2012年03月23日

八木山エリア 仙台城址「本丸会館」で買い物を(^^)/

★★★



雪が降って積もり始めている八木山エリアです。



P1000946.jpg



夕方付近から降り続けていたのは「雨」でしたが、

夜7時頃から、かなり湿った雪に変わっています。

明日、朝が早い方はご注意下さい。


春は、まだ先でしょうか(^_^;)


*****************************




あと3年は通過できない、通行止めが続く「青葉城址 天守台ルート」。


以前の河北新報さんにも掲載されましたが、

本丸跡の西側に広がる山林、崩落した石垣、本丸番所跡、酉門跡、

土塁などの場所を「国史跡」に追加指定するよう、

文化庁に申請したようです。

昨年の東日本大震災の被災で、修復における災害復旧補助事業で

活用するためだそうですが、6月に答申される予定だそうです。



IMG_7427.jpg




最近の写真より夏の写真の方が綺麗に見えるので、

今回の記事では「昨年の夏の写真」を使用します。



皆さんは震災が起きる前、普段の生活で

「青葉城址・本丸会館」などに訪れた事はありますか?


IMG_7480.jpg



震災後、青葉城址・本丸会館等は復旧したものの、

観光客が90%減という衝撃的な数字が出たりしました。


取材班は震災翌日に、この青葉城址を訪れましたが、

石垣崩落の写真を定期的に撮影するため、

1ヶ月に1度は出向いていました。


IMG_7427.jpg




「天守台ルートが現在でも通行止め」で、

徒歩・自転車のみ通行可能ですが、

当初は「るーぷる仙台」でさえ、青葉城址に向かっていませんでした。


現在は「るーぷる仙台」の運行は、東北大学工学部を回って、

青葉城址内まで運行しています。



IMG_7475.jpg




今は冬の時期のため、従来の暖かい季節よりは観光客は少ない現状と

思いますが、夏以降はそれなりに持ちなおしている気配も見えます。


しかし東北エリアの全体で、原発の影響もあり、

修学旅行客が激減するなど、厳しい現状が続いています。



IMG_7472.jpg




八木山に住む私たちの生活でも、

上記写真にも見える天守台ルートが使用できないため、

かなりの不便感を未だに味わっていますが、

何となく慣れてきた・・・という感じもあるでしょうか。


勤め先が「西公園」の付近にある方もいるでしょうから、

そういう方々はキツイだろうなと、いつも感じています。


そして、本丸会館などの青葉城址内で働く方々にとっても。


IMG_7481.jpg




この青葉城址の中には、

様々なお店が入っていることを、もちろんご存じだと思います。


「菓匠三全」「伊達の牛たん本舗」「笹かまぼこ・鐘崎」

「仙台菓子処・味佳嵯」
などの土産店もあるため、

県外の方に贈り物をする時に、

わざわざ市街地に出なくても、ここで買えますね。


駐車場代がかかることはネックですが、

散歩ついでに出かけると言うことも「アリ」ではないかと思います。


いつか単独で取材しようかなと思っていますが、

飲食店では、

「日本料理店」「串焼き店」「パーラー」「生そば屋」「甘味喫茶」

「伊達の牛タン店」「まんじゅう屋」
などの飲食店がズラッと

並んでいます。


ある意味、厳密に八木山エリアではないですが、

飲み屋さん以外の飲食店が

「商店街のようにギュッとまとまっているナイススポット」

だったりすることを、忘れてはいけませんね(^^)/


八木山近くに、ご飯などを食べることが出来るスポットが、

青葉城址の中にあります(^^)/


IMG_7483.jpg



もちろん、護国神社もあります。

お参りや、おみくじ、お守りなどはここで(^^)/


震災前「歴史好きな女性」で「歴女」なんて流行しましたが、

今もブームなのでしょうか・・。



IMG_7473.jpg




八木山エリア・その付近の観光スポットとしても、

青葉城址は欠かせないスポットの1つです。


ここの盛り上がりも、どうしても必要です。



同時に「飲食店」「お土産店」も、せっかく近くに存在するので、

ぜひご利用下さい(^^)/




★★★


posted by 八木山取材班 at 22:49| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 八木山の 観光/見所/穴場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

秋の青葉城址

★★★




仙台市内の秋の紅葉も、そろそろ終盤でしょうか。

八木山南エリアでは、業者さんが「スイーパー」を使って

枯葉の掃除をしていましたね。


色付いて綺麗な反面、枯葉の掃除も大変です。

バイクや自転車は「枯葉で滑る」危険性も普通にありますので、

注意して走行して欲しいと思います。


雪かきの「雪」同様、「車道にまき散らす」方も

たまに見られますので、あれは勘弁して下さいね。

「枯葉に乗ると、バイクは特に危険」ですから、

思い切り事故につながります。



IMG_0648.jpg




晴れているピーカンの日に撮影したかったですが、

スケジュールがキツキツになっていたため、

曇り空に撮影、「青葉城址の現状」です。


えー、変わらずです(^_^;)

いつ来ても、風景は変わり映えしませんね。

先月の使い回しか? と言われてもおかしくないほど、

ブルーシートと石垣のコラボが続いています。



IMG_0652.jpg




少し終わりかけてしまったかなー、という感じの、

青葉城址の紅葉です。


この時期ならば、通勤に利用していた方は毎朝見ていた

青葉城址の紅葉と思いますが、

今年は、というより3年以上は縁遠くなってしまったこの風景。


その分ですね、クルマの音などで騒がしくない、

「静寂」ともいえる、

「今まで感じたことがない雰囲気」を味わうことが出来る青葉城址

ですので、気軽に味わって頂きたく思います。


そのうち、工事車両で騒がしい雰囲気になると思いますので、

こりゃ今のうち!! ですよ(^^)/


IMG_0656.jpg




取材班、道路の往来にベタッとあぐらをかきましてね、

撮影してみましたよ。

軽くうつぶせでもありますが(^_^;)


道路の真ん中に座るってのはですね、

この青葉城址ルートでは中々出来ないことですよ♪



IMG_0661.jpg




お・・? なんですかこの写真。

取材班、大の字で寝てみました。 

そして真上に向けて撮影した1カットです(^_^;)


この道路でゴロンとしてみた人、誰かいますか?

震災前までは、ビシビシとクルマが往来していた道路ですので、

めったに出来ないですよ♪

これまで通行止めになったことは何回かあったかも知れませんが、

もしなかったとしたら「数十年ぶりにゴロンとした人」として、

取材班を記憶しておいて下さいね(^_^;)



IMG_0665.jpg




するとですね、鳥まで「道路を散歩」してしまう

心地よさですよ。

取材班は鳥に詳しくないですが、「セキレイ」ですか?

もしそうだとしたら、

確か伊達政宗の書状は、セキレイの花押だったはずですね。

今でいうハンコです。

これがただのスズメだったら赤っ恥ですが・・(^_^;)

もしセキレイだったら、情緒あるじゃないですか♪



IMG_0666.jpg





と、思っていましたら、上の方で何やら賑やかに・・。


青葉城址在中「伊達武将隊」の方々が、

観光の皆さまに「おもてなし」をしてましたよ。



IMG_0670.jpg



あれ、最近八木山フェスタにもいた「政宗」さんも

いますね♪ ・・よく見ると、違う方のようにも・・。

何人かいるらしいですからね。


あの鳥の名前を聞いたら、分かりますかね(^_^;)


