと思います。

地域活性化にもつながります。


こういう本の、出版目的の1つでもあるのかなとも感じます。

八木山に存在しないピザ屋さんですが、
興味のある方、ピッツェリア ダ・ブリオさんに、ぜひ♪





G-_DCIM_107_PANA_P1070417.jpg


★★★


posted by 八木山取材班 at 02:29| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

八木山エリアの遊水池・砂防エリア 「どぶ公園/芦ノ口緑地」

☆☆☆


住民数がピークだった時代・・
八木山小・八木山中の遊び場のひとつだった
「通称・どぶ公園」

正式名称「芦ノ口緑地」



P1200712.jpg



ちょっと、今は草ボーボーとなっている・・
淋しい公園と化しています。

以前コメントで頂いておりましたが、
「アジサイ公園」に変貌を遂げるようで、
どぶ公園上段の「のり面」に、
約400本のアジサイが植えられているそうです。

市役所の助成金、町内会員からの寄贈を含めて、
平成25年11月に植えたそうです。

苗木がほとんどのようですが、
八木山中の協力も含め手入れをしたそう。

先日行ったのですが・・コメント頂いた方、
アジサイはまだ咲いていませんよね?
再度コメント頂ければ幸いです。

生協側・のり面に植えられています。



P1200714.jpg



「どぶ公園」

地下鉄エリア付近全域から「どぶ公園」にかけて、
住宅地の道路わきの排水溝・・
これも「どぶ」と言っていますが、
この「どぶ」の雨水・排水が、
一斉に集まるのが「どぶ公園」です。

本来は、「小川」であり「水路」なのですが、
汚れて異臭を放つようになると、
人は自然とその場所を「どぶ」と呼ぶようになりますね。

昔のどぶ公園は、確かに「異臭を放つ」場所でしたが、
現在は放っていません。
雨上がりの晴れの日は、多少臭いはあると思いますが、
昔と比べれば全くでしょう。

となると・・昔・・「どぶ川は、なにが混ざってましたか?」
と言いたくなるほどですが・・(^^;)

子供の頃、普通に野球やサッカーをして、
どぶに落ちたボールを素手で普通に触って、
すぐゲームスタートしたものです(^^;)

ロクに手も洗っていなかった気がします。
それでも、今の大人たちは元気に生きています。

変なバイキンが来ても、昔つくられた抗体が、
今の大人たちの体の中で、
ビシッとやっつけてくれてる気がしますね(^^;)



P1200722.jpg

P1200723.jpg



どぶ公園・・芦ノ口緑地は、
「遊水池」の役割もあり「砂防ダム」の役割があります。

今も昔も、子供たちは、
「どぶがある公園」としか思わないでしょう(^^;)


昭和53年に指定されていますが、
「砂防指定地」となっているのが「芦ノ口緑地」であり、
上流から流れてくる土砂を止め、
下流に被害が出ないようにする「クッション」の役割をするのが、
この「どぶ公園」です。

今の時代・・現在の八木山を考えると、
さすがに「土砂が来る」ことは考えにくいので、
どちらかと言えば「遊水池」の役割の方があるでしょうか。

八木山の上流部から・・
つまりは地下鉄エリア界隈の「上流部」からは、
大雨が降った時に「大量の雨水」が下流へ流れます。

それは、立地から見ると「芦の口・鹿野・砂押」エリアに
向けて、八木山の雨水が流れていくことになります。

当然、雨水が流れ込みやすいのは「側溝」です。

この側溝からの雨水・・この地下鉄エリア付近からは
「芦ノ口緑地」に流れていく経路になっており、
さらにこの「芦ノ口緑地」から下流は
「金洗沢川」に名前が変化して、
下流部・砂押・鹿野エリアにある「木流堀」へ流れ着きます。



P1200715.jpg



どぶ公園からの排水・・「金洗沢川」です。

ご存じの通り、この先を流れていきますと、
芦口小学校の脇を通ります。

先日、仙台市が極秘にしていた「秘密の菅」を書きましたが、
この芦の口エリアに秘密の菅を設置していたという事は、
「オーバーフローしやすい場所だった」
ということであり、
「クレームが多かった地域」
とも言いかえることが出来ます。

そのために極秘裏に対策を打っていたのでしょう。

これは「秘密の菅」が作られる以前に、
八木山エリアが造成された時期、
下流へ向けての排水が増えていくと予想した役所は、
芦の口エリア立地が冠水しやすいかもしれないと、
判断が出来ていたと想像できます。

そこで造られたのが
「どぶ公園」という「遊水池対策」となるのでしょう。

遊水池とは、「洪水調整となる ため池」の役割で、
一気にドバっと下流に流れる前に、
どぶ公園で1度止めて、定量を流す方式です。


P1200714.jpg



つまり、公園の凹みとなっている部分に
「台所の流し場・お風呂」のように水を溜める訳です。

ですので、
このようにのり面に囲まれている立地になっています。



P1200713.jpg

P1200721.jpg




そして、見覚えがあると思いますが、
この金網のテントみたくなっているところから、
一定量で下流に流していく訳です。

・台所の流し場にある排水入り口
・風呂釜の排水入り口
などをイメージすると、このどぶ公園の金網も、
分かりやすいかと思います。

この金網・かごになっている部分もかなり重要で、
「倒木」「大きな物体」が下流に流れて行かないよう
設置されている訳です。

台所の流し場も、同じ原理ですね。


どんなに上流からドカドカ水が流れてきても、
遊水池で1度水を溜めていくので、
下流に流れる時間を稼ぐことができ、
さらに排水される「間口の大きさ」が決まっているので、
一定以上は流れていきません。

という役割が、遊水池です。


とはいえ・・・
どぶ公園が遊水池として活用された事例は1度もありません(^^;)


これが機能するほどの大雨が降ったら・・・
それこそ「恐竜山」や色々な場所も消えてしまうほどの
すざまじい被害が出るという事だと思います。。。


ということもあり、この「どぶ公園」は、
大雨・洪水・台風があるような日は、
出来る限り近づかないようにしてください。

そういう役割の公園です。

ただ、晴れている日は安全ですので、
思い切り遊びに使ってください♪




P1200722.jpg

★★★
posted by 八木山取材班 at 05:06| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする