2024年04月17日

八木山ベニーランド 4月14日 56年目の開園記念

IMG_1395.jpeg

IMG_1390.jpeg

IMG_1388.jpeg


1968年(昭和43年)4月14日
東北地方で初めての総合遊園地。

今年2024年でで56年目です。

その当時から見れば、50年後に今のような風景が
広がっているという想像は出来たでしょうか。

仙台市中心部などからすると、
3-5日ズレて満開になる八木山。

先日4/14にはコスプレのイベントが開催されていましたが、
その時は、ほぼ満開と言ってよい状態でした。



IMG_1445.jpeg

IMG_1456.jpeg


この50年以上営業しているベニーランドでは、
園内の遊具、レイアウトも様々変化して現在に至ります。

三神峯公園や西公園などの桜も良いですが、
入場料を1000円払って花見も良いものと思います。



IMG_1454.jpeg

IMG_1457.jpeg



トイレもありますし、売店もあります。
ただ、カードは使えないので現金は必要ですよ♪



IMG_1443.jpeg

IMG_1482.jpeg

IMG_1481.jpeg



しばらく行っていない方も多いかもしれませんし、
県外にいてなおさら・・の方も多いかもしれません。

次回、もっと撮影してきていますのでご覧いただきますね♪



posted by 八木山取材班 at 00:07| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月03日

2024 仙台市 桜開花


IMG_1221.jpeg
三神峯公園 4/3

IMG_1223.jpeg
三神峯公園 4/3


2024年4月2日に桜が開花した仙台市。

八木山は仙台市の開花から3日は遅れますので、
週末には開花しているはずです。

IMG_1225.jpeg
三神峯公園 4/3


三神峯公園は、色々の桜があるので、咲いている桜もありますが、
ほとんどの桜は、開花していません。
ソメイヨシノは、あと1.2日で開花かなというところです。

2009平成21年4月 7日
2010平成22年4月13日
2011平成23年4月12日
2012平成24年4月18日
2013平成25年4月 9日
2014平成26年4月 7日
2015平成27年4月 3日
2016平成28年4月 1日 
2017平成29年4月 7日
2018平成30年3月30日
2019令和 元年4月 5日
2020令和 2年3月29日 歴代2位
2021令和 3年3月27日 歴代1位
2022令和 4年4月 8日
2023令和 5年3月27日 歴代1位
2024令和 6年4月 2日

歴代を見てみますと、
2013年あたりから一気に暖かくなってきている
という感じを受けますね。

東日本大震災が発生した付近では、
ゴールデンウィークに青森県あたりで
見ごろを迎える東北の文化でしたが、
そうもいかなくなりました。


IMG_1169.jpeg

IMG_1170.jpeg

IMG_1172.jpeg

IMG_1173.jpeg
2024.3.31


2022年3月16日(水)午後11時36分頃
に発生した福島県沖地震において、
通行止めが続く仙台城址ルート。

作業は着々と進んでいるようです。
この地震で、「元文」と書かれた石材も見つかっている
ようですね。1736年−1739年が元文とのこと。



IMG_1168.jpeg

IMG_1174.jpeg

IMG_1176.jpeg



今回の修復は、
スーパーゼネコンの清水建設さんが担当しているようです。
※大手ゼネコン(スーパーゼネコン)5社といわれる、
大林組・鹿島建設・大成建設・清水建設・竹中工務店

工期は来年の3月31日まで。
何事もなければ、3月中旬には開通できるかもしれませんね。



IMG_1177.jpeg

IMG_1181.jpeg

IMG_1182.jpeg



青葉城本丸会館です。
ゴールデンウィークが近づくと、
修学旅行も含め観光客がドッときますね。

このウィーク中などの繁忙期は、
東北大学工学部の方向から八木山に向かうと、
この青葉城渋滞に巻き込まれてしまいますので、
286号線や向山から八木山に入ったほうが良い・・
というシーズンがもまなく訪れます。



posted by 八木山取材班 at 22:16| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月27日

八木山のバイブル本

IMG_0969.jpeg
2024.3.24

仙台市も桜がまもなくと予想されています。

とはいえ、先日26日の八木山は・・・


IMG_1003.jpeg


取材班のクルマの上には、
10センチを超える雪が積もっていました。。
暖冬と言われているものの、
昨年と比べると、雪はかなり降っているでしょうか。
暖かい日と寒い日の「寒暖差」も大きいですが、
氷点下5度くらいまで下がる日はなかった冬でした。


IMG_1020.jpeg
八木山南 グリーンベルト



近頃の八木山を見ていると、近隣からもよく聞きますが、
「八木山住宅バブル」と言われることも多くなってきました。

古い家がなくなり、その場所に新築が建ち・・
という光景が目立ってきました。

時代が移り変わってきたと見てよいでしょうか。


BRWD46A6A38BD73_000031_page-0001.jpg
2000年02月出版


八木山のバイブル本「八木山物語」
このサイトでもだいぶお世話になっている本ですが、
この本が出版されて24年です。

最近ではもう一冊、八木山のバイブル本がありますね。


BRWD46A6A38BD73_000030_page-0001.jpg


2017年3月、八木山の連合町内会の中にあたりますが、
「八木山まち物語」
八木山まち物語作成委員会の方々から発行して頂いています。

本屋さんで売っているものではないですが、
新たに八木山の住民になった方は、
目にする機会はあるかと思います。
これ以上ないくらいの
「八木山の濃い情報満載」のバイブルです。

こういう本が発行できる、つながりのある地域

世代が進むにつれ、そのつながりというものは
変わってくるとは思いますが、
少なくとも「形に残る八木山の本」は、
50年、100年先に残ります。
アナログの良い所です。




posted by 八木山取材班 at 02:28| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月16日

八木山地域の様変わり


gnmpd1df.png

IMG_6549.jpeg
2022.夏

能登地震から1か月以上が経ちました。
ニュース等を見ていると、東日本大震災が発生した13年前の、
当時の状況を思い浮かべることも多いかと思います。

仙台市も、最近では2022年3月16日に強烈な地震が2発、
立て続けにありましたね。

七十七銀行南八木山支店が半年近く営業ができなかったりと、
生活が色々と不便になった時期がありました。


IMG_7086.jpeg
2023.夏

その時の地震で、震災以来の石垣崩落が発生した仙台城址ルート。
仙台市が実施していたクラウドファンディング、
目標金額20,000,000円の目標も達成され、
2025年・令和7年3月・・つまりは来年3月復旧を目標に、
現在工事が進んでいします。

取材班はもちろんですが、
この道は、八木山地域住民にとっては「仙台駅までの最短ルート」
になっていることも多いため、待ち遠しい限りです。


IMG_6557.png
七十七銀行八木山支店


八木山の中心地点でもある「八木山香澄町・緑町エリア」
「八木山の起点」といえるこのエリアの顔でもあった
七十七銀行八木山支店が消滅したのは2021年2月22日のこと。
荒町支店に移転ということではありますが、
地域からすれば閉店ですね。

「地域の様変わり」

このように、当サイトがお休みしている期間、
「お店・個人家」を中心に様変わりしてきたように思えます。

住宅地では、色々な場所が「解体・新築・中古住宅販売」と
活発な地域になってきました。
これは、どうしてもしょうがないことではあります。
今後30年も経てば、
当サイトに掲載していた風景は、ほとんどないかもしれません。


IMG_6519.jpeg

IMG_6522.jpeg



八木山動物公園前のセブンイレブンの左側。
しばらくこの敷地は「空地」となっていましたが、
アパートが建築されるようですね。
観光エリアの玄関口でしたので、違う施設を期待しましたが。。

取材班の記憶では
コンビニ「サンチェーン」から
レンタルビデオ「Mrチャップリン」名称変更で「トキメキ」。
バイク店「T.Mガレージ」などがありましたね。
この界隈にバイク店が多い歴史があり、
「スーパービーズ」さんや、カワサキの看板を掲げた
バイク店もあった記憶があります。

ともあれ、道幅が狭いこのエリアでは
駐車場が取りにくいので、商売をやるには厳しいですね。




posted by 八木山取材班 at 22:57| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月19日

八木山エリアの町中華 

コロナ前からでしょうか。。
「町中華」という言葉が広まりブームになったのは。

正確には、
「地元に根ざした大衆的な中華料理店」のことを言うそうですね。

取材班の知る限り、昭和の時代には
現在よりもだいぶ「町中華屋さん」があったと記憶しています。

八木山小学校付近だけでも、
八木山歯科さんの左隣のエリアに一軒
(リサイクル店・あなたの店の付近)、
八木山郵便局の上、ロータリー付近にも一軒ありましたか。

あれ、ラーメン屋さんだったかな・・と思うところで、
町中華屋さんだったかな・・と記憶があいまいの所もありますが、
八木山の隣町ですが、旧道・鈎取エリア「さつまラーメン」さん。
子供のころによく行った記憶があります。

そして、
金剛沢エリア・2021年11月で閉店した「精花」さん。

IMG_0577.jpeg

IMG_0578.jpeg

IMG_0575.jpeg


この金剛沢の地で30年間営業していた「町中華」でしたね。
もう食べられないのがさみしいです。

IMG_0574.jpeg

IMG_0580.jpeg


営業当時の30年前というと、
八木山エリアも含め、この地域が活性していた頃。

個人店が多い「町中華屋さん」は、
「人が多い場所に開店する」のは、
商売として当然のことですね。
しかし、1代で閉店することが圧倒的に多く、
これもしかたがないことでもあります。


そして八木山南の「ひより台大橋」が出来て
身近になった気がします。
八木山周辺の「キングオブ町中華」といえば・・・
「太白飯店」さんかなと思います。


IMG_9268.jpeg

IMG_9263.jpeg

IMG_9264.jpeg



八木山エリア周辺を見てみても、
今や「町中華」を探すのも困難ですが、
現在のところ、40年近く営業中・・町中華のトップクラスに
君臨しているのは「太白飯店」さんでしょうか。
ひより台大橋の先の先・・「日本平エリア」にあります。


IMG_9265.jpeg

IMG_9267.jpeg



そして現在の所、八木山エリアにある「町中華」といえば、
「桜木町エリア・昇龍」さんと、
「八木山香澄町エリア・愛姫 八木山店」さんでしょうか。

愛姫さんは取材許可頂いているのでサイト掲載中ですが、
データが古いのでメニューは誤差があります。

食べ物は好みが出ますね。 チャーハンひとつでも好みが出ます。
それと「住処から近い」という部分も大きいですので、
自分の住んでいる場所から「近い」のは幸せですね。

八木山香澄町エリアの「愛姫」さんの界隈、
数10年前にはもっと店が多く立ち並んでいました。
カラオケ店・ゲームセンターまであった、そんな地域でしたね。
八木山の地を離れた人には驚きでしょうが、
七十七銀行八木山支店が、無くなっているという、
10年もご無沙汰になると「店などが変わる」というのが、
時代の移り変わりというものなんだそうです。





posted by 八木山取材班 at 02:33| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする