2017年07月15日

【特別番外企画】ミシュランガイド宮城 太白区「ピッツェリア ダ・ブリオ」

★★★


早いもので、7月も中旬。
2017年も半分が終わりました。

今年の夏は暑くなりそうですね。
少なくとも冷夏ではないはずです。



G-_DCIM_107_PANA_P1070352.jpg

P1200787.jpg




昨日、「ミシュランガイド」の宮城版が発売されました。

特別版として東北初。
宮城県全域の飲食店やホテル、旅館が対象で、
合計351軒が掲載されています。

覆面調査員による調査が2年前から実施されていたようで、
宮城県では二つ星が1軒、一つ星が11軒。
いわゆる「星」は、「お高いお店」がほとんどで、
庶民には少し縁遠い部分もありました。

そこで、星に次ぐ「ビブグルマン」という評価があり、
コストパフォーマンスが高く、
良質な料理を提供する飲食店・レストラン
(3,500円以下で食事ができるおすすめレストラン)
が37軒掲載されました。

その下が「調査員おすすめのお店」として、
227軒掲載されています。


P1200783.jpg



ここで注目したいのが「ビブグルマン」

仙台市内では約20軒あり、
そのうち太白区では「5軒」です。

残念ながら、八木山エリアには該当なしでした。

・とんかつ 和泉[とんかつ]長町 7-18-33
・穣庵(じょうあん)[蕎麦]秋保町大滝 8-1
・南國堂(なんごくどう)[インド料理]太白区八本松 1-1-50
・ドットーレ(Dottore)[ピッツェリア]秋保町湯元字釜土 1
・ピッツェリア ダ・ブリオ[ピッツェリア]白区山田上ノ台町 1-9

太白区では、この5軒です。


当サイトでも色々とお店の紹介はしておりましたが、
「覆面調査」は当サイトもしております(^^;
しかしながらウチは「掲載できるかどうか」ですが、
ミシュランさんの覆面は「味や雰囲気など」です。

人には必ず好みがありますので、
ミシュランさんがすべてではありませんが、
「楽しむ」という目線で、
こういう企画はドンドンして欲しいものですね。


当サイトでは、「人の好み」があるので、
食べログのような評価は出来ませんが、
ただひとつ断言できるのは、
飲食店というジャンルは
「お客さんは、美味しいお店なら、どんな遠くても必ず行く」
「味が美味しければ、立地は関係ない」
と言えます。

長年続けるには、店の雰囲気などは必修とは思いますが、
生命線なのはやはり味だと思うのです。



G-_DCIM_107_PANA_P1070414.jpg

G-_DCIM_107_PANA_P1070404.jpg

[ここに地図が表示されます]





2014年10月14日にオープンしたピザのお店
ピッツェリア ダ・ブリオ(Pizzeria da Brio)

仙台市太白区山田上ノ台町 1-9
TEL:022-243-2180

ランチ  11:30-14:30(14:00LO)
ディナー 17:30-21:00(20:30LO)
★火曜定休★★駐車場あり★




P1200772.jpg

P1200778.jpg



こちらの「ピッツェリア ダ・ブリオ」さんが、
今回のミシュランガイド宮城・ビブグルマンに選定されました。

ここは、以前、「取材班が行く 金剛沢治山の森 鈎取山入り口編」
の中で立ち寄った1店のお店でした。

この縁もあり「番外企画」として
話題の部分に便乗し、記事にさせて頂きました。




G-_DCIM_107_PANA_P1070393.jpg

G-_DCIM_107_PANA_P1070396.jpg

P1200791.jpg

P1200792.jpg



現在のメニューはこちら。
ランチもあります。以前取材班が訪れた時もランチでした。




G-_DCIM_107_PANA_P1070417.jpg



今回、八木山話題ではないのですが、
店主がオープン時に「店の立地選び」をした際、
八木山香澄町もロックオンしたそうです。

色々と物色し、この山田上ノ台町にしたそう。
マッチしていれば「八木山にあったかもしれないお店」
だったんですね。


仙台市中心部から離れていますが
「イオン」さんというショッピングエリアがあり、
「隠れ好立地」ともいえ、
今後の展望はかなり良い方向へ向くのではないでしょうか。


住宅地エリアは「静かに過ごしたい」と思う方は多いですが、
商売している方からの目線では、
発展・地域人口が増えてもらいたいと思う、
いわゆる「ギャップ」が少なからず存在します。
現在の八木山で難しいのが、この「ギャップ感」です。



G-_DCIM_107_PANA_P1070421.jpg

P1200770.jpg

G-_DCIM_107_PANA_P1070382.jpg



店内は「イタリー」の雰囲気でしょうか。

以前、この店舗は「ケーキ屋さん」で長年使用されていたことは、
八木山エリアの住民でも有名でしょう。
店舗名は忘れてしまいましたが・・。



G-_DCIM_107_PANA_P1070364.jpg


店舗に入って目に入るのが「窯」です。

ピザ屋さんとしては、珍しくないとのことですが、
取材班は「ピザはデリバリー」のような生活感だったため、
窯を見るだけでワクワクします。



G-_DCIM_107_PANA_P1070367.jpg

G-_DCIM_107_PANA_P1070366.jpg




500度だそうですが、
それが1分も経たない時間で、生地が焼きあがります。



G-_DCIM_107_PANA_P1070353.jpg

G-_DCIM_107_PANA_P1070358.jpg



この過程を見るだけでも、
良いものを見ている気がします。

飲食店は、食べるだけではない・・
という感じです。

店主は、有名なお店で働き、海外でも修行した方です。
こういう部分は、来店して聞いてみてください♪



G-_DCIM_107_PANA_P1070362.jpg

P1200775.jpg

P1200777.jpg




そして、出来上がりです。

女性が一人で食べるには大きいサイズかもしれませんね。
生地も厚く、男性としてはベストサイズ。

この生地が美味しいですよね。 モッチリとした。

「チン」して出来上がるピザを多く食べる方からすると、
このギャップにも驚くはずです。

これが「ホントのピザです」と、ピザの方から言われているようです。



G-_DCIM_107_PANA_P1070390.jpg



店主の方からすると、
「ピザは、生活の中であまりベーシックではないんでしょうかね」
という感じの事を仰られていました。

確かに、ラーメン・そばなどの麺類よりは、
日本人としては身近ではないかもしれませんが、
無性に食べたくなる時があるのは確かです。

「炭酸飲料」みたいな存在なのかもしれませんが、
好きな人には本当に好きなのが「ピザ」という方も
多いと思いますので、
こういう「ミシュラン本」などで、
ピザがもっと身近な存在になればよいですね。



G-_DCIM_107_PANA_P1070376.jpg

G-_DCIM_107_PANA_P1070372.jpg




取材班は、「ミシュランガイド」を初めて見ました。
「ビブグルマン」という言葉や設定も初めて目にしました。

覆面調査員というミシュラン側の方も来店して、
実際に食べていったそうですが、
名乗って食べに来ることは無いようですね。

後でわかると、店主の方も
「ミシュランは、仙台市中心部だけの話かと・・」
思っていたそうです。

遠方立地までは来ないのだろうと。

昨年から、飲食店の方・・知らずに来ていたというパターンは
実際にあったようですよ。


今回の取材、ちょっと流行に乗ってみたということで、
混雑してからでは取材が出来ないと判断し、
発売前に取材させて頂き、発売後である今回、
掲載させて頂きました。




P1200785.jpg



何度も書きますが「人には好み」がありますので、
食べての感想はそれぞれだと思いますが、
「食べ物に興味を持つ」
という部分においても、特に若い方には
今後の人生でも必要な事かと思います。

食べることを趣味にしている方も多いですよね。


このガイドで、この本に載っていない店でも、
「お店で食べる」ということを、
時々でも良いのでやって頂けたらなと思います。

地域活性化にもつながります。


こういう本の、出版目的の1つでもあるのかなとも感じます。

八木山に存在しないピザ屋さんですが、
興味のある方、ピッツェリア ダ・ブリオさんに、ぜひ♪





G-_DCIM_107_PANA_P1070417.jpg


★★★


posted by 八木山取材班 at 02:29| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

八木山エリアの遊水池・砂防エリア 「どぶ公園/芦ノ口緑地」

☆☆☆


住民数がピークだった時代・・
八木山小・八木山中の遊び場のひとつだった
「通称・どぶ公園」

正式名称「芦ノ口緑地」



P1200712.jpg



ちょっと、今は草ボーボーとなっている・・
淋しい公園と化しています。

以前コメントで頂いておりましたが、
「アジサイ公園」に変貌を遂げるようで、
どぶ公園上段の「のり面」に、
約400本のアジサイが植えられているそうです。

市役所の助成金、町内会員からの寄贈を含めて、
平成25年11月に植えたそうです。

苗木がほとんどのようですが、
八木山中の協力も含め手入れをしたそう。

先日行ったのですが・・コメント頂いた方、
アジサイはまだ咲いていませんよね?
再度コメント頂ければ幸いです。

生協側・のり面に植えられています。



P1200714.jpg



「どぶ公園」

地下鉄エリア付近全域から「どぶ公園」にかけて、
住宅地の道路わきの排水溝・・
これも「どぶ」と言っていますが、
この「どぶ」の雨水・排水が、
一斉に集まるのが「どぶ公園」です。

本来は、「小川」であり「水路」なのですが、
汚れて異臭を放つようになると、
人は自然とその場所を「どぶ」と呼ぶようになりますね。

昔のどぶ公園は、確かに「異臭を放つ」場所でしたが、
現在は放っていません。
雨上がりの晴れの日は、多少臭いはあると思いますが、
昔と比べれば全くでしょう。

となると・・昔・・「どぶ川は、なにが混ざってましたか?」
と言いたくなるほどですが・・(^^;)

子供の頃、普通に野球やサッカーをして、
どぶに落ちたボールを素手で普通に触って、
すぐゲームスタートしたものです(^^;)

ロクに手も洗っていなかった気がします。
それでも、今の大人たちは元気に生きています。

変なバイキンが来ても、昔つくられた抗体が、
今の大人たちの体の中で、
ビシッとやっつけてくれてる気がしますね(^^;)



P1200722.jpg

P1200723.jpg



どぶ公園・・芦ノ口緑地は、
「遊水池」の役割もあり「砂防ダム」の役割があります。

今も昔も、子供たちは、
「どぶがある公園」としか思わないでしょう(^^;)


昭和53年に指定されていますが、
「砂防指定地」となっているのが「芦ノ口緑地」であり、
上流から流れてくる土砂を止め、
下流に被害が出ないようにする「クッション」の役割をするのが、
この「どぶ公園」です。

今の時代・・現在の八木山を考えると、
さすがに「土砂が来る」ことは考えにくいので、
どちらかと言えば「遊水池」の役割の方があるでしょうか。

八木山の上流部から・・
つまりは地下鉄エリア界隈の「上流部」からは、
大雨が降った時に「大量の雨水」が下流へ流れます。

それは、立地から見ると「芦の口・鹿野・砂押」エリアに
向けて、八木山の雨水が流れていくことになります。

当然、雨水が流れ込みやすいのは「側溝」です。

この側溝からの雨水・・この地下鉄エリア付近からは
「芦ノ口緑地」に流れていく経路になっており、
さらにこの「芦ノ口緑地」から下流は
「金洗沢川」に名前が変化して、
下流部・砂押・鹿野エリアにある「木流堀」へ流れ着きます。



P1200715.jpg



どぶ公園からの排水・・「金洗沢川」です。

ご存じの通り、この先を流れていきますと、
芦口小学校の脇を通ります。

先日、仙台市が極秘にしていた「秘密の菅」を書きましたが、
この芦の口エリアに秘密の菅を設置していたという事は、
「オーバーフローしやすい場所だった」
ということであり、
「クレームが多かった地域」
とも言いかえることが出来ます。

そのために極秘裏に対策を打っていたのでしょう。

これは「秘密の菅」が作られる以前に、
八木山エリアが造成された時期、
下流へ向けての排水が増えていくと予想した役所は、
芦の口エリア立地が冠水しやすいかもしれないと、
判断が出来ていたと想像できます。

そこで造られたのが
「どぶ公園」という「遊水池対策」となるのでしょう。

遊水池とは、「洪水調整となる ため池」の役割で、
一気にドバっと下流に流れる前に、
どぶ公園で1度止めて、定量を流す方式です。


P1200714.jpg



つまり、公園の凹みとなっている部分に
「台所の流し場・お風呂」のように水を溜める訳です。

ですので、
このようにのり面に囲まれている立地になっています。



P1200713.jpg

P1200721.jpg




そして、見覚えがあると思いますが、
この金網のテントみたくなっているところから、
一定量で下流に流していく訳です。

・台所の流し場にある排水入り口
・風呂釜の排水入り口
などをイメージすると、このどぶ公園の金網も、
分かりやすいかと思います。

この金網・かごになっている部分もかなり重要で、
「倒木」「大きな物体」が下流に流れて行かないよう
設置されている訳です。

台所の流し場も、同じ原理ですね。


どんなに上流からドカドカ水が流れてきても、
遊水池で1度水を溜めていくので、
下流に流れる時間を稼ぐことができ、
さらに排水される「間口の大きさ」が決まっているので、
一定以上は流れていきません。

という役割が、遊水池です。


とはいえ・・・
どぶ公園が遊水池として活用された事例は1度もありません(^^;)


これが機能するほどの大雨が降ったら・・・
それこそ「恐竜山」や色々な場所も消えてしまうほどの
すざまじい被害が出るという事だと思います。。。


ということもあり、この「どぶ公園」は、
大雨・洪水・台風があるような日は、
出来る限り近づかないようにしてください。

そういう役割の公園です。

ただ、晴れている日は安全ですので、
思い切り遊びに使ってください♪




P1200722.jpg

★★★
posted by 八木山取材班 at 05:06| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

八木山エリア スーパー消滅

☆☆☆


この数年間、八木山には「地下鉄」が来て
八木山本町エリアに限っては大きな変化ができ、
都市計画道路「郡山折立線」「長町八木山線」
そして「ひより台大橋」の完成で、
その沿線における「風景」が変わったのは、ご存じの通りです。

そんな中・・

香澄町エリア「サンマリ」
八木山南エリア「Aコープ/サンマリ」
青山エリア「サンマリ」
緑ヶ丘エリア「グリーンショップ朝日屋」

閉店・撤退。

現在、
八木山本町エリア「みやぎ生協」
芦の口エリア「ヨークベニマル」

この2店のみになりました。



P1200708.jpg

P1200707.jpg
Aコープ/サンマリ跡地



元Aコープだった立地は、空き地になりました。

1974年の開店ですので、
この場所が空き地のようになっているのを見るのは・・
それ以来になります。見方を変えれば・・
八木山南エリア宅地開発以来ということになります。



P1200710.jpg



昭和50年以降の住人であれば、
当時から軒を並べているお店や、無くなったお店・・
思い浮かべれば思い出は沢山あるでしょうか。

取材班、子供のころ両親とAコープによく来ていましたが、
そのころは大きなお店に見えたものでした。

それが大人になると・・他の大きなお店を見てきたから・・
ということもあると思いますが、
小さく見えたのは事実です。

冬の雪が降ると、子供の頃はもっと雪が積もっていた気がすると
思っていたものですが、
子供の頃は身長が低いわけですから、雪がたくさん積もったように
見えていたのと、同じようなものでしょうか。



P1200738.jpg

P1200741.jpg
サンマリ青山店 跡地



一方で、青山エリア。

ここにも「サンマリ」さんがありました。

ある意味、八木山はサンマリさんで支えられてきた地域が
多くあったのは、無くなって痛感します。

この跡地は、
「グループホーム 長寿の郷 青山」となりました。
なぜかサンマリさんの看板が残ったままですが(^_^;)

今日と明日の2日間、内覧会があるようで、
開所は7月1日だそうです。



P1200737.jpg



この近辺も、一斉にスーパー・・というより
買い物する場所が消滅しました。

付近にツルハさん、ローソンさんはありますが、
夜に通ると、暗いエリアになってしまいました。


ひとまとめにすれば「時代の流れ」ということになりますが、
ネット社会、モータリゼーション、郊外スーパーの発展・・
50年後の未来は、ネット社会しか残っておらず、
学校に行くのも「家の中の・・ネットで勉強する」
ということになってしまうのかもしれませんね。



P1200733.jpg



長町八木山線。

この道が出来て、かなり便利になりました。
信号機が出来たことで「1車線」から「2車線」
で移動できる区間も増えました。

取材班も、三神峯ルートを多用していましたが、
この道が出来てから、ほとんど通らなくなりました。



P1200735.jpg



新道が出来ても・・
電柱・電線が多い風景は変わりませんね(^_^;)
「見栄えが・・」と思ってしまいます。

予算もありますし、しかたがない部分もありますが・・
「地面の下に埋める共同溝」にライフラインを入れることは、
簡単ではないのでしょう。

ただ地上に電柱などがあるメリットもありまして、
6年前のような震災が起きたとき、
電気・電話の復旧が早かったことは記憶に新しいでしょう。

断線したときの復旧時間は、地中にあるよりも早いという
メリットはあるようですが、ただ・・!
断線するなどのトラブルは、地中にある方が圧倒的に少ないのです。

となれば、やはり費用が何10倍にもなると言われる
「地下化工事のお金」が、最大の難点なのです。
場所によって、お金が変わるので場所によっては100倍もかかる
ポイントもあるでしょう。

変なところに税金からの予算を使うのであれば、
一極集中で、こういうところに使うのも手段のひとつだと思いますが、
現在の日本のシステムでは無理でしょうね(^_^;)



P1200726.jpg

P1200730.jpg



久しぶりに見たでしょうか。

「定食の佐々久」さんの今です。
ペイントを塗り直して、定食屋の面影が消えましたね。

店主夫婦は、現在でも元気です♪


「長町八木山線」が出来て、
この佐々久さんの前の道路は「完全に住宅道路」と化し、
車の通行量が激減、道路で子供たちも遊べるほどだそうです。



P1200728.jpg



当サイトの原点。
取材が滞っていて記事が更新出来ない理由がここですが、
「いろいろな方に話を聞いて回る」ことが、
記事のベースになっています。

お店の取材をしても、お店には全く関係ない事も聞いています。
いわゆる、昭和の住宅地「地域の井戸端会議」と同じで、
各地域でいろいろな話を聞いてまとめ資料化し、
これが当サイトの財産となっています。
取材中、たまたまの方にも聞いているほどです。

芦の口のヨークさんの地域担当者の方が、
足を使って近所にローラーをかけ、
「どこで買い物をしているか」「徒歩かクルマか」など、
色々と情報を取っているアナログ方式は、
おそらく最大級の財産になっているはずです。

色々な地域に出店できるのは、この情報力もあるでしょう。


芦の口・青山・緑ヶ丘の方などは、
買い物は「長町エリア方向」になっていることが多いようで、
60代以上になると、
仙台市中心部へは「特定の用事・買い物」になっていることが
多い感じです。

今回のタイトルである「スーパー」については、
「みやぎ生協」は、やはり「安心・安全」の信頼度が抜群に高く、
これで生協さんを利用していることが多いです。

一方でヨークさんは、「買い物の楽しみ感覚」という
生協さんには無い意見が出ることが多いでしょうか。

ただ、それこそ高齢の方などは
「慣れた生協は、どこになにがあるか分かる」が、
「ヨークさんは、広くてどこにあるか分からないから」
という意見も、意外に多い部分もあります。

ですので、コロコロとレイアウトを変えてしまうと命取りに
なることも多く、
逆に言えば「開業時からのレイアウトが生命線」ということに
なってしまうのでしょう。



P1200658.jpg



地下鉄の意見を聞くと、やはり・・
「乗っているときはパーフェクト」ですが、
「乗り換え・地下鉄に乗ってから降りる」
という行動が大変・・という部分が、
バスやクルマという地上の乗り物と比べると、
厳しい意見が目立ちます。

特に高齢の方は、若者でも迷う「地下迷路」の部分が、
どうしても疲労感が倍増するようです。


それが結果的に、
乗り換えなどで地下鉄が苦痛になることから、
仙台市中心部から長町界隈へ行動範囲が変わる・・
という部分が、
特に「長町八木山線」の開通で、躊躇になっているようです。



☆☆☆

posted by 八木山取材班 at 02:15| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする