2018年01月23日

1/23付け 八木山エリア 積雪状況

★★★


P1230308.jpg



1月23日 午前2時 八木山エリア現況
積雪18センチ

この時間帯で雪雲が抜け、ピークが止まりました。
この積雪で朝に突入するはずです。


昨シーズンは、ここまで降ることはありませんでした。

2年前の2016年1月18日以来でしょうか・・
八木山の最大値で約24センチありました。
その当時、仙台市の記録で14センチでした。
「暴風雪警報」「大雪警報」「波浪警報」が発令された以来の、
今回の積雪になります。

その他では、3年前2015年1月30日
八木山エリアの積雪 約28センチ

さらに記録を更新した2014年2月9日
仙台市の記録積雪で35センチ。

「78年ぶり35センチ」という
記録的な積雪でした。



P1070009.jpg
当時の状況


八木山エリア・当サイトの観測では42センチ。

さらにその1週間後・・2月15日には、
前回の雪が解けないうちに八木山エリア30センチ・・
2週連続の大量降雪で累積60センチ以上という
状況があったのが近年の最大記録です。

2014年・記録大雪 当時のドキュメント

ページを送って頂き、見てみてください。


大量な積雪があると、八木山エリアではまだ存在していますが、
「道路への、雪の投げ捨て」
というマナー違反と言っていい状況が、まだ見られます。

他の地域では、投げ捨て禁止という役所の広報誌にも
出るほどの行為でもあるので、
注意して頂ければと思います。


なお、雪かきの際、近くに「消火栓」がある場合は、
火災の時に消化の妨げになるので、
「消火栓の雪かき」もして頂けると幸いです。



★★★



posted by 八木山取材班 at 02:56| 宮城 🌁| Comment(1) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

1/22付け 八木山エリア 積雪状況

☆☆☆


関東地方に雪が降ると・・
全国ニュースになるという状況。

雪国の方からすると、冷ややか・・という目で
見る方も多いかもしれませんね。


P1230287.jpg
国道286号線

P1230290.jpg
鈎取エリア ミニストップ前



久しぶりに、当サイトの「ツイッター」も
使用させて頂きましたが、
大騒ぎするほど、仙台は降らないかな・・とも
思ってしまいますが。。

午後18時現在、積雪およそ1センチ。
気温−3.4℃ 路面温度−2.2℃

湿り気のある雪が降っており、
路面凍結は、現状では見られません。

除雪車の準備は始まっているようです。



P1230295.jpg
地下鉄東西線 八木山動物公園駅前



積雪スピードは、早いほうだと思います。
午後16時30分頃から降ってきた感じでした。
1時間・1センチペースで降っている感じです。

この勢いは増していくようなので、
明日の朝、10センチ以上は確実でしょうか。



P1230292.jpg



乗り換えで「バス」を使用する方も多くいるかと思いますが、
定時では来ないかもしれません。

早めに起床して、早めの行動・・
という「雪の日のお約束」を実行する必要がありそうです。



P1230297.jpg



当然、八木山住民の方はご存じと思いますが、
「積雪プラス凍結」という、
明日の朝の状況は、予想できます。

スリップ事故が付きものです。

「自分は大丈夫」と思いながら運転する方も多いと
思いますが、
「巻き込まれる」ということも考えられます。

大切なクルマを壊すこともあるので、
せっかく開通している雪に強い地下鉄で移動する・・
のも、ひとつの方法です。

クルマじゃないと行けない通勤の方々は、
細心の注意で運転して下さい。

あなたの事故で、まわりの方が迷惑することも、
考えた行動を、お願いいたします。



☆☆☆
posted by 八木山取材班 at 18:15| 宮城 ☁| Comment(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

八木山エリア 雪の季節 仙台市除雪マップ

★★★


S__106528835.jpg


2018年になり、
今シーズンの冬も本格化・・といった時期。

どうやら、今シーズンは平年よりも「寒い」ようですが、
「あまり雪・雨は降っていない」そうです。
全域ではないですが、降水量が少なめと。

とはいえ、今日もそうですが「降る時は降る」のが、
冬のシーズン。



P1140901.jpg



意外と知らない「雪が降るメカニズム」

八木山では「あるある」ですが、
仙台市中心部・向山エリア・長町は降っていないのに、
八木山に登ると雪になる・・
ということが、よくありますね。

特に動物公園・地下鉄エリアは、
八木山エリアでは「トップの高度」
約160メートルほどあり、
このエリアが1番積雪があります。

100mにつき0.6度、200mの標高では1.2度
ほど、気温が下がると言われ、
つまり「標高があがれば、寒くなる」という理由が
「八木山で雪が積もりやすいポイント」になります。

日本は雨・雪が降りやすいですが、
その重要なポイントで「日本海」、
東北で言えば、奥羽山脈などの高い山がキーになります。

雨・雪が降る理由は、日本海からの湿った空気が
山にぶつかり上昇して、
上空で冷やされて雲ができます。

湿った空気・・目に見える形で言えば、
「お風呂」や「やかんの湯気」です。

湯気を想像して頂ければと思いますが、
水分を含んだ空気は軽いので上昇し、
逆に乾燥した空気は重いので下降します。

その雲、日本では夏の暑い時期を除いて、
ほとんどが氷の粒です。
高度が高いので「寒いから氷の粒」というのは、
上記にも記したのと同様で、イメージできると思います。

その氷の粒に水蒸気がくっついて、
成長すると氷の結晶ができます。
それが成長した重さで、地上へ落ちてきます。

これが夏は雨、冬は雪というメカニズム。

地上で雨が降っている時でも、
上空の高いところでは気温が低いので、大抵は雪であり、
その雪が落ちてくる間に溶けると雨。
気温が低くて溶けないと雪。中間だと「みぞれ」になります。



P1140900.jpg



「仙台市中心部では雨なのに、八木山では雪」
というメカニズムは、
「仙台市上空は雪雲」で
「上空からは雪が落ちてきている」のに、
「標高150mの八木山は寒いから、雪で落ちて」
「仙台市中心部は、暖かいから溶けて雨になった」
という事になります。

一方、「夏」でよくあるのが、
仙台市上空には薄い雨雲がかかっているのに、
「雨にならず、曇りで耐えている」という日があります。

実は、上空からはしっかり雨で落ちてきているのに、
地上に落ちてくるうち、暑さで「蒸発」ぎみになり、
「湿気が多い曇りの日」というパターンも
多いのです。


日本は、何億年、何百万年という長い期間の中で、
地形が変化していきました。
八木山エリアも、昔は海の中・・
長い年月で隆起していき、山が出来ました。

蔵王を含む奥羽山脈も、現在の高度はありませんし、
今も地下プレートの関係で隆起し続けています。

東北ですと、奥羽山脈が大きな役割を果たしていますが、
これらの山が無く、平地しかない日本になると、
「ほとんど雨が降らない、砂漠の国になる」
といわれています。
上記で記載した
「湿った空気が、山にあたり、上昇気流に乗れない」ため、
雲が作られない訳です。

そうなると、水はもちろん、自然、食べ物・・
現在のライフスタイルは、できなくなることでしょう。




P1200011.jpg



八木山エリアの雪は、毎年辛いですが
「自然の恵み」でもありますので、
そういう感じ方も、たまには必要ではないでしょうか。


除雪マップ.jpg
2度クリック 拡大



さて、今シーズンの「仙台市除雪マップ」です。 クリック

八木山だけではないですが、
仙台市のエリアは「除雪してくれる道路」が決まっています。

赤ラインが、仙台市が「除雪」と「融雪剤」をしてくれる道路
緑ラインが、「除雪のみ」をしてくれる道路です。



P1140947.jpg



除雪・融雪が行われた道路は、こうなります。

地下鉄開業から、286号線方向からの
「郡山折立線」「長町八木山線」の新道が出来ているため、
昔ほどの「登れない・・帰れない」
というパターンは少なくなってきたはずです。

昭和の頃、30センチクラスが降ってしまうと、
「断念して車を放置する」という事態が、
よくありましたので、その頃と比べると楽になりました。



P1140953.jpg



除雪がかからない道路も多いです。

さらに日陰になり、雪が解けない道路・・
というのも多くあります。

八木山エリアに住もう、家を買おう・・
としている方は、
こういう部分も見る必要があります。
これを甘く見ると、結構厳しいです。

地下鉄エリアは特にそうですね。



P1200011.jpg



このエリアは、
地下鉄側・動物公園側は日が当たるので解けますが、
住宅地側は「日陰」になり、雪が解けません。

東北工業大学の学生さん等、
横断歩道で住宅地側に渡る方が多いと思いますが、
冬の時期は、動物公園側を歩いた方が楽です。

雪が無くても「凍りやすい」という部分もあるので、
滑って怪我をする・・というリスクも少ないでしょう。



★★★
posted by 八木山取材班 at 04:30| 宮城 ☔| Comment(0) | 八木山放送局NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。