この震災で、大きな打撃を受けている青葉城址ですが、

こうやって伊達武将隊もいることで、

何とかやっている感じも見受けられますね。

良いタイミングで伊達武将隊を結成していたと思います。



最近、取材班は青葉山、青葉城址界隈を攻めていましたが、

紅葉の色付きは、ピークから終わり付近です。



みなさんも、滅多に味わえない雰囲気を体験しに、

お越し下さいませm(_ _)m




IMG_0664.jpg






★★★
posted by 八木山取材班 at 21:08| 宮城 | Comment(0) | TrackBack(0) | 八木山の 観光/見所/穴場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

八木山付近の自然 「仙台市 野草園」 財団法人仙台市公園緑地協会 

★★★




まず始めに、新たにリンク承諾を頂いておりますので

ご紹介致します。

「仙台市立 愛宕中学校」様

「仙台市立 芦口小学校」様
より

リンク承諾を頂きました。後日ご紹介致します。 

ありがとうございました。


本日ご紹介する場所も、新たにリンク承諾を頂いた施設です。



「大年寺山」と聞いて、みなさんはどういうイメージを持つでしょうか?

標高120mの丘陵です。


大半が「茂ヶ崎エリア」に属しています。


テレビ塔、伊達家の墓、茂ヶ崎城跡、仙庵、茂ヶ崎庵など、

誰でも聞いたことがあるものが、

すべてこの茂ヶ崎エリアに存在しています。


IMG_8459.jpg



門前町から大年寺山まで一直線に延びている階段があります。

「東北工業大学」「三桜高校」などの生徒さんが、

この階段をトレーニングに使っている風景をよく見ますね。

この階段に思い出がある方も多いでしょう。

255段ある有名な階段です。



そして大年寺山で忘れていけない施設があります。

「財団法人仙台市公園緑地協会」が管理している施設です。


「仙台市 野草園」 です。

↑ ホームページへ


IMG_8445.jpg



「仙台市 野草園」

9時〜16時45分(入園は16時まで)

大人200円 小人(小中学生)50円 

*団体(30人以上)は大人160円 小人40円

*「野草館」はすべて無料

営業期間 3月20日〜11月30日 ※無休

〒982-0843
仙台市太白区茂ヶ崎二丁目1-1

電話:022-222-2324




「財団法人仙台市公園緑地協会」様より

リンク承諾を頂きました。 ありがとうございました。



財団法人仙台市公園緑地協会が管理する施設は、

「自然」の施設が代表的で、

青葉山の「青葉の森緑地」、太白山の「太白山自然観察の森」も

そうですし、

仙台市の斎場「葛岡斎場・墓園・北山霊園」などもそうです。

ユアテックスタジアム仙台の管理も行っています。


収益事業としては、「八木山動物公園 駐車場」や、

動物公園内の売店、昨年オープンの「動物公園ビジターセンター内」の

「ゼブラショップ」もそうです。

仙台市中心部の「勾当台公園」野外音楽堂の隣にある店、

「スタンド喫茶勾当台」もそうですね。



IMG_8441.jpg




そして今回ご紹介の「野草園」の施設。



東北地方の代表的な野生植物を展示していて、

身近に見られる草木と親しみながら、植物についての知識を高めて

自然を理解する場として市民に親しまれています。


「高山植物区」「水生植物区」「アジサイ区」「どんぐり山」などに分け、

様々な野生の植物が植えられていますね。


四季折々に、「違った表情を見せる」ため、

野草園は、自然を体感できる植物園なんですね。


仙台市営バスも、「野草園行」が運行されているため、

クルマ以外の方も気軽に行きやすいスポットです。



IMG_8451.jpg




野草園付近には、数多くの公園も存在し、

自然一杯の憩いの場です。

八木山エリア付近の公園が揃う憩いの場としては、

「三神峯公園」か「茂ヶ崎エリア」が代表的でしょう。



IMG_8449.jpg





この付近の一帯は「風致地区」といい、

都市内外の自然美を維持保存するために指定されています。

指定されたエリアは、建築制限や樹木の伐採などにも制限があり、

風致は「おもむき・風趣」という意味があります。


八木山とあわせて308.32haが「八木山大年寺風致地区」に

指定されていて、仙台近郊の緑地として開発を抑制されています。



IMG_8446.jpg





その中にある野草園は、昭和26年に誕生しました。

この野草園を造るきっかけになったのが、

東北大学の名誉教授「加藤多喜雄」氏です。


戦後まもなく「自分たちのまちを、愛することから始めよう」と提唱、

脱スパイクタイヤや緑化推進運動などでも活躍されました。


しかしこの大年寺山が昭和20年代、大ピンチを迎えた事がありました。


この加藤氏と、当時の仙台市長である「岡崎市長」が

自然・野草の保護を訴えていた時期の昭和24年頃に

今の野草園の場所も含めた大年寺山一帯を、

「まるごと国が買収する」
という計画が表面化したのです。


その国とは現在の「法務省」で、大年寺山を買収し

福島県の「東北少年院」を、この場所に移転する計画を

立てたのです。


大年寺山は旧仙台藩主の伊達氏の所有地です。


木々を伐採、運動場や施設、農業実習施設などを

建設しようとしたそうです。


しかし上記で示した通り、大年寺山一帯は「風致地区」です。


市民に親しまれていたこの一帯が「市民が入れなくなる山」と

なる可能性があり、さらに「伊達家の霊場」でもあるため、

反対運動が起きました。

市長や加藤氏も、なんども東京を往復して陳情を繰り返しましたが、

大年寺山の買収・東北少年院の移転という考えは変えませんでした。


石澤氏の著書「八木山物語」の文面にもこうあります。


時期は不明ですが、現在の「法務省」の総務課長が仙台に来た時に、

仙台市土木部の津田部長という方が、

現在の仙台放送局前で現場説明会を開いたそうです。

この段階でも法務省の方針は変わっていません。

仙台市土木部の津田部長は

「ここは風致地区です。立ち木の一本たりとも伐採させません。

 しかもここは、地滑り地区です。

 ここ建物を建てるなんて非常識だ」

と訴えたそうです。


すると総務省の総務課長は、「そんな事、心配無用です」

と返してきたため、津田部長は「このバカ野郎!」と

けんか腰のやり取りにまで発展したそうです。


今でも変わっていない気もしますが、

日本の中央の役人のやり方が、

仙台市にとっては、かなり事務的で冷酷極まりなかったようです。


後のことは「八木山物語」が売れなくなってしまうので

皆さまには名作を読んで頂くとして、

結局、東北少年院は「二ツ沢」に建設されました。


あの時、反対運動なども起きなければ、

少なくとも大年寺山には、野草園が存在していなかった

事になりますね。


平成になった時、仙台市の「石井亨市長」の時代、

伊達家の墓所も含め大年寺山に公園を整備する計画を立て、

そして土地取得を進めました。

この過程で何と「通常価格の4倍」で土地を購入したことが

表沙汰になった時もあり、オンブズマンから訴訟も起こされました。



IMG_8456.jpg




仙台市が大年寺山の7万坪を買い取り「野草園」を開園しましたが、

ヤマユリの株を盗まれたり、芝生からの出火で消防車が出動したり、

植物が踏みにじられるなどの被害が出たりしています。

春の季節には「花見」をするためのグループがやってくるそうで、

酔っぱらいとの警察沙汰も開園当時は多かったようです。


野草園は「植物園」のため、公園ではありません。

上記写真にもありますが、周辺にはいくつも公園はあります。

「お花見」の雰囲気が出るような「ソメイヨシノ」などは、

最初から植えていないのだそうです。


今となっては「野草園」は全国にありますが、

当時としては「野草の施設」は非常に珍しかったそうです。


手入れも大変なようで、ほっとくと雑草がすぐ生えてきます。

お客様から、お金を頂いている施設でもありますのでね、

手入れを怠る訳に行きませんので、結構大変な施設のようです。



植物や花などに興味がない方は、

1度も訪れたことがない・・という施設でもあると思いますが、

重要な施設なんです。

「ある地域にしか、本来見ることが出来ない植物」が

この野草園で見ることが出来る訳です。


動物公園があるから「ゾウ」を見ることが出来ますが、

動物園がなかったら、インドまで行かないと見ることが出来ない訳

ですし、貴重な施設です。






来月の9月17日から「第53回 萩まつり」も開催されます。

↑ サイトへ


平成23年9月17日(土)〜9月25日(日)の期間、

「野草園」が会場、琴・尺八の演奏・野点、

仙台フィルの音楽会などの行事が行われます。

仙台市の花である「萩」と親しみながら、

秋を味わうイベントです。




宮城県の花は「ミヤギノハギ」で、他に「センダイハギ」もあり、

「萩」と繋がりが深いんですね。

仙台市野草園にも萩のトンネルがあります。


「花の詩の集い」という、「仙台フィルハーモニー管弦楽団」との

合唱があり、仙台市では大変有名なイベントですが、

この時期、同じく有名なイベント

「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」 と開催日程が重なる事が

多いですが、今年は「ジャズフェスの翌週」からと、

日程がズレています。



ぜひお越し下さいね♪



IMG_8454.jpg





野草園とは別ですが、「伊達家の墓」もあり、

そして自然一杯の憩いの場所。


「大年寺山」とい場所も、歴史深い場所です。

古墳時代からさかのぼることが出来き、遺跡もありますし、

中世には茂ヶ崎と呼ばれて「茂ヶ崎城」もありました。



今週、向山エリアの一帯を特集していますが、

本当に自然と歴史が多い場所だということが、

少しでもお分かりになりましたでしょうか?



そんな自然と歴史の中にある施設、

この時期にもう「秋の七草」を見る事が出来るそう。




そんな自然の施設が「仙台市 野草園」です。





★★★

posted by 八木山取材班 at 21:20| 宮城 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 八木山の 観光/見所/穴場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月09日

「ベニーまんじゅう」 ★完成★ ベニーマークの焼き印付き♪

★★★




ベニーまんじゅう.jpg

<八木山ベニーランド園長ブログから借用写真>


仙台屈指の遊園地、「八木山ベニーランド」で、

お土産の新商品が出来ました♪




八木山本町にある老舗「よこたや」さん。


IMG_1066.jpg



まんじゅう生産は、こちらで行っています♪

八木山エリア内で「回っている」んですよ♪


そして、以前当サイトでご紹介・リンク紹介しています、

「東北では、もはや生産はここだけか!?」という、

八木山エリア内「焼き印づくりの・瀬川製作所」

「ベニーマークの焼き印」が制作されました。


焼き印2.jpg

焼き印.jpg

<八木山ベニーランド園長ブログから借用写真>


現在の瀬川さんの代で「伝統の焼き印造り」は終わりになってしまう

可能性が高いと言われていまして、

「伝統工芸」、なんとか維持を・・・と

思いたい限りです。





さて、この「ベニーまんじゅう」は、

取材班もベニー園長から制作の件は事前に伺っていましたが、

完成バンザイ! です。


出来れば「八木山名産」という勢いも付けたいところですね!


ちなみに、現在は「ピンク色のまんじゅう」ですので、

写真は試作段階的なものです。



手作りで、保存料が入っていないため、

賞味期限は4日間とのこと。


現状では、「土日祝日 30個限定販売」 の予定だそうです。


金額は1コ 70円 !


ベニーランド内の売店で発売しますよ!


すべて「八木山エリア内で生産されたオリジナル商品」です!


さぁ、みなさん買った買った!



こういう「八木山名産品」は、どんどんやりたいところですね。


*「よこたや」さんでは販売していませんのでご注意下さい。




★★★


posted by 八木山取材班 at 00:34| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 八木山の 観光/見所/穴場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

八木山ベニーランド 吹奏楽コンサート 開催

★★★




IMG_7064.jpg



東北工業大学高校吹奏楽部の先生からの依頼で実現した、

昨日記事にもしている「八木山ベニーランド 吹奏楽コンサート」。


・仙台市立八木山中学校吹奏楽部

・宮城県仙台南高等学校音楽部吹奏楽団

・聖和学園高等学校吹奏楽部・チアリーディング部
       
・東北工業大学高等学校吹奏楽部


の合同コンサートとして、この八木山ベニーランドで開催されました。



各学校では、吹奏楽コンサートを企画していたそうですが、

この東日本大震災で開催することが出来なくなってしまい、

さらに「演奏する場所」までも被災するなどの被害が出ているため、

せっかく今の年頃にしか、そして今の仲間達としか演奏出来ない

学生さん達の「貴重な時期」が失われてしまう形になっていました。



IMG_7075.jpg

宮城県仙台南高等学校音楽部吹奏楽団

IMG_7102.jpg

仙台市立八木山中学校吹奏楽部

IMG_7111.jpg

東北工業大学高等学校吹奏楽部

IMG_7153.jpg

聖和学園高等学校吹奏楽部・チアリーディング部




各学校、様々な演奏で、聴いて、そして見ている方々を癒し、

盛り上げてくれましたね。


やはり今の時代は「AKB48」なんですね(^_^;)

2校の吹奏楽が演奏していました。



IMG_7098.jpg




観客の方を見渡すと、

八木山の空に響き渡る、生徒さんの楽しみながら演奏するのを見て、

そして聴けるだけで満足という感じに見えました。



この合同での開催は「急遽」の事で、

最後の曲で4校合同の「上を向いて歩こう」が演奏されましたが、

このゴールデンウィーク中に「初合わせ」をしたそうです。


IMG_7165.jpg




この全体の、記念すべき「合同メンバー」の中には、

本来、いるべきはずの生徒さんが、いませんでした。


今回の東日本大震災で被災、亡くなった生徒さんがいます。

そして、家を失った生徒さんもいます。


こういう悲しみがありながらの生徒達の演奏。



今日の演奏、八木山から届いていたでしょうか?



「上を向いて歩こう 涙がこぼれないように」


観客・親御さんへ向けて・・、

そして亡くなった生徒さんへ向けてという想いも

あったであろう今日の演奏は、

生徒達・・自分たちへ向けての演奏でもあったかも知れません。



IMG_7135.jpg

IMG_7137.jpg

IMG_7127.jpg




それでも生徒たちは、「笑顔」をしっかり見せてくれました。


この笑顔を、八木山・・いえ「太白区から集まった生徒」からの

「笑顔のメッセージ」として、皆さまの胸の中へ届いて頂ければ

と思います。



「私たちは、元気に頑張っています」




IMG_7173.jpg




本日の演奏、「仙台放送」さんに来て頂いていまして、

演奏終了後、何人かにインタビューを取っていましたね。

夕方に流れるかも知れませんが、

カットされる可能性も高いので載せておきますね(^_^;)

尺の関係もあるのでね、大人のいろいろな事情ですよ(^_^;)



今日は、青空とまではいきませんでしたが、

「野外で、演奏する機会」も、そんなに多くないと思いますし、

この合同演奏も「何かの縁」ですので、

ぜひ大切にして頂ければと思います。



IMG_7105.jpg

IMG_7169.jpg





明日の5月8日(日)のベニーランドさんは、

今年最初の「コスプレ・フェスティバル」です。



コスプレイヤーさんの中でも被災された方たちもいたそうです。


今回の演奏会同様、「夢メッセ」「アエル」など屋内の会場が被害を受けて

いるため、コスプレ/コミックマーケットの会場確保にも

だいぶ支障が出ているようです。




多くのレイヤーさんたちの、再会の場であればいいですね♪





★★★


posted by 八木山取材班 at 18:30| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 八木山の 観光/見所/穴場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